スポンサーリンク

1.1k 完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活


スポンサーリンク

内容紹介

<作品紹介>
テレビ番組で見た、ふるさと納税という制度。「節税につながる」「お取り寄せグルメのようだ」と妻の助言を受けて調査を重ねると、
ちょっとした手間でとんでもなく得をする、あまりにオイシイ仕組みということに気づいた。どうすれば、何をもらえて、どれだけ得をするのか?
その答えがすべて詰まったふるさと納税初のガイド本!
<目次>
第一章 僕がふるさと納税を始めるようになったきっかけ
・無料で貰える全国版お取り寄せグルメ
・人はふるさと納税だけで生きていけるか
・ほとんど全額キャッシュバック?
・株主優待制度よりもはるかに優れたスキーム
・ふるさと納税の専門家が我が家にやってきた!
第二章 ふるさと納税の手続きの流れ
・ふるさと納税についての誤解
・(誤解その1)ふるさとじゃなくてもいい
・(誤解その2)納税じゃない
・(誤解その3)適用下限額についての誤解
・(誤解その4)寄付金の上限は課税所得の1%ではない
・ふるさと納税の手続きの流れ
・いくらまでできるのか? の計算方法
・サラリーマンがふるさと納税する際の確定申告
・高額納税者ほど寄付金の上限があがっていく!
・爆発的に増加するふるさと納税
・コラム 実際にあった「ちょっと困った話」
第三章 収入別のふるさと納税プラン
・年度計画をたてて賢くふるさと納税しよう
・納税額別プラン 控除可能額が3万円までの方
・ 控除可能額が4万円までの方
・ 控除可能額が8万円までの方
・ 控除可能額が10万円までの方
・ 控除可能額が100万円に達する方
・ 年に何回でもOKの自治体
・ ポイント制を取り入れている自治体
・ 暦年でもらえるところと、年度ねもらえるところの違い
・ ふるさと納税で旅館にも泊まれる!?
・ あまりにも変な計算方法の自治体
・ 特別公開! 金森家のふるさと納税年間タイムライン
・ コラム 金森家の食卓
第四章 種目別 ふるさと納税おすすめガイド
・お米 毎月食べれる量で年次計画表に組む!
・お肉 全国のブランド牛が目白押し!
・お酒 日本酒、地ビール、焼酎にワインまで選べる
・果物 ふるさと納税の真骨頂!
・宿泊施設 群馬県中之条町に注目せよ
・コラム ふるさと納税の役所に言いたいこと
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

ふるさと納税という制度。ちょっとした手間でとんでもなく得をする。どうすれば、何をもらえて、どれだけ得をするのか?消費増税分を取り戻すスーパー“節税”メソッド。我が家の食費は年間0円!
スポンサーリンク
目次

1 僕がふるさと納税をするようになったきっかけ(無料でもらえる全国お取り寄せグルメ?
人はふるさと納税だけで生きていけるか? ほか)
2 ふるさと納税の手続きの流れ(ふるさと納税についての誤解
(誤解その1)ふるさとじゃなくてもいい ほか)
3 収入別のふるさと納税プラン(年度計画をたてて賢くふるさと納税しよう
納税額別プラン―控除可能額が3万円までの方 ほか)
4 種目別ふるさと納税おすすめガイド(お米編―毎月食べれる量で年次計画表に組む!
お肉編―全国のブランド牛が目白押し! ほか)


カスタマーレビューがあります。 関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

【書評】3週間でお金が増える謎の紙幣付「成功のための未来予報」

2014-04-15 07:17 大好きでやりたかったことをはじめよう!
※昨日の当メルマガランキングは?(つ、遂に・・・)
⇒ http://archive.mag2.com/0000112762/index.html
※是非、当メルマガをご友人やお知り合いの方にお薦めください_(._.)_
『0から起業してファーストキャッシュを生み、
その後、継続的に安定収入を獲得する3ステップ』【セミナー動画プレゼント中!】
⇒ http://www.eigyou.jp/topics_ent/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、吉江です。
昨日のメルマガにも
書いた私がビックリするくらい(笑)
メールを頂戴しました。
【人生の醍醐味を味わえる人】
http://ameblo.jp/yoshiemasaru/entry-11822302347.html
--------------------------------------------------------------------
●今回のコンサルティングプランの記事にもビックリ。
意識の高い読者が多いのですね。私もまず、本人が
仰るほどダメ人間ではない、という感想を持ちました。
次々に就職を決めるなんて事、簡単にできるとは思え
ないからです。それに、文書の端々に自信も見え隠れ
しています。
こういうところが、ヒトという生物の面白いところで、
案外この人、元気取り戻したら、起業して成功してしまい
そうだな、とも思いました。
●吉江さんのお考えになったこの仕組み
にも感動しました。読者の悩みに読者からプランを募る
なんて、思いつきそうで中々思いつかない。
メルマガが双方向のメディアになった瞬間です。
しかもこれって、商売になりません?
1通100円として、90通だったら9,000円だった訳で、
文句なく払える金額だと私は思います。
或いは、50通までと制限をかけて早い者勝ちにする。
でなければ1通1,000円くらい払う代わりに、プランを
5つくらいに厳選する、なんてのも優良な読者を多く
抱えると出来るサービスの一つなんですかね。
●今回の「人生の醍醐味を味わえる人」は
読みごたえがありました。
Mさんを題材にされてますが(もちろんMさんに
とっても気づきや価値が凄くあったと思いますが)、
多くの人々が抱えている仕事に対する悩みと箴言が
あったように感じました。
私自身もMさん同様いつ肩たたきされても文句の言えない状態です。
ただ、昨日のメルマガを読んで「もしかするとこれも人生を変える
チャンスなのかもしれない」というチャレンジ精神がムクムクと
わきあがってまいりました。人生の醍醐味を味わって幸せに
なれるように今後、色々準備を進めていこうと思います。
いいきっかけを頂きました。どうも有難うございます。
●今回のメルマガは盛り上がりがすごですね。
やはり吉江先生のお人柄と人徳だと思います(*^。^*)
またオーダーメイドにてお会いできれば幸いです。
先生もお忙しいので、体調にはご留意くださいませ。
※私のヨガ、ピラティススタジオはおかげさまで順調に進んでます。が、、
まだまだ悩みは多いです。
●吉江さん、Mさんこんにちは。
前向きなアイデアがでてきたみたいでよかったですね!
----------
会社名:(株)海外営業部
1:企業の海外業務を一手に引き受ける
2:海外の販売業務を引き受ける、営業代行的な役割
3:海外の代理店探しおよび契約業務
4:海外との人材交流
5:海外進出支援業務
6:セミナー開催
----------
こちらのアイデア、面白そうですね。
ビジネスモデルとしては、海外業務のアウトソーシング受託なのか、
それとも商社として特定の商品を売り買いするのか、いろいろと
検討すべきだと思います。
海外業務のアウトソーシング受託であれば、
専門の人材がいない中小企業がターゲットになりそうです。
輸入代行であれば、なにか劇的にコストが下がるような
キラーコンテンツがあると営業しやすいと思います。
輸出に関しては、政府が農産物の輸出を促進しており、
日本産の安全でおいしい農産物はねらい目です。
農林水産省のサイトなど参考にしてください:
ジェトロのマッチングサービスも参考になると思います。
http://www.jetro.go.jp/ttppoas/indexj.html
●私がMさんのお話を読ませて頂いたときに真っ先に感じたのは
『自信の回復の必要性』です。
既にMさんは実践されているかもしれませんが、
まずは1日30分身体を動かすことから始めてはいかかでしょうか?
毎日続けて頂いても良いですし、週3日、週1日でも構いません。
身体を動かすことで、思考や今の現状に対する見え方が少しずつ
変化していきますし、続けることで自信にも繋がります。
現状についていろいろ悩まれることがあるとは思いますが、
まずは身体を動かすことから始めてみませんか?
追伸:
しばらくしたら、他の方がMさんのために提案してくれた無数の戦略が使えると思います^^
●あ~残念!
Mさんへの誌上コンサルティングが
終わっていました。
またまとめ読みしちゃったんです。
でも、私だったらどんなコンサルができるだろう?
そう考えることができたのでとても勉強になりました。
ありがとうございました。
それにしても90通を超えるコンサルが
届くなんてすご過ぎます。さすが吉江さん!
--------------------------------------------------------------------
いつも一部しか感想を載せられなくてすみません(汗)。
でも全て嬉しくまた感心や感動しながら
読ませていただいていますよ~。
いつも本当に有難うございます!!
*********************************************************************
■今週のお薦め本
*********************************************************************
「成功のための未来予報」神田昌典・著/きずな出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4907072147/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
*********************************************************************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本文からの抜粋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●(※著者自身の告白)
自分ができないことから、逃げて逃げて
逃げていった結果、仕方なく、少しでもまわり
よりも得意なことを探しだし、それに取り組んだ。
軽やかにキャリアアップしていくなんて姿じゃなく、
実際は、もがきつづけただけ。
そうして、もがいているうちに、
ほかの人ができることが削ぎ落とされて、
残った姿が、マーケターだった
●私たちは、自分が望めば、どこにでも行ける。
選んだ未来へと、誰もが行けるようになっている。
そんな歴史上かつてないほど恵まれた時代に生まれ、
世界の規範になっていく国、日本に生まれている。
だから、お願いだから、学校のレベルや一時の成績で、
自分の未来を低く見積もってくれるな
●7つの未来予測
1.お金がなくなる
2.会社がなくなる
3.病気がなくなる
4.国境がなくなる
5.学校がなくなる
6.貧困がなくなる
7.制約がなくなる
●お金はなくなる、というのは、お金から解放されるということです。
手に入らないものではなく、想像力さえあれば、いくらでも増やすことが
できるということです。
●仕事はすべてプロジェクトとして進んでいきます。
仕事が生じるたびにプロジェクトをつくって、そのプロジェクトに
最適な会社の社長やメンバーを集め、短期間で結果を出していくのです。
●「クラウドファンディング(cowdfunding)」とは,「群衆(crowd)」
と「資金調達(funding)」を組み合わせ造語で「ソーシャルファンディング」と
呼ばれることもあります。不特定多数の人が、インターネットで財源の
提供や協力などを行うことを指します。本当に自分のやろうとしている
ことが価値あるものであるとすれば、投資家の人たちから、
お金を集めることはできます。
●高校生にとって、FacebookやGoogleを使って全世界に向けて広告を出し
、商品を販売しはじめることは、おそらく「モンスターハンター4」を
クリアするよりも、よほど簡単、しかも早くできるようになるでしょう。
●いまは事務所を借りる必要もありません。携帯端末さえあれば仕事が
できますから、お金はそれほど必要ないんです。ではお金のかわりに
何が必要になったと思います?お金で買えないもの。つまり、あなたを
応援してくれる、有能なネットワークのほうが貴重になっているのです。
●言われたことをやっていれば、給料はもらえるという考え方を
しているかぎり、どんどん給料は下がり、生活は苦しくなっていきます。
なぜなら自分には才能があり、才能を使うことで、まわりを豊かにできる
ことに気付かなければならない時代が、すでに訪れているからです。
●才能のない人は、いません。絶対に、いないのです。それを見出す
ことをやめた人、もがきつづけ、転がりつづけることをやめた人が
いるだけなのです。
●いまは世界的に有名になるのは、とっても、簡単です。車ならプリウス
1台のお金をかけたら、すぐに有名になれます。どういうことでしょうか?
ご説明しますね。Facebookで「1いいね」を獲得するための広告費用は、
日本では150~200円ですが、東南アジア諸国では20円しかかからないと
言われています。つまりアジアで10万人に自分の名前が知れ渡るのに、
かかるコストは20円×10万人=200万円というわけです。
●いまは自分が合わせるのではなく、自分に合う仕事、そして生き方を
選択できる時代です。生きるための仕事を選ぶのではなく、生きるための
目的を選べるようになったのです。
●学歴が君の価値を決めるわけではありません。職歴が君の価値を決める
わけでもありません。自分にどれだけの誇りをもてているのか、自分の力を
信じられるのか。それによって、どんな逆境にあっても、転がりつづけることが
できる。それによって、本来の、ものすごい輝きをもった、自分自身に
出会うことができるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前々回の書評でも神田昌典さんの本を取りあげたので、
今回は他の本をピックアップしたかったのですが、
やはり神田さんの本は面白いです。
あっ、ただ僕は佐野元春やブルース・スプリングスティーンが
好きなように神田さんのファンなので話し半分で聞いた方がいいかもしません(笑)。
最初に目次を見て「いくらなんでもお金や学校や会社はなくならないでしょう?」
と、やや訝りながらページをめくっていたのですが・・・
読み進めていくうちに「なるほど、さもありなん」
という気持ちにさせられるのは、相変わらずの神田ワールドです。
(パソナの法則は使ってないと思うのですが・・・笑)
要は(神田さんの本意は違うかもしれませんが)
お金や学校や会社がなくなろうが、そんなものに頼らずに
「自分の生き方は自分で選べ」そして「どうせ選ぶならば
人や社会に貢献できるような誇りある人生を選択しろ」という
学生たち(この本は栃木県立宇都宮白楊高等学校での
講演会がベースになっているようです)に対する
大人からの応援エールのようになっていますが・・・
20代、30代の若手ビジネスマンはもちろん、
私のような年配者にも大変参考になる
(というか知っておかなければヤバい)事例が目白押しです。
今後、益々大きな変化に見舞わられるだろう時代の
波に合わせて、私たちも変わらなければならない
という気持ちを・・・
決して焦ることなく、むしろ、そんな状況を
歓迎しながら変化を楽しもうという
やる気を与えてくれる1冊だと思いました。
そして、この本には想像力を使って3週間で
お金を増やすというGIV紙幣がついているのですが
このワークは是非やってみることをお勧めします。
神田さん独自のユーモアなのかもしれませんが、
内容を見ると・・・
相手のことを思いやったり、
自分が貢献できる才能を考えたり、
自分の内部を真摯に見つめながら
才能やキャッシュポイントが
発掘できる仕組みになっています。
(そんなに難解なワークではなく、
気軽にできるものですが・・・)
3週間後の財布の中身を楽しみにしながら(笑)
試してみたいと思います。
吉江勝
●今日のメルマガはいかがでしたか?面白かった
役立ったという方はワンクリックお願いします。
⇒ http://clap.mag2.com/chojoslath?20140415
※コメントもいただけると大変嬉しく励みになります。
*********************************************************************
■今週のお薦め本
*********************************************************************
「成功のための未来予報」神田昌典・著/きずな出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4907072147/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
*********************************************************************
*********************************************************************
■当メルマガアマゾンアフィリエイト売れ行きベスト5
(2014年3月27日~2014年4月15日)
*********************************************************************
1「従業員をやる気にさせる7つのカギ」稲盛和夫・著/日本経済新聞出版社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532319110/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
2「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」坪田信貴・著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048919830/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
3「嫌われる勇気/自己啓発の源流『アドラー』の教え」岸見一郎・古賀史健・著/ダイアモンド社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478025819/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
4「不変のマーケティング」神田昌典・著/フォレスト出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894516055/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
5「今すぐ妻を社長にしなさい」坂下 仁・著/サンマーク出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763133608/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
次「シンプルな戦略: 戦い方のレベルを上げる実践アプローチ」 山梨 広一・著/東洋経済新報社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492533419/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■編集後記■□■□
最近、献本で頂いた中で,当メルマガ読者の皆さんに
役立ちそうな本をご紹介します。
今回も面白そうな本が多いです。
著者、編集者、編プロの皆さん、いつも有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活」金森重樹・著/扶桑社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594070337/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
■「本を出したい人の教科書/ベストセラーの秘密がここにある」吉田浩・著/講談社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062189070/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
■「まんがでわかる 7つの習慣」フランクリン・コヴィー・ジャパン・著/宝島社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800215315/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
■「世界No.1カリスマ・コーチ アンソニー・ロビンズの「成功法則」 人生に奇跡を起こす12のステップ」アンソニー・ロビンズ・著/PHP研究所
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569817920/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
■「最高の戦略教科書 孫子」守屋淳・著/日本経済新聞社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532169259/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
■「[新版]幸せな宝地図であなたの夢がかなう」望月俊孝・著/ダイヤモンド社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478027404/tyouitiryunon-22/ref=nosim/

■「サイレント・ニーズ──ありふれた日常に潜む巨大なビジネスチャンスを探る」
ヤン・チップチェイス・著/英知出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862761771/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
■「億万長者チームの作り方」クリス岡崎・著/角川学芸出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046539461/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
■「一流になりなさい。それには一流だと思い込むことだ。 舩井幸雄の60の言葉」佐藤芳直・著/マガジンハウス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838726600/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
■「で、結局何が言いたいの?」と言われない話し方」金子敦子・著/日本実業出版社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534051735/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【続きを読む】

【書評】やっぱりお金はエネルギー? 「将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと」

2014-05-30 00:50 大好きでやりたかったことをはじめよう!

こんにちは、吉江です。
最近お会いする人の殆どに「吉江さんの物語面白いですね~」
「メルマガが来るのが待ち遠しいです」と言われて、
とても嬉しい反面(ご覧いただいて有難うございます)・・・
「これはつまらないものを送れないぞ」と
ややプレッシャーにもなってきました(笑)
そこで今日は、1日インターバルを置いて(笑)
ここの所、やっていなかった書評をお届けします。
(お金に関するいい本です)
あっ、その前に告知を・・・
以前、ご紹介したこちらの動画は
相変わらず人気が高いのですが・・・
--------------------------------------------------
【無料の神田昌典】
⇒ http://jump.cx/a1dro
--------------------------------------------------
それ以上に申し込みが入るのは
こちらの無料動画です。
--------------------------------------------------
門外不出!華僑の教え
⇒ http://jump.cx/6F3R3
--------------------------------------------------
何でも孔子の末裔にあたる大富豪が
華僑だけが知っている一生お金に困らない
成功総則を教えてくれるそうです。
この賢人の弟子になった人は全員、
億を超えるほど稼げるようになるとのこと・・・
これだけ聞くとちょっと胡散臭く感じる気もしますが(笑)
このプロジェクトの主催の1人のKさんは、
大変信頼のおける真面目な方なので
チェックしてみてはいかがでしょうか?
私も登録してみました(笑)。
--------------------------------------------------
門外不出!華僑の教え
⇒ http://jump.cx/6F3R3
--------------------------------------------------
*********************************************************************
■今日のお薦め本
*********************************************************************
「将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと」本田健・著/大和書房
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479304819/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
*********************************************************************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本文からの抜粋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お金はその人の性格の「増幅装置」の役割を果たしていて
、素晴らし人は、お金を持ったらどんどん素晴らしくなるし、
ずるい人はどんどんずるくなる、意地悪な人はどんどん意地悪に
なるということがあると思います。
●私の父は税理士でしたが、「仕事は、支払いが遅ければ遅いほど
お金になりやすい」ということを言っていました。日払いのバイトも
そうですが、その日にお金になる商売がいちばん割に合わない
●お金持ちの人は例外なくお金が好き
●エコノミーの椅子よりも、グリーン車やビジネスクラスの
席のほうが快適です。そのことを知らずに「エコノミーでいい」
というのは、自分の枠を狭めているのと同じ
●子供の頃に、お金がなくて進学できなかったり、みじめな
体験をした人は、お金に恨みの感情を持っています。
●お金から自由になれない人は、経済的に自由になれないことも
ありますが、それ以前に、感情的に自由になれていないのです。
●「お金は、いつも自分を助けてくれるやさしい存在だ」と
思える人は、お金から解放された人
●自分の父、母親は、どんなお金観を持っているのか。
祖父母は、どんなお金観を持っていたのか。それがどういうものか
想像することによって、自分に刷り込まれた「お金観」がなぜできた
のかの理由が見えてきます。
●節約だけで豊かになった人はいない
●誰かと食事をすることで面白い情報が入ってくる
●どこでお金を出すのか、どこで出さないのかの見極めが大事
●「経済的自由を達成する口座」をつくって、実際に毎月積み立てて
その金額が増えていくと、それが磁石となって豊かさを引き寄せて
くれるようになる。
●財布が個人の経済状態を決めるということはあまりない
●投資をしないでお金持ちになった人はいない
●お金に縁がない人は、リスクを一切取りません。というか、取れません。
そして、リスクを取らないのがいちばん大きなリスクだということにさえ
、気がついていません。お金持ちは、何もしないのがリスクだということを
体験から知っています。それで、損する可能性を覚悟して投資をするのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本田健さんの本は、好きでよく読むのですが、
さすがにお金の専門家だけあって
この本は特に役立つと思います。
お金の本にありがちな節約や金融投資だけでなく
(節約については否定的でさえあります、笑)
自己投資の重要性や生き金と死に金の違いについて
詳細に解説してある点がためになりました。
またお金に対する問題は、実は自分の感情が
最も大きく影響しているとズバリ指摘している点も目新しく・・・
お金に対する信念や観念は親を超えて先祖まで
影響しているのだという説には、さもありなんと
強く同意させられました。
(私も親戚に何かと堅実な父親よりもお金遣いの荒かった
おじいさんに似ていると言われていたことを思い出しました、笑)
ややもすると、とかく後ろ向きになりがちな(笑)
お金の話をポジティブなリズムで軽快に読ませて・・・
「ならばお金に困らないためには何をしたらいい」
との具体的な提言までもきちっとある
(お金から自由になるのは「お金のことを●●する」は
灯台下暗し的な発想でシビレました、笑)この本の価格が
600円とはちょっと安すぎるというのが正直な気持ちです。

将来お金に困らないために必読の1冊です。
(タイトルのままですみません・・・笑)
吉江勝
●今日のメルマガはいかがでしたか?面白かった
役立ったという方はワンクリックお願いします。
⇒ http://clap.mag2.com/chojoslath?20140530
※コメントもいただけると大変嬉しく励みになります。
*********************************************************************
■今日のお薦め本
*********************************************************************
「将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと」本田健・著/大和書房
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479304819/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
*********************************************************************
*********************************************************************
■当メルマガアマゾンアフィリエイト売れ行きベスト5
(2014年5月6日~2014年5月29日)
*********************************************************************
1「こうして、思考は現実になる」パム・グラウト・著/サンマーク出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763133586/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
2「将来お金に困らないためにしておきたい17のこと」本田健・著/大和書房
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479304819/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
3「嫌われる勇気/自己啓発の源流『アドラー』の教え」岸見一郎・古賀史健・著/ダイヤモンド社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478025819/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
4「完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活」金森重樹・著/扶桑社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594070337/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
5「禁断のセールスコピーライティング」神田昌典・著/フォレスト出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894516179/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
次「ダン・ケネディから学ぶ 「稼ぐ社長」の作り方」寺本隆裕・著/集英社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087860434/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■編集後記■□■□
最近、ご献本頂いた本を紹介します。
著者さん、編集者さん、編プロの皆さん等、いつも有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「薬が病気をつくる」宇多川久美子・著/あさ出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860636600/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
「知性を磨く─ 「スーパージェネラリスト」の時代」田坂広志・著/光文社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334038018/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
「ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う」今枝 昌宏・著/東洋経済新報社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492533435/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
「林原家 同族経営への警鐘 」林原健・著/日経BP社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822263991/tyouitiryunon-22/ref=nosim/

「振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦」田中仁・著/日経BP社
http://www.amazon.co.jp/exec/o
「日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則」アービンジャー・インスティチュート・著/きずな出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4907072163//tyouitiryunon-22/ref=nosim/
「長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営」岡本史郎・著/フォレスト出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894516209/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
「センスは知識からはじまる」 水野学・著/朝日新聞出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022511745/tyouitiryunon-22/ref=nosim/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018