スポンサーリンク

610 稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)


スポンサーリンク

内容紹介

地方は消滅しない!
縮小社会を生き延びる術、本気の人だけに教えます!
人口減少社会でも、経営者視点でまちを見直せば地方は再生する! まちおこし業界の風雲児が、地域ビジネスで利益を生むための心構えから具体的な事業のつくりかた、回し方までを、これからの時代を生き抜く「10の鉄則」として初公開。自らまちを変えようとする仲間に向け、想いと知恵のすべてを吐露する。
[内容]
序章 学生社長、ハゲる
第一章 まちから「利益」を生み出そう!
アメリカで学んだ「自立型」まちづくり/ふたたび〝実践〞の世界へ/「まち会社」の顧客は誰か
第二章 まちづくりを成功させる「10の鉄則」
鉄則① 小さく始めよ
鉄則② 補助金を当てにするな
鉄則③ 「一蓮托生」のパートナーを見つけよう
鉄則④ 「全員の合意」は必要ない
鉄則⑤ 「先回り営業」で確実に回収
鉄則⑥ 「利益率」にとことんこだわれ
鉄則⑦ 「稼ぎ」を流出させるな
鉄則⑧ 「撤退ライン」は最初に決めておけ
鉄則⑨ 最初から専従者を雇うな
鉄則⑩ 「お金」のルールは厳格に
第三章 自立した「民」がまちを変える
金食いインフラを「稼ぐインフラ」に/行政と民間は緊張感ある連携を/民間主導でまちを変えていく
【付録】まちを変える10の覚悟

出版社からのコメント

本書は、高校生時代から地域活性化事業に携わってきた著者が自らの体験をもとに、 (1)これまでの「まちづくり」がなぜうまくいかなかったのか (2)補助金をあてにせず、民間が自立して地域活性化事業を行うために必ず守らなくてはいけないことは何か (3)これからの「公共」を民と官が担っていくためにはどうすればいいか について、きれいごとは一切抜きで綴った1冊です。
さまざまな試行錯誤や挫折のすえ、地域活性化に「みんなの合意」や「政治」は要らない、必要なのは「マネジメント」と「やるという覚悟」だと思い至った木下さんは大学院で経営学修士を取得し、「まちをまるごと一つの会社に見立てて経営し、利益をあげて地域のために再投資する」というスタイルを徹底して各地で実績をあげてきました。
そのポリシーは明快。小さくても儲かる仕組みを考えて、絶対に裏切らない仲間を2,3人見つけてとにかくやる。3ヶ月経ってもうまくいかなければすぐに見直して、場合によっては見切りをつけまた新しい事業にチャレンジする。とにかく実践していれば、当人や地域が豊かになるだけでなく、行政ルールだって変わっていく。
学生社長時代には、株主たちからのプレッシャーとストレスで円形脱毛症になったという木下さん。転んでも傷ついてもつねに前を向いて、仲間と新しいチャレンジを続ける彼の姿は、まちづくりや事業を始めたい人だけでなく、何かに挑戦したいとモヤモヤしている人すべてに元気を与えることと思います。ぜひご一読ください。
スポンサーリンク
目次

はじめに
序章 学生社長、ハゲる
第一章 まちから「利益」を生み出そう!
第二章 まちづくりを成功させる「10の鉄則」
第三章 自立した「民」がまちを変える
おわりに
【付録】まちを変える10の覚悟


カスタマーレビューがあります。 関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

「中小企業支援」は税金の無駄づかいになっているのに、みんなスルーしている件。

2015-12-16 20:00 まだ東京で消耗してるの?

これほんと。

まだ様子見で消耗してるの? : 愛知豊橋・長坂なおと のblog


中小企業支援が機能していない。

スクリーンショット 2015 12 16 8 06 12

(すでにサイトがいけてない)


突然ですがみなさん、この日本には、中小企業の経営者が、無料で経営相談を受けるられることを知っていますか?あなたが中小企業の経営者なら、無料で!プロに相談できるんですよ。すごい制度ですよね。

でも、ぜんっぜん、使われてないんです。今だと「よろず支援拠点」なんてものがあるんですが、ほとんど知られてません。補助金の相談に使われるくらいでしょうかねぇ。超絶もったいない。高知もテコ入れしてほしいなぁ…。

そんななか画期的な支援を行っているのが「Oka-Biz」。うちのサイトでもなんども紹介してきました。

Ba094d2e  2

Oka-Bizが木下斉さんを呼んで講演会を開いたとのことで、ご本人が刺激的なことをツイートしています。長坂なおとさんのブログと合わせてどうぞ。

まさに。厳しくいうと、支援員が力不足で、経営相談の機能を果たしてないんです。だから、使われていない。


「支援センター間で競争させて効率化されていくべき」

ほんとこれ。競争させた方がいい。優秀な人集めれば、支援員なんて1〜2名でも成果出ますから。


「アホな経営者に出資するみたいなもん」

まさに狂犬w ズバズバッと!


イケてる相談所、各地で広がってほしい!

スクリーンショット 2015 12 16 8 05 47

Oka-Bizが象徴するように、中小企業の経営支援はうまくやれば、とんでもなく地域にとってインパクトがあるんです。これ、移住促進とも繋がるでしょうしね。創業支援・経営支援は地域の基盤、地方創生の本丸です。それなのに、税金が垂れ流し状態、競争も起きていないという現状。さっさと変えましょう。高知県もお願いします。

そう思って、まずは個人で「嶺北ナリワイサポートコミュニティ」なんてものを作ってみました。これを嶺北地域の経営相談所に進化させていきたいんですよ。今のところ、3件ほど話をいただいてますね。もちろん無料で相談に乗ってます。随時募集中です。

行政予算をもらって優秀なコンサルタントを雇いたいんですよ、この企画。年間300万円もあれば、10人分は雇用生み出せるんじゃないかなぁ。ぼくに任せてくれれば、日本で一番コスパのいい相談所目指しますよ。どうでしょう、高知県職員のみなさま。尾崎知事にこの話したいなぁ。


木下さんの書籍は必読です。高知にも来てほしいなぁ。


東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

イケハヤ商店始めたよ!


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう


フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中

@IHayato からのツイート

Instagramやってます



【続きを読む】

自伐林業で独立!ファブ拠点の求人!地域おこし協力隊なら「佐川町」がイケてて熱い。

2015-12-07 20:00 まだ東京で消耗してるの?

ハズレが多い「地域おこし協力隊」。高知だと、本山町と佐川町は割と安心しておすすめできる自治体です。


佐川町が熱い!

佐川町はめちゃくちゃ条件いいんですが、まだ募集中とのこと。穴場ですよ、ここ。

何がって、「自伐林業」の活動スタッフを5人も求めているんですw すげぇ。

スクリーンショット 2015 12 07 10 17 26

自伐林業は田舎のナリワイとして急速に注目を集める分野で、「複業」なら十分自立できるんですよ。自伐の話を聞いていると、「田舎には仕事がない」という言説はほんとうにウソなんだなぁ、と思わされます。

関連記事:これからは「林業」が儲かる。地方創生の目玉は「自伐林業」だよ


現役の隊員がブログで林業研修の模様をアップしていますね。ぼくも学びにいきたいなぁ…。

スクリーンショット 2015 12 07 10 19 36

田舎暮らしで小さくナリワイを作って生きていきたい、という人にはうってつけです。自伐林業枠はすぐに埋まりそうなので、どうぞお早めに。


デジタルファブリケーション拠点の求人だと!?

で!面白いのは、「さかわものづくり大学」の担当者も募集しているんですよ。なんぞそれ?と思ったら、めっちゃ面白そうです!issue+designとの協働事業なんですね。イケてる。

スクリーンショット 2015 12 07 10 22 40

佐川町では、地方創生の核として「デザイン×テクノロジー×林業」を掲げ、東京都のNPO法人 issue+design(イシュープラスデザイン)と協働し、「さかわものづくり大学」による新しいものづくりに挑戦しています。

ここから生まれた第一弾のプロジェクト「WriteMore:勉強したくなる机」は、2015 年度のグッドデザイン賞 を受賞しました。

このたび、issue+design との協働で「さかわものづくり大学」の運営スタッフとして働いていただく「地域 おこし協力隊」の隊員を募集します。

www.town.sakawa.lg.jp/file/?t=LD&id=1355&fid=4145

うーん、ぼくがやりたいくらい。デジタルファブリケーション領域の求人なんて珍しいので、これは刺さる人にはぐさっと刺さるはず。


ガチ農業・酪農パーソンも募集中。

バランスが実によくて、農業・酪農枠でも募集があります。募集のチラシを見ると、ガチっぷりが伝わってきますw リアル銀の匙ですねぇ。この分野で独立したいなら必見です。

スクリーンショット 2015 12 07 10 25 47

ミッション型が面白い。

地域おこし協力隊には、佐川町や本山町のように「分野」が決まっている「ミッション型」と、なんでもOKな「フリーミッション型」があります。

どちらも一長一短ではありますが、地域おこし協力隊の間口が広がっていくことを考えると、「ミッション型」が面白くなっていきそうですね。フリーミッションで活躍できる人は、正直希少だったりするので。多くの人にとってはミッション型の方が動きやすく、成果も出しやすいと思われます。

正直申し上げまして、現状、高知でも「ハズレ自治体」があるんです。どことは言いませんが、どう考えても自治体側が残念な話をちらほら聞きます。これから改善していくとは思われますが、地雷踏むのもアホらしいので、知識がある人がオススメする場所を選ぶようにしましょう。高知でお待ちしてます!


おすすめの書籍も。協力隊になりたいなら読んでおいて損なしです。

椎川忍,小田切徳美,平井太郎,地域活性化センター,移住・交流推進機構 学芸出版社 2015-08-26
Kindle
楽天ブックス
トーマツ ベンチャーサポート/日経トップリーダー 日経BP社 2015-11-20

東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

東京を捨てて高知に移住して、丸一年。今感じていることをまとめてみた

イケハヤ商店始めたよ!


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

(new!)月額3,000円の「地域おこし」コミュニティも始めました!

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


人気記事セレクション

「買ってよかった!」と本気で思えるよ。おすすめグッズ、家電製品まとめ by イケダハヤト : まだ東京で消耗してるの?

IT企業に転職したい方にオススメ!あなたが知らない転職サイトまとめ

無料でできる「ストレグンスファインダー」的サービスで「自分の強み」を知ろう


フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中

@IHayato からのツイート

Instagramやってます


【続きを読む】

木下 斉(著) 稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書)

2015-07-27 08:20 歯科技工管理学研究
失敗する「まちおこし」「地方創生」の対極, 2015/7/27
投稿者 歯職人
二十数年前、早稲田商店会が「商店会の活性化」に様々な話題を提供する時代があった。高校生・大学生時代にその渦中に飛び込み、その隆盛と没落を当事者として係わり、その失敗を糧に、補助金・税金に頼らない、「まちビジネス投資家」として、責任を負う当事者による地域を変える活動をする著者による真っ当な一冊です。
自立でき、持続できる事業により地域でお金を回す、そして地域を潤す。この当たり前の活動を蝕む仕組みを解き明かし、付録の「まちを変える10の覚悟」で、読者の覚悟を問う。
読者には、厳しい一冊です。
NHK出版新書
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則
木下 斉【著】
価格 \799(本体\740)
NHK出版(2015/05発売)
サイズ 新書判/ページ数 201p/高さ 18cm
商品コード 9784140884607
NDC分類 601.1
内容説明
人口減少社会でも、経営者視点でまちを見直せば地方は再生する!補助金頼りで利益を生まないスローガンだけの「地方創生」はもう終わった。小さくても確実に稼ぐ「まち会社」をつくり、民間から地域を変えよう!まちおこし業界の風雲児が、心構えから具体的な事業のつくり方、回し方まで、これからの時代を生き抜く「10の鉄則」として初公開。自らまちを変えようとする仲間に向け、想いと知恵のすべてを吐露します。
目次
序章 学生社長、ハゲる
第1章 まちから「利益」を生み出そう!(アメリカで学んだ「自立型」まちづくり;ふたたび“実践”の世界へ;「まち会社」の顧客は誰か)
第2章 まちづくりを成功させる「10の鉄則」(小さく始めよ;補助金を当てにするな;「一蓮托生」のパートナーを見つけよう;「全員の合意」は必要ない;「先回り営業」で確実に回収;「利益率」にとことんこだわれ;「稼ぎ」を流出させるな;「撤退ライン」は最初に決めておけ;最初から専従者を雇うな;「お金」のルールは厳格に)
第3章 自立した「民」がまちを変える(金食いインフラを「稼ぐインフラ」に;行政と民間は緊張感ある連携を;民間主導でまちを変えていく)
著者紹介
木下斉[キノシタヒトシ]
1982年東京都生まれ。まちビジネス投資家/事業家。一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事(2009~)、一般社団法人公民連携事業機構理事(2013~)。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、経営学修士。高校在学中から早稲田商店会の活動に参加し、2000年株式会社商店街ネットワーク設立、社長に就任。その後経営学の理論を合理的な地域再生ビジネスの方法論に落とし込み、2008年より熊本城東マネジメント株式会社を立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
http://www.amazon.co.jp/%E7%A8%BC%E3%81%90%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%8C%E5%9C%B0%E6%96%B9%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E2%80%95%E8%AA%B0%E3%82%82%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%EF%BC%91%EF%BC%90%E3%81%AE%E9%89%84%E5%89%87-%EF%BC%AE%EF%BC%A8%EF%BC%AB%E5%87%BA%E7%89%88%E6%96%B0%E6%9B%B8%E3%80%80460-%E6%9C%A8%E4%B8%8B-%E6%96%89/dp/4140884606/ref=sr_1_1_twi_2_pap?ie=UTF8&qid=1437653502&sr=8-1&keywords=%E7%A8%BC%E3%81%90%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%8C%E5%9C%B0%E6%96%B9%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B
【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2020