スポンサーリンク

1.6k 神山プロジェクト 未来の働き方を実験する


スポンサーリンク

内容紹介

「21世紀の最先端は、東京でも上海でもシンガポールでもなく、神山にこそある」
――藻谷浩介氏(『里山資本主義』、『デフレの正体』著者)
◆若者とクリエイターが集まる奇跡の町、神山町の物語
IT(情報技術)ベンチャーの“移転ラッシュ"に湧く過疎地がある。徳島県神山町――。鮎喰川の畔に広がる人口6100人ほどの小さな町だ。
高齢化率は46%と、少子化と高齢化に苦しむ中山間地の典型のような地域だが、名刺管理サービスのSansanをはじめ9社が
サテライトオフィスを開いた。ヤフーやグーグルなど大企業の社員が短期滞在で訪れることもしばしばで、空き家として
放置されていた古民家が続々と姿を変えている。
その動きはオフィスだけではない。
移住者の増加に伴って、店舗や施設のオープンも相次いでいる。ここ数年を見ても、パン屋やカフェ、歯医者、パスタ店、図書館などが
神山MAPに登場した。アーティストやクリエイターなどクリエイティブな人材の移住も進んでおり、まさに町が新しく生まれ変わっている印象だ。
◆なぜ神山に集まるのか、その秘密をひもとく
神山には全国的に有名な観光スポットはない。自然環境や景観にしても、神山程度のところはごまんとある。
企業誘致に力を入れている自治体も枚挙にいとまがない。それなのに、なぜここにエンジニアやクリエイターが集まるのか。
ひとつは抜群のIT環境だ。その町並みからは想像できないが、神山は全国でも屈指の通信インフラを誇る。
県知事が情報化に熱心で、徳島県は県内全域で光ファイバー網が整備されている。その恵まれた通信環境がIT企業やコンテンツ企業を引き付ける。
それに、リフォームが必要な古民家は少なくないが、家賃は月3万円前後と都会に比べれば圧倒的に安い。徳島市内まで40~50分と
利便性も悪くない。場所を問わない働き方を模索している企業やビジネスパーソンにとって、神山は極めて都合がいい。
もっとも、ここまで述べたことは理由であって理由でない。なぜ神山に多くの人が引き寄せられるのか。
本書では、移住者や地元NPOグリーンバレーを通してその謎を解き明かした。
◆新しい働き方や付加価値創造のポイントが見える
メディアの注目度も増しており、NHKの「クローズアップ現代」やテレビ東京の「日経スペシャル・ガイアの夜明け」など、
全国的に知られる有名番組に登場する機会も増えた。2013年だけで、グリーンバレーの視察&取材対応は250件を数えたという。
現状、その多くはサテライトオフィスに焦点を当てているが、神山という場を通して見えるものはもう少し立体的だ。
例えば、企業や組織という視点に立てば、「クリエイティブを生む場づくり」というテーマが浮上する。
同様に、移住者のライフスタイルに着目すれば、「新しい働き方」が見える。
さらに、ここに至るまでの移住者の葛藤や、新たな人生に向かって再始動していく姿は、人生に惑う若者を勇気づける。
もちろん、サテライトオフィスなどの取り組みとプロセスが、地域活性や空き家再生のヒントになることは言うまでもない。
クリエイティブを生む場であり、働き方の実験場であり、人間再生の場でもある――。
神山の不思議な磁力は、この種の多面性が醸し出している。グリーバレーと神山の物語をぜひお読みください。

内容(「BOOK」データベースより)

徳島県神山町。山深いこの町に、若きクリエイターや起業家が集う。なぜ徳島の片田舎に若者たちが吸い寄せられるのか。新しい働き方、クリエイティブを生む場づくり、地域再生の方法論、不確実を楽しむ生き方―。現代の日本人が抱える課題の答えがここにある。

商品の説明をすべて表示する
スポンサーリンク
目次

1 新スポットが続々誕生!―発展する田舎、神山の「歩き方」(梅星茶屋―パスタ、お好み焼き、梅星!
薪パン―町民に愛される神山のパン屋
カフェ・オニヴァ―辺境に生まれたオーガニックなビストロ ほか)
2 それぞれの再始動―なぜ“生み出す人”はここに集まるのか?(雇用増こそ地域の希望―“えんがわ”に集まるそれぞれの明日
仕事はどこだってできる!―サテライトオフィスはこの会社から始まった
「踏み出せば違う扉が現れる」―辺境のビストロ、カフェ・オニヴァの挑戦 ほか)
3 創造を生む空気の正体―「神山」をつくり上げたグリーンバレーの奇跡と軌跡


カスタマーレビューがあります。 関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

あの有名な「徳島・神山プロジェクト」を視察!「サテライトオフィス」の外観に惚れ惚れしました。

2016-02-19 20:00 まだ東京で消耗してるの?

こんにちは! サトモト(@Hyakujuoh)です。

先日、こんな記事を掲載しました。

やはり"いろどり" は凄かった!上勝町「葉っぱビジネス」の成功要因5つと人口増への課題。 : Share Local

葉っぱビジネスで有名な徳島県の上勝町の隣には「神山町」という町があることをご存知の方も多いと思います。

こちらの町にも視察で行ったきたので、内容をご紹介。いや〜サテライトオフェイスの外観には惚れてしまいましたね。

目次

・神山プロジェクトとは?

・サテライトオフィス誘致

・サテライト・オフィス Complex

・ワーク・イン・レジデンスとは?

・神山塾とは?

・はじまりはアーティスト・イン・レジデンス

・短期宿泊施設「Week 神山」オープン!


神山プロジェクトとは?

徳島県名西郡神山町。ここは平成27年10月1日現在で人口は5,843人の小さな町。ここで行われている「神山プロジェクト」はすでに超有名。数々のメディアにも取り上げられ、著名人の視察が後を絶ちません。

「神山プロジェクト」の20年の軌跡から学ぶ、まちづくりに重要な4つの視点 | 庄司智昭

神山プロジェクト:日経ビジネスオンライン

名刺管理サービスを展開する「Sansan」は、「法人営業」を徳島の山奥から実践している : まだ東京で消耗してるの?

IT企業が惹きつけられる町・徳島県神山町

全国的な過疎化の流れは、この神山町も同様で、これを打破すべくはじまったのが、「神山プロジェクト」。このプロジェクトには、「サテライトオフィス」「ワーク・イン・レジデンス」「神山塾」という大きく3つの柱があるのです。


サテライトオフィス誘致

徳島県は情報化に熱心で、光ファイバー網が強烈に発達しています。その総延長は、県民1人あたりに換算すると全国1位。視察中、山道を走っている時でも「あ、ここWi-Fiつながる!」なんて会話もありましたね。

この環境を活かして始まったのが、サテライトオフィス。都心部にある会社の「サブ会社」のようなものを、ここ神山町に誘致するわけですね。2015年現在で12社が設置され、合計30名の新規雇用も生まれているのです。

業種としては、主にIT、映像、デザイン関連などの働く場所を選ばない企業。

中山間地の一角に、こんな建物があるんですよ。古民家を数千万円かけてリノベして、シームレスな空間。

写真ではわかりにくいですが、古民家内ではPCが並べられ、現代的な空間が広がっていました。視察したわたしたちも、思わず「おー!」と声を漏らしたほど。

サーバー専用の小屋もあったりする。

また、非常用電源として、電気自動車が配備されているのにもなんだか痺れましたね。


サテライト・オフィス Complex

さきほどの古民家から車で10分ほどの場所にはもうひとつサテライトオフィスがあります。

それがこれ、サテライト・オフィス コンプレックス

現在はまだ建設途中ということでしたが、オープンでクリーンな空間に仕上がる模様。コワーキングスペース、シェアオフィスとしての機能を果たしていく予定。

篠原 匡 日経BP社 2014-03-06

ワーク・イン・レジデンスとは?

2つ目は、ワーク・イン・レジデンス。これは町の将来にとって必要に成る働き手や起業家を誘致する取り組み。

具体的には、ビストロ、カフェ、パン屋、ピザ屋、靴や、ゲストハウスなどが開業し、商店街の再生にもつながっているのです。


神山塾とは?

3つ目の神山塾は、人材育成事業として6ヶ月間の求職支援訓練を行うもの。クリエイター系(デザイン、編集、カメラワーク)の訓練を行い、現在までに6期77名が修了しており、移住や就職、そして男女のカップルの誕生という結果を生み出しているようです。

また、Yahoo!やGoogleの社員を呼び、セミナーを開催することもあるのだとか。


はじまりはアーティスト・イン・レジデンス

ここまで説明したサテライト・オフェイス、ワーク・イン・レジデンス、神山塾などはすべて「人」にフォーカスし、「人」を呼ぼうとした取り組みなんです。

が、この原点になる事業が実は1999年から開始していたのです。それは「神山アーティス・イン・レジデンス」。


当初は、評価の高いアーティストの「作品」を神山町に集め展示をしていた。しかし資金などの問題で方向転換。

「作品」ではなく、「人」に焦点を当てようということで、「著名なアーティスト」を神山町へ滞在させ、作品を作ってもらう。滞在満足度を上げ、神山町の「場の価値」を高めるという方向にシフトしたんですね。

アーティストが利用する宿泊施設やアトリエ等も整備。ここから神山町の「人」にフォーカスした取り組みの原点があるのです。


短期宿泊施設「Week 神山」オープン!

2015年には短期宿泊施設「Week 神山」もオープン。

旅行ではなく、仕事を持ち運ぶような暮らし方もあるとおもいます。一年中同じ場所で仕事をしているのではなく、ときどき外に出てみませんか。仕事と暮らしはどんどん近づいてきています。仕事と一緒に移動することによって新しい楽しみも見つかるかもしれません。

WEEK 神山| STAY & WORK いつもの仕事を、ちがう場所で

いつも違う環境で仕事をする「場」を提供してくれるのですね。滞在型ワーキングスペースとでも言えるのかもしれません。

食事のできるレストランも併設。神山町でオープンした幾つかの飲食店のオーナーさんたちが、一緒に運営を回しているのだとか。食材は近隣で取れた無農薬有機野菜を使用している。

川のせせらぎを聞きながらお仕事。これはもう贅沢すぎます。もちろん近くにはサテライト・オフィスがあるわけなので、クリエーターの方々との交流は次のビジネスを生む起爆剤にもなるなと。

神山町。正直なところ感動してしまいました。ぜひ一度生で見て欲しいです。ノマドワーカーも毎月通いたくなるレベル。ぼくも1ヶ月くらい滞在してお仕事してみたい。

そんな妄想を抱いてしまいました。

イン神山 - 神山 アートで まちづくり

今回も読んでもらって感謝です。ではでは。


(by Share Local)

【続きを読む】

名刺管理サービスを展開する「Sansan」は、法人営業もノマド化している

2015-10-04 20:00 まだ東京で消耗してるの?

へー、と思った話。


徳島県神山町にオフィスを構える「Sansan」

スクリーンショット 2015 05 13 15 39 46

「Sansan」は今もっとも勢いのあるベンチャー企業。名刺管理を切り口に、B2C、B2Bのビジネスを展開しています。

で、この会社はなんと、徳島県の神山町にも「ラボ」としてオフィスを構えているんです。素敵すぎるオフィスですねー。

スクリーンショット 2015 05 13 15 40 33

神山町はかなりの田舎です。Google Mapが緑!人口は6,000人程度と、決して大きな町ではありません。…というか、一般的には「過疎地」と言われても不思議ではない場所です。

といっても、ぼくも高知で普通に仕事をしていますし、IT関係の仕事なら、場所はもはや関係ないのは周知の通り。「Sansanも徳島の山奥で開発してるんだ。まぁ、開発ならできるよねー」と思っていたんですが、なんと、彼らは「法人営業」も山奥でやっているというから、驚きました。


オンライン営業に変えたら受注が増えた

Sansan 01 thumb 500xauto 7148

(Sansanホームページより)


以下、書籍「神山プロジェクト」より、抜粋してご紹介。

エンジニアなど開発部隊は遠隔ワークが常態化しているが、顧客訪問やプレゼンテーションが求められる営業担当者は東京オフィスで仕事をすることが当たり前と考えられていた。だが、オンライン営業の仕組みを構築したことで、遠く離れた神山での営業活動が実現している

実は、Sansanは2012年11月に、営業担当者による顧客訪問を部長決裁にした。そのココロは、オンラインで顧客を獲得する「会わない営業」を徹底させるため。現に、受注の7割はオンライン経由になっている。顧客訪問の件数が増えたことで、受注率も倍近く伸びたという

同社のオンライン営業の仕組みは至ってシンプルで、テレビCMやウェブサイトの顧客事例を見て問い合わせた顧客に対して、オンラインのコミュニケーションツールを用いて商談するというものだ

(略)オンライン営業を本格化させたきっかけは地方在住の顧客とのやり取りだった。会社の知名度が向上するにつれて、地方企業の問い合わせが増えた。ただ、Sansanの拠点は東京であり、毎回訪問できるわけではない。そこで、資料一式を送った後にスカイプでやり取りしたところ、意外にも受注に結びついた。会わなくても売れる──。それに気づいたSansanはオンライン営業に舵を切った。

(略)対面営業を重視している顧客はもちろんいるので、そういう場合は訪問しているが、その比率はどんどん低くなっている。「対面での挨拶が誠意の証し」というカルチャーが変われば、場所を問わない働き方は一気に進むだろう。営業がリモートで成立する以上、神山でできない仕事はもはやない。

神山プロジェクト[Kindle版]
posted with ヨメレバ
篠原匡 日経BP社 2014-04-18

いやー、すばらしいですね!「法人営業は対面」というのが思い込みにすぎないことがよくわかります。これはもう、多くの企業が真似をすべき。日本の生産性あがりますよ、ほんと。いつまでクソ暑いなかスーツ着て営業してるんでしょうね。もう21世紀ですよ。平成ですよ。


家賃も人件費も安いし、メディアにも取り上げられる

数年前に宮崎のベンチャー企業「アラタナ」のお話を聞きに行ったとき、代表の濱渦さんが「地方拠点はメリットがあります。家賃も人件費も安いですし、人材の定着率も高く、メディアにも取り上げられやすいんですよ」という話をしていたことを、強く覚えています。

強調しても強調しすぎることはないくらいの話ですが、本当に、地方拠点はやり方次第では「合理的」になるんです。特に、今はまだ珍しさが勝っているので、メディア露出の効果はかなり期待できます。

書中でも記述がありますが、いわゆる「BCP(事業継続計画)」の観点からも合理性があります。東京で震災が起きても、地方に拠点があればビジネスを継続できるわけです。


コンテンツ企業は、地方に行くと新しい強みを得られる

ついでにいうと、コンテンツを扱うような企業、出版・メディア関連の企業は、地方に行くと新しい自社の強みを獲得できます。

何を隠そう、うちのブログは高知に移住してからアクセスが格段に増えました。ページビューで見ると、1.8倍くらいです。高知に住んだことでコンテンツと読者の幅が広がったわけですね。ぼくのような仕事をしている場合、「移住」はビジネス的に、たいへん合理的なアクションなのです。

その意味で、ブログメディアなどを運営する企業がなぜか東京に集中しているのは、実にダサい状況だなぁ、と高知から高みの見物をしております。ぼくがメディア運営者なら、どんどん地方拠点作って、コンテンツの幅を広げていきます。


東京から作られるコンテンツは、どうしたって限界があります。みんなで話題の塊肉のレビュー書いてどうすんの?って感じ。もはや既視感しかありません。

そんでもって、東京で作れるもの(ウケるもの)って、その感覚さえ持っていれば地方でも作れますよ。実際、うちは相変わらず読者の大半が相変わらず東京です。

スクリーンショット 2015 05 13 16 02 28

とまぁ、話は多少それましたが、もっともっと地方に人が移り住んで、仕事をするようになると、日本は面白くなっていくと思います。東京に一極集中しても、あんまり幸せにならないですよ。高知に移住して本当に良かった。東京には戻りたくないです。誇張とかではなく。


移住や地方拠点の開設を考えているのなら、参考になる一冊です。高知もガンガン盛り上げていきたいですねー。ぜひ仲間になってください。

神山プロジェクト[Kindle版]
posted with ヨメレバ
篠原匡 日経BP社 2014-04-18

IT(情報技術)ベンチャーの“移転ラッシュ"に沸く過疎地があります。それは、徳島県神山町。高齢化率46%と少子化と高齢化に苦しむ中山間地の典型のような地域ですが、これまでに9社のベンチャー企業がサテライトオフィスを開きました。ヤフーやグーグルなど大企業の社員が短期滞在で訪れることもしばしばで、空き家として放置されていた古民家が続々とオフィスに姿を変えています。


東京から高知県に移住したよ!

「#移住日記」書いてます。

イケダハヤトが高知県に移住した10の理由


一日中マンガ読んでるイケダの本棚

一巻で完結する面白いマンガたち

5巻以内に完結する面白いマンガたち

11巻以内に完結する面白いマンガたち

最新刊を楽しみにしているマンガ一覧

2014年版「超」面白かったマンガまとめ


お知らせコーナー

(new!)月額4,980円のオンラインブログ塾始めました!本気のブロガーはぜひ。

イケダハヤトってそもそも誰?何者?

イケダに会える日/講演依頼できる日を公開中


フェイスブックにいいね!



今日も元気にツイート中

@IHayato からのツイート

Instagramやってます



【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018