スポンサーリンク

51 キュッパのおんがくかい (福音館の単行本)


スポンサーリンク

内容紹介

キュッパは友達のググランと音楽隊に入りました。指揮者が言うには、キュッパのおばあちゃんは木琴チャンピョンだったので、キュッパもその才能があるに違いないと。でもキュッパは楽譜を見るのが苦手で、トランペットの音もろくに出せません。吹く真似だけ上手になったキュッパは、指揮者からソロを指名されますが、どんなに練習しても吹けるようになりませんでした。演奏会の前日、とうとう指揮者に怒られ音楽隊を追い出されます。
キュッパは意気消沈しますが、皿洗いをしているときにたくさんの音があることに気付きます。「そうか、これも音楽だ」キュッパは、音が出るものを家中からたくさん集めて、森のみんなのために音楽会を開きました。それはそれは素敵な音楽会でした。

内容(「BOOK」データベースより)

おんがくがだいすきなキュッパは、おんがくたいにはいることになりました。でもひとつこまったことが。キュッパはがくふがぜんぜんよめないのです!「がっきをつくっておんがくかいをひらくのさ!」キュッパはうれしそうにこたえました。

商品の説明をすべて表示する
スポンサーリンク
目次


カスタマーレビューがあります。 関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

[読書] キュッパのおんがくかい (オーシル・カンスタ・ヨンセン/著,イラスト・ひだにれいこ/翻訳 ・福音館書店) 感想

2016-02-20 00:19 ディレクターの目線blog
キュッパのおんがくかい
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)

期待は見事に裏切られた。もちろん良い方向へ…

前作の『キュッパのはくぶつかん』が面白かったので、第2作目も読んでみた。いろいろ集めるのが大好きな丸太の男の子 “キュッパ” の世界で、前作では「博物館」、今作では「音楽会」が描かれる。前作同様に、キュッパがあちこちから楽器を集めて音楽会を開催…なんて勝手に想像したのだが、期待は見事に裏切られた。もちろん良い方向へ…

こんなお話…

楽器の演奏のモノマネが大好きなキュッパが、おばあちゃんの勧めで音楽隊に入る。しかし、キュッパは楽譜は読めないし演奏も出来ない。そんな中で、演奏会でトランペットを吹くことになるが、当然のように指揮者から一方的に叱られて音楽隊を追い出される。

意気消沈しているキュッパを「あの指揮者の父親もあんな人だった」と慰めるおばあちゃん。実は、おばあちゃんは昔音楽隊で木琴演奏の名人だったのだ。そして、音楽は音を楽しめば良いとばかりに、家中の音の出るものを集めてきて、森のみんなのために音楽会を開いた…

起承転結もハッキリして、かなりドラマチックな展開

まあ、とにかく絵本と言えども、かなりドラマチックな展開。起承転結もハッキリしているし、絵も前作よりも縦横無尽と言うか自由自在にページを使って広がりや奥行きを表現している。前作よりも完成度は高いように思う。是非とも、第3作目を読みたいものだ。

あとがき

前作と同じキャラクターで似たような物語ですが、読者に訴えるテーマが全然違うので驚きました。自己中心的で横暴な指揮者と、それに立ち向かうのおばあちゃんの手法が粋なんですね。無駄な対立をする方向で無く、自己解決するための最も心地良い方法をキュッパに教えるってのが。なかなか奥深い絵本です。

オーシル・カンスタ・ヨンセン
福音館書店 2014-10-15
Kindleで購入
楽天ブックスで購入
7netで購入

     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
キュッパのはくぶつかん (福音館の単行本)
たのしいムーミン一家 復刻版
りゆうがあります (PHPわたしのえほん)
きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本)

http://

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-●●●●.html

【当blog内の関連記事】
[読書] キュッパのはくぶつかん (オーシル・カンスタ・ヨンセン/著,イラスト・ひだにれいこ/翻訳 ・福音館書店) 感想
[読書]かないくん(ほぼにちの絵本) (谷川俊太郎/著,松本大洋/イラスト,糸井重里/監修・東京糸井重里事務所) 感想
[読書]パンダ銭湯 (tupera tupera/著・絵本館) 感想

【続きを読む】

[読書] キュッパのおんがくかい (オーシル・カンスタ・ヨンセン/著,イラスト・ひだにれいこ/翻訳 ・福音館書店) 感想

2016-02-20 00:19 ディレクターの目線blog
キュッパのおんがくかい
【おススメ度】★★★★

私の評価基準(書籍用)

期待は見事に裏切られた。もちろん良い方向へ…

前作の『キュッパのはくぶつかん』が面白かったので、第2作目も読んでみた。いろいろ集めるのが大好きな丸太の男の子 “キュッパ” の世界で、前作では「博物館」、今作では「音楽会」が描かれる。前作同様に、キュッパがあちこちから楽器を集めて音楽会を開催…なんて勝手に想像したのだが、期待は見事に裏切られた。もちろん良い方向へ…

こんなお話…

楽器の演奏のモノマネが大好きなキュッパが、おばあちゃんの勧めで音楽隊に入る。しかし、キュッパは楽譜は読めないし演奏も出来ない。そんな中で、演奏会でトランペットを吹くことになるが、当然のように指揮者から一方的に叱られて音楽隊を追い出される。

意気消沈しているキュッパを「あの指揮者の父親もあんな人だった」と慰めるおばあちゃん。実は、おばあちゃんは昔音楽隊で木琴演奏の名人だったのだ。そして、音楽は音を楽しめば良いとばかりに、家中の音の出るものを集めてきて、森のみんなのために音楽会を開いた…

起承転結もハッキリして、かなりドラマチックな展開

まあ、とにかく絵本と言えども、かなりドラマチックな展開。起承転結もハッキリしているし、絵も前作よりも縦横無尽と言うか自由自在にページを使って広がりや奥行きを表現している。前作よりも完成度は高いように思う。是非とも、第3作目を読みたいものだ。

あとがき

前作と同じキャラクターで似たような物語ですが、読者に訴えるテーマが全然違うので驚きました。自己中心的で横暴な指揮者と、それに立ち向かうのおばあちゃんの手法が粋なんですね。無駄な対立をする方向で無く、自己解決するための最も心地良い方法をキュッパに教えるってのが。なかなか奥深い絵本です。

オーシル・カンスタ・ヨンセン
福音館書店 2014-10-15
Kindleで購入
楽天ブックスで購入
7netで購入

     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
キュッパのはくぶつかん (福音館の単行本)
たのしいムーミン一家 復刻版
りゆうがあります (PHPわたしのえほん)
きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本)

http://

トラックバックは、下記の「ミラー & TB用ブログ」へお願いします。
【FC2ブログ】http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-●●●●.html

【当blog内の関連記事】
[読書] キュッパのはくぶつかん (オーシル・カンスタ・ヨンセン/著,イラスト・ひだにれいこ/翻訳 ・福音館書店) 感想
[読書]かないくん(ほぼにちの絵本) (谷川俊太郎/著,松本大洋/イラスト,糸井重里/監修・東京糸井重里事務所) 感想
[読書]パンダ銭湯 (tupera tupera/著・絵本館) 感想

【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018