スポンサーリンク

610 話しかけなくていい! 会話術


スポンサーリンク

内容紹介

「話しかけられる」人になるための88のちょっとしたコツ。これさえ知っていれば、もうさみしくない!
◎人は「話しかける」より「話しかけられた」ほうがうれしい
◎話が上手くなるほど嫌われる
◎「口ベタの人こそチャンス」の時代
どんなに話が上手くなっても、周りの人から好かれないのであれば意味がありません。だからこそ、みなさんには、話の上手い人ではなく、コミュニケーションの上手い人になってほしいと思います!
完全アウェイな場所でも、これさえ知っていればなんとかなる! 無言でも、ひと言でも、人に好かれる画期的コミュニケーション術。リアルなコミュニケーション力に不安を抱える人の多くは、従来の“声のかけ方ノウハウ本"を使いこなせない人も多い。本書は、いかに“話しかけてもらうか"に焦点を絞り、その具体的テクニック、相手の話が弾むようなリアクションの取り方、好感度を上げる小技などを紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

商品の説明をすべて表示する
スポンサーリンク
目次

Chapter1 「話しかけさせる」事前準備
Chapter2 「話しかけさせる」現場テクニック
Chapter3 「相手の話が弾む」無言のアクション
Chapter4 「テンションを上げる」返事の仕方
Chapter5 「さらに好感度を上げる」小技
Chapter6 「会話の盛り上がりが増す」話題と質問
Chapter7 「何だか気になる」ひと言
Chapter8 「思わずクスッとさせる」秘策
Epilogue


カスタマーレビューがあります。 関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

2016年38冊目『話しかけなくていい!会話術』

2016-02-09 13:14 厳選!ビジネス書 今年の200冊

amazonへのリンクはこちら

評価 (3点/5点満点)

既存の会話本は、「会話上手と思われたい」「言葉で相手をコントロールしたい」という自己顕示欲をベースにしたものが多いですよね。

それらに対し、この本は「無言」か「ひと言」のみで会話を盛り上げて、相手から好かれるというコンセプトで書かれています。どんなに話が上手くなっても、人から好かれることにはつながらないというのが主な理由。

もし「周りの人から話しかけられたい」と思っている方は、この本の方法を使ってみましょう。‘人の上に立たないコミュニケーション・ノウハウ’によって、周りの人から話しかけられる人は、楽しい会話で毎日の充実と将来の不安軽減に繋がることでしょう。

本書で紹介されているのは、どれも簡単で誰でも今すぐ使えるシンプルな方法ばかりです。

【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018