スポンサーリンク

51 パクリ経済――コピーはイノベーションを刺激する


スポンサーリンク

内容紹介

「驚いたことに,創造性はしばしばコピーと共存できる.そして条件次第では,
コピーが創造性の役に立つことさえあるのだ…この本でとりあげる産業の多くは
驚くほど巨大で興味深い.その仕組みと,そしてなぜそれが破綻しないかを理解
するのは魅力的だ.さらにそこから,音楽や映画といったコピーの蔓延,増加に
直面してますます苦労を強いられている他の産業に役立つ教訓を引き出したい」
(はじめに).
郊外のショッピングモールから街のビストロまで,パクリはあらゆる場所にあふ
れている.「コピーは創造性を殺す」「法律によるコピー規制がイノベーション
には欠かせない」――通常はこう考えられている.しかし,コピーは絶対に悪な
のだろうか?
本書は,創造性がコピーによってむしろ活性化する場合があることを,ファッシ
ョン,レストラン,アメフト,コメディアン,マジシャン,フォント,データベ
ース産業など米国で一般的にコピーが合法とされている産業の豊富なケーススタ
ディで明らかにする.
なぜそれらの業種は繁栄しているのか? インセンティブとイノベーションの関係
から6つの教訓を探り,知的財産ルールの未来を指し示す.
「コピーと創造性が共存できるという,耳寄りな知らせだ.豊富なケーススタ
ディが気づかせてくれるのは,一貫した知財政策は本質的に保護と模倣のトレー
ドオフを生むということだ」
ハル・ヴァリアン(Google社チーフ・エコノミスト)
「イノベーションがどのように生まれるのかについて,政策立案者はいまだ根本
的に理解を誤っている.創造性にはどのような法が必要かを理解しようとする,
非常に重要な試みだ」
ローレンス・レッシグ(ハーヴァード・ロー・スクール教授)

内容(「BOOK」データベースより)

郊外のショッピングモールから街のビストロまで、パクリはあらゆる場所にあふれている。「コピーは創造性を殺す」「法律によるコピー規制がイノベーションには欠かせない」―通常はこう考えられている。しかし、コピーは絶対に悪なのだろうか?本書は、創造性がコピーによってむしろ活性化する場合があることを、ファッション、レストラン、アメフト、コメディアン、フォント、データベース産業など米国で一般的にコピーが合法とされている産業の豊富なケーススタディで明らかにする。なぜそれらの産業は繁栄しているのか?インセンティブとイノベーションの新たな関係を探り、知財ルールの未来を指し示す。

商品の説明をすべて表示する
スポンサーリンク
目次

■はじめに
料理
コメディアン
アメリカン・フットボール
■第1章:コピー商品とファッションの虜たち
ファッション産業超略史
なぜコピーが合法なのか?
コピー規制──1930年代のファッション・オリジネーターズ協会
コピーに関する今日の議論
コピー製品の世界
著作権侵害のパラドックス
ファッション・サイクル
誘発される衰退
定着
規範と先行者利益
社会規範
先行者利益
結び──デザイナーは自分自身のデザインをコピーしなければならない?
■第2章:料理、コピー、創造性
料理超略史
キッチンにおけるコピー
コピーの限界
キッチンでのコピーを巡る議論
なぜシェフたちはそんなにも創造的なのか?
規範
アナログとデジタル、製品とパフォーマンス
評判
オープンキッチン
結び──創造的カクテル、あるいはなぜドリンクはディナーについて多くを教えてくれるのか
■第3章:コメディ自警団
スタンダップ・コメディ超略史
スタンダップ・コメディアンには無意味な著作権
当世スタンダップ・コメディアンとその社会規範
汝、隣人のジョーク、設定、ネタを欲しがるなかれ
設定を制するものがジョークを制する
誰が最初か?
施行・強制
コメディにおける反コピー規範とイノベーション
結び──規範のマジック
■第4章:アメフト、フォント、金融、ファイスト裁判
アメフト──イノベーションとIフォーメーション
パイオニアvs改変屋
改変ノミクス
改変の法則
フォント
フォントと著作権
フォント技術と複製の容易さ
技術はコピーを容易にするが、イノベーションも容易にする
印刷技術の変化はフォントのイノベーションをもたらす
フォントは製品ではない:製品は何か別のもの
フォントとファッションの周期
金融イノベーション
データベース
■結論:コピーと創造性
イノベーションとイミテーションに関する6つの教訓
トレンドとサイクル
社会規範
製品とパフォーマンス
オープン性とイノベーション
先行者利益
ブランド作りと宣伝
費用、便益、創造性
楽観バイアス
トーナメント市場
創作費用
まとめ
■エピローグ:音楽の未来
音楽産業衰退超略史
ナップスターの登場
長いものには巻かれろ
P2Pから個人へ
アップル社による音楽界制覇
将来を見据える
体験としての音楽
ソーシャル・ネットワークとしての音楽
品質を強調
すべての道はコンテンツへ
まとめ
謝辞
解題:山田奨治
原注/索引


関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

1292[経営] 11月に出版された気になる本・・・ビジネス・経営関係

2015-12-03 07:41 サステナブル・リサーチ by ランチェスター思考
アマゾンでチェックして、読んでみようと思った本です。


賢明なる成長・・・とてもいいコンセプト。
ファミリービジネス 賢明なる成長への条件 ( )
ファミリービジネス 賢明なる成長への条件 ( )
AMAZON.CO.JP


パクリがイノベーションを生む・・・そうだ、そうだ!
パクリなくしてイノベーションはないのだ・・・違うかな?
パクリ経済――コピーはイノベーションを刺激する
パクリ経済――コピーはイノベーションを刺激する
AMAZON.CO.JP


ソクラテスの「無知の知」のテクニカルバージョンといったところかな?
「無知」の技法 Not Knowing
「無知」の技法 Not Knowing
AMAZON.CO.JP

【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018