スポンサーリンク

1.6k 柔訳 釈尊の言葉 第2巻


スポンサーリンク

内容紹介

あとがき
このたび『柔訳 釈尊の言葉 第2巻』を刊行することができました。第1巻もそうであったように、第2巻単独でも一つの独立した世界観が展開されております。
『ダンマパダ』の釈尊の言葉は、後世の仏典に見られますような、抽象的で長く回りくどい表現ではなくて、とにかく短く、簡単で、生活に根ざした内容で、
子どもに噛んで含めるかのような言葉ばかりです。
いろいろな話題で、違うパターンで、真理が繰り返し述べられています。
この本を読むごとに、自分の心の深いところに釈尊の言葉が染み込んでいくことを読者は実感されることでしょう。
ほんとうの真理の言葉とは、読んでわかるというよりも、心に染み込むモノがあるのです。
まさに知恵と叡智(えいち)にあふれた御人(おひと)の言葉とは、なんとすごいものなのかと圧倒されます。二千五百年を経ましても、まったく色あせることなく光を放つ言葉です。
釈尊こそは、外に出て、多くの人々を救おうとされた実践の御方です。その多くが、無学であり苦しく働く人々が対象でした。
そのような人々を安心させるためには、日常生活の話題の中に真理を含ませる深い知恵による表現と導きが必要でした。
この『ダンマパダ』を読みますと、釈尊は見事にその偉業を成していたことがわかります。
この本は、現代社会にも通じる教訓の本であり、生きるための知恵の本です。いつもそばに置いて、繰り返し読んで楽しんでいただければ幸いです。
平成二十七年 冬の始まりに
谷川太一

著者について

谷川太一(たにがわ・たいち)
古今東西の哲学・宗教、なかでも古事記、旧約聖書、仏教、ゾロアスター教(拝火教)、道教、神道を長年にわたり研究する一方、
無償の社会奉仕活動として、のべ数十万人に対する人生相談をおこなっており、現在も継続している。その知識は生命科学・
宇宙物理・医療・教育・金融工学・芸術など非常に幅広く、また社会で生きるためのもろもろの知恵にも精通している。
現在、真の仏教のエッセンスや老子を現代社会からの視点で表現し、その思想と叡智を現代人の生活に実際に生かすことに取り組んでいる。
著書に
『柔訳 老子の言葉』・『柔訳 老子の言葉 写真集』上・下巻(経済界)
『柔訳 釈尊の言葉 第1巻』・
『TAO TE CHING FOR EVERYDAY LIFE(『柔訳 老子の言葉』英語版)』(電波社刊)
がある。

スポンサーリンク
目次

第12章 自分を浄化できるのは自分自身だけです
第13章 ほんとうの信仰とは何か?
第14章 心の拠りどころは自分に内在します
第15章 最高の快楽とは自分の心を安心させている瞬間です
第16章 人生に逃げ得はありません
第17章 人は自分自身を成仏させるために生まれて来ます
第18章 「思いやり力」がすべての幸福を連れて来ます
第19章 生きている間はずっとチャンスです
第20章 苦しみから離れる明るい道があります
第21章 自分の自我に勝ち、自分のサガに勝つ


関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

完全な公平は、短い視点では不公平に見えますが正しい

2016-04-29 02:30 伊勢ー白山 道
今日「昭和の日」からゴールデンウィークが始まりますが、九州の方々に取りましては大変な後片付けの一週間の始まりと言えそうです。今日から全国の親類縁者も九州に集まり、大変な作業をされていると思います。思いますことは、「他人の為の行為」「自分が他人にした事」は、善悪含めてすべて自分自身に反射している・ingということです。* 誰もが、自分自身への行為をしていることに成るのが、コノ世の秘密です。こんな大変な時に、阿蘇周辺地では空き巣被害に悩まされている報道があります。* その根性の腐った犯人は、将来の自分の大切なモノを捨てているに過ぎません。しかし、将来になれば、その犯人は自分が過去にしたことを忘れて、「なぜ自分だけが、こんな目に遭う?」「神なんか居るはずが無い」また、そんな人物に限って、「行政が悪い。日本が悪い。日本なんかOO」「世の中は不公平だ」と怒っているものです。しかし、大きな視点、すべての行状を知る存在から観ますと、* 完全な自業自得が実現しているだけ。* 完全な「公平」が流れているだけ。その犯人が未来に苦しむ状態こそが、完全に公平なことです。つまり人間は、他人の1場面の不幸な状態だ... 【続きを読む】

地下15km以上は掘れない不思議

2016-04-27 02:43 伊勢ー白山 道
ある学説によりますと、人類は地下15km以上は掘削することが出来無い、という説を見ました。その理由は、(1) 地下10kmを超えますと、莫大な圧力が地層中に掛かっており、穴を開けましても、その穴が空いた状態が高圧力により維持されない。つまり、海岸の細かい乾いた砂に穴を掘りますと、掘っても掘っても周囲から砂が押し寄せて来て、穴の底が埋まるようにです。圧力が無い地上でもそうなるのが、地下深奥の高圧環境では「流動性のある」泥沼に穴を開けようとすることに近い感じでしょうか。(2)地下深奥では数百度の高温になり、水圧流を利用する掘削や、電子機器、金属ドリルが持たない。などの理由で、地下深奥の掘削が出来無いとされているようです。しかしロシアは、1970年から約20年間の長期間と巨費を掛けて、人類はどこまで掘れるのか?に挑戦しました。ロシアとフィンランドの国境付近において挑戦した結果、12km262mでこの掘削をなぜが中止しました。理由は、予算の理由とされていますが、その真実は不明です。この掘削記録は1989年に世界最深記録として認知されています。いまだに破られていません。近年に地下深奥10km付近... 【続きを読む】

花は外見に咲かせずに、心の内に咲かせるもの

2016-04-26 02:13 伊勢ー白山 道
人は、何度も生々流転を繰り返す生まれ変わり(転生)を経験しましても、どの人生におきましても、頑固な執着を持たずに終えることが出来た人は、イチジクの果樹林の中に入りましても、美味しいイチジクの木には決して花(性器の花の誘惑。自我の欲望の象徴。転生要因に成る)が咲かない木であるように、コノ世とアノ世を往復する輪廻(りんね:生まれ変わり)を終わらせます。それはまるで蛇が古い皮をスルッと脱ぎ去るように出来ます。(原始仏典 スッタニパータ 第1章1節-No.5)(感想)輪廻転生(りんねてんしょう:生まれ変わること)について、非常に重要なことを釈尊が示唆されています。* 1回の人生だけを、執着・ワレヨシな自我を無くすることに成功しても、転生は終わらない。* 幾多の人生を繰り返しても、毎回の人生で執着を無くすることに成功して初めて、その人の魂はスルッと転生を終わらせることが出来る。ということなのです。この項で大切なことは、イチジクの木とは表面に花が咲かない果樹だということです。花が見えないまま、いきなり果実が育ち始め、花はその果実の真ん中に隠れているということです。「見せる」花を表に出さずに、内に秘... 【続きを読む】

これからが大事

2016-04-25 03:05 伊勢ー白山 道
4月25日07時47分     岩手県沖    M3.5    震度14月25日06時54分     宮城県沖    M4.0    震度24月25日00時48分    熊本県熊本地方    M4.4    震度44月24日22時59分    トカラ列島近海    M2.5    震度14月24日22時52分    トカラ列島近海    M2.1    震度14月24日22時46分    トカラ列島近海    M2.5    震度14月24日22時37分    トカラ列島近海    M2.9    震度14月24日22時32分    トカラ列島近海    M4.2    震度44月24日18時54分    熊本県熊本地方    M3.8    震度3昨夜から今朝にかけて、「トカラ列島」付近で微振動が発生してから、* 熊本が揺れ* 東北の太平洋側が揺れたことに注目します。地下深奥の連動性を思います。トカラ列島が反応するという意味は、九州だけの火山活動に収まるという意味では無く、赤道付近から流れて来る大量のマグマが背景に存在することを思います。従って、今日午後からは、熊本、宮城県沖、に注目... 【続きを読む】

黄金の世紀に向けて

2016-04-24 02:39 伊勢ー白山 道
2012年6月9日の記事「今日は、お遊びとして」を再検証します。1995年にアメリカで発売されカードゲーム(2001年9月11日に発生した米国の9・11テロを完璧に予言して有名)が、限定された枚数の中で、日本に関するカードだけが異常に多いことを注目します。その中でも、特に日本の国名まで指定されたカード、(名指しされたのは日本国だけ)このカードも、2016年の今だからこそ分かることが1995年に既に明記されています。(1)右下の青色線は、伊豆諸島をわざわざ明記し、この島の数を数えますと火山の新島・西之島の誕生を予見。(2)その上の赤丸は、北方領土が日本に返還されることを予言しており、しかも「北海道に一番近い」大きな島にビルが建っています。この兆候は、すでに北海道に近い島でロシアが大規模な投資を去年から始めています・・・・。(3)左側の青線は、まさに中央構造線から太平洋側には、大きなビルが無いです。ビルを建てることの注意とも言えそうです。でも九州・四国・伊勢と大地はちゃんと在ります。問題は、「6/4」の明記です。6月4日だとしますと、他のカードには無い日付指定です。この日は「中潮」です。こ... 【続きを読む】

高慢心が次も転生する大きな因子と成ります

2016-04-23 01:42 伊勢ー白山 道
激しい川の流れは、水際に密集して茂る葦(あし)の堤防を根こそぎ押し流します。人間もこのように、高く茂る自分の高慢心を根こそぎ押し流すことが出来た人は、コノ世とアノ世を往復する輪廻(りんね:生まれ変わり)を終わらせます。それはまるで蛇が古い皮をスルッと脱ぎ去るように出来ます。(原始仏典 スッタニパータ 第1章1節-No.4)(感想)高慢心を根こそぎ削ぎ落とした人は、強制的で嫌な条件の転生を終えることが出来る。と釈尊がこの項で断言されています。釈尊の教えとは、真の仏教とは、いかにして強制的な輪廻転生(りんねてんしょう:生まれ変わること)を終わらせるか?の方法論でもあります。その一方で、強制的な輪廻を終わらせた魂が、コノ世で転生を繰り返して苦しむ人々を救うために、菩薩として転生して来るとも明示しています。今の社会の中にも、多くの菩薩が男女を問わず潜在されています。介護職にも、医師にも、学者にも、家庭の主婦にも、清掃人にも、お店の販売員にも、職人にも紛れて存在しています。でも、コノ世に生まれた限りは、自分が菩薩である自覚は出来ないのがルールです。すべての過去生での記憶、アノ世での「誓い」を誰も... 【続きを読む】

無難にするために

2016-04-22 02:47 伊勢ー白山 道
4月21日、モスクワでプーチン大統領とイスラエルの首相が会談をしたと報道されています。非常に興味深い報道です。ここ数年、アメリカがイスラエルと距離感を持ち始めた報道が過去に有ったのですが、そうしましたらロシアとも交流を始めている訳です。国際政治の駆け引きとは、どこの国も自国を守るために最善の道を、過去のしがらみを無視して躊躇なく進むということです。ロシアとしましても、経済的な貧窮を回復させるためには、イスラエルとタッグを組むことは非常にメリットがあります。世界中の大企業(世界中の有名企業の大半がイスラエルとの深い縁)から、ロシアへの投資を期待出来ます。イスラエルにしましても、自国を守るために軍事的に何もしてくれない「口先だけの」他国よりも、本当に軍事行動を躊躇なくしかねないロシアと組むことはメリットが大きいです。金融と軍事力の連合と成ります。日本国首相もプーチン大統領との会談が5月上旬に予定されてます。とても勇気ある行動に思います。日本の電力発電のための資源の輸入交渉の意味でも、安全保障の意味でも、北方領土の為にも、プーチン大統領と面会することが重要です。ロシアが経済的に苦しい今こそ、... 【続きを読む】

継続力を信じること

2016-04-21 02:18 伊勢ー白山 道
今朝に感じましたことは、火山の新島・西之島の誕生が、富士山の噴火を先延ばしにした、ということでした。大きなガス抜き、マグマ抜き、が新島誕生の御蔭でされた訳です。日本の強運をこのことに思います。もし富士山が噴火すれば、東京は機能停止に陥り、経済的にも非常に危険なことになるのは必至です。大いなる力、存在により日本は生かされているのです。実は、この強運、継続力を見ること・信じることが大切なのです。そこに大いなる存在の意志を観るのです。新島を誕生させてまでして、日本を生かさせている大いなる意志に感謝をすることで、更に生かされることに成るのです。これは個人にも言えることなのです。今の自分がどんなに不満でも、今も生きている現実が有るわけです。この生かされている現実、そこに大いなる存在・神様の意志が在ります。どんな役目が自分に有るのか知らねども、何事があるのか分からないけど、自分は神様に「生かされている」と思って素直に感謝をして見ましょう。こんな悪人でも、何のために自分が生きているのかは分からないけど、それでも大いなる意志が自分を生かしている現実を素直に見るべきなのです。そして、自分が生かされている... 【続きを読む】

東京で大量の水死者が出る可能性の想定検証

2016-04-20 01:50 伊勢ー白山 道
(カレンダーの印の意味は、http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/676eccb6fc833dc9875d0d99da2c1b28)4月22日(金)は、* 満月* 月が地球から最遠日が重なります。* 前日の21日から月の影響が始まりますから、要注意します。* 月が離れる23日も注意します。* 21日、22日、23日、を防災意識で静観します。阿蘇山の地下深奥のマグマの流れを考えます。今の地震学では、プレートの繋目や断層の場所を重視されています。しかし、「類は同類を好む」という霊的法則から火山同士の地下深奥の繋がり、ということを科学的では無いですが考えて観ます。そうしますと、阿蘇山のマグマの流れは、* 中央構造線に沿って四国、関東を目指すラインと、* 日本海方面に抜けようとするライン。この2つが存在するように感じます。* 今は、この2つのライン上の地域を防災意識で注視します。読者によりますと、東京で仕事をする友人に、津波がきそうなときは鉄筋4階以上に上るようメールで伝えましたが…かえってきた返事は「海に面してないから大丈夫だよ」←海が見えてないから大丈夫... 【続きを読む】

そんな小さなことで満足をするな!

2016-04-19 02:22 伊勢ー白山 道
あちらこちらへと、色々なことに執着するワレヨシな欲望の激流を涸らせることが出来た人。そういう人は、コノ世とアノ世を往復する輪廻(りんね:生まれ変わり)を終わらせます。それはまるで蛇が古い皮をスルッと脱ぎ去るように出来ます。(原始仏典 スッタニパータ 第1章1節-No.3)(感想)自分だけの欲望を叶えることに執着すること。ワレヨシな願望だけを考える人。人間が持つこのような思いを、釈尊は「激流」とこの項で例えています。人間のワレヨシな欲望とは、ただの水流ではなくて、激流と表現するほど途方も無いパワーを持ち、抑えがたいサガ・性であることを意味しています。このような激しい思いのパワーを、正しい方向に、内容に、もし変えることが出来た人は、その人は輪廻をも終わらせることに成ると示されています。社会には、これに近い実例が多々あります。例では、* 暴れまくる中学生のどうしようもない不良たちばかりを集めて、体育教師がラグビー部を作った。すったもんだ、刃傷沙汰も経ながら、そのラグビー部は大会で優勝した。そしてその時、生徒たちは真面目な学生に変わっていた。* 激しい反抗期から十代であらゆる悪事を経験した女性... 【続きを読む】

想定していることが無難を呼びます

2016-04-18 01:59 伊勢ー白山 道
小さな私的善意の避難所には、公的な指定がされていないために、救援物資が一切届かないという報道があります。まことに残念なことです。こういう時にこそ、自衛隊と米軍のヘリコプターがフル稼働できないものなのか?と思います。仕事の始まりや、子供たちの勉強のことを思いますと、服も勉強道具一式も無くした方々の心痛を思いやります。今日からが本当の避難生活の本番だと思います。頑張って欲しいと思います。ところで昨夜、まさに千葉県台方の麻賀多神社の地下深奥を震源とする小地震が発生しました。ただ、この時に「九州はこれから終息し、千葉沖から日立に移る」という想定を致しました。地下深奥のマントル・電磁波の流れ「地龍」とは、今の地層科学とはまったく違う動きをする可能性を思います。「地層の平面」での順番とか、道筋とか関係なく、地球の中心から「垂直」に来る想定をします。従って、場所が飛ぶことは起こる、ということを感じます。ここで思い出したことは、過去記事の防災想定の記事です。(http://goo.gl/8hLHG2)【防災の仮想シミュレーションを持てば大丈夫です】油断しなければ大丈夫です。これ以下の文章は、私の想像の... 【続きを読む】

座る姿勢と血流、竜巻に注意

2016-04-17 01:58 伊勢ー白山 道
専門家によりますと、1596年に大分県から四国、近畿にかけて、中央構造線に沿って地震が連続して北上した実例が実際に有ったそうです。そうなりますと、南海トラフへの影響がないとは言い切れないとのことです。やはり、「無難にする為には想定して置くことが必須条件」の記事で指摘しました中央構造線上に在ります瀬戸内海に面する県の地震と、それが和歌山に到達した頃を注視します。すると昨日の2016年4月16日 18時59分に和歌山だけが震度が小さいですがピンポイントで反応しました。想像以上に地下深奥の流れは速そうです。今日も、気温が上がる地域は、全国で防災意識が大切です。火山学者によりますと、震度7クラスの大地震が発生して4・5年以内に、世界中で例外なく100%の確率で震源地の近隣の火山が噴火しているそうです。そうなりますと、阿蘇山の噴火とは「遅かれ早かれ避けられない」という前提での人生設計が大切かも知れません。やはり大きな火山の近隣で借金して家を建てることのリスクを冷静に考えるべきだと思います。個人の思い入れが有ることですから、あくまでも自己責任であり参考意見としてください。日本は世界の4大陸のプレー... 【続きを読む】

想定して無難にしましょう

2016-04-16 03:02 伊勢ー白山 道
九州の被災された多くの方々に御見舞を申し上げます。もう大変な心的ストレスが加わり続けていることでしょう。ここで最悪想定として今から、「阿蘇山が噴火する前提での避難・行動」をすることで、噴火しないにしても大地震で死傷することを避けることに成ると思います。今日の夜明け前も震度5~6が連発しており、1階が押しつぶされた住宅が増えています。こういう状態が継続しますと、地震時泥棒・火事場泥棒を避ける意味でも、震源地や阿蘇山の周辺の住民の方は貴重品を整理して、家の漏電火事も想定して隠し(避難先での盗難も注意)、数日だけでも他府県、または九州以外の保養地や親戚宅で様子を見ることも参考にしてください。ただ、主要な温泉地も地震と噴火に注意です。三重県尾鷲市の尾鷲漁港で4月15日、幻の深海サメ「メガマウス」が水揚げさました。これが水揚げされますと、ほぼ1ヶ月以内に大地震が発生しています。江戸期の絵画に見られます地震の大ナマズのモデルの魚かも知れません。1 1989年1月23日 静岡県浜松市の海岸で発見。⇒ 1989年2月19日 茨城県南部・最大震度5弱、⇒ 3月6日 千葉県東方沖・最大... 【続きを読む】

無難にする為には想定して置くことが必須条件

2016-04-15 02:17 伊勢ー白山 道
多くの被災者の方々への御見舞と、亡くなられた方々の御冥福をお祈り致します。数年前から「中央構造線」に関する記事を書いて来ました。(http://goo.gl/o5r0ec)昨夜の地震は、中央構造線上のすべての地域が日本列島を縦断するように反応していました。この国土地理院の地図に明記された「中央構造線」上の地名を見て頂ければ分かりますが、非常に霊的に意味深な地域を通過しており、昨夜は地震的に反応しています。諏訪、関東でも揺れています。中央構造線の始まりが、昨夜の大地震の九州中央からです。そして終着点が、なんと鹿島、天津の神様(天津日継神示:アマツ・ヒツグ・シンジ)と成ります。天津の神様が示すスケジュール、( http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/d03d072ca377033e5d91231db52bb1aa )で示されました、* 2015年~2018年の3年間の日・月の祓い(火・水・大地震・火山・・・・)を凌ぎ、* それから2030年までの大峠の12年間(本格的な紛争)を生き残り、* その後の「一から」の9年間を生き延び、* 2039年の日本晴れを... 【続きを読む】

臭いにおいは元から絶つこと

2016-04-14 03:04 伊勢ー白山 道
人間が、色々な色情を根こそぎ無くしてしまうということ。つまり、水面に出た蓮の花を、それが繋がる水中の茎から深く摘み取ったならば、その人は、コノ世とアノ世を往復する輪廻(りんね:生まれ変わり)を摘み取ります。転生が終わります。それはまるで蛇が古い皮をスルッと脱ぎ去るように出来ます。(原始仏典 スッタニパータ 第1章1節-No.2)(感想)私達がサガ・色情・恋愛で苦しんだ場合、それを止めようとか、何とかしようとするのは、その行為の表面を自制するに過ぎません。サガの表面を自制するだけでは、また色々な時に、色々な形で自分のサガが芽を出すものです。誰もが生きる限り、色々な形でこれを繰り返しています。問題は、その繰り返す自分のサガのために、相手から恨まれたり、不倫ならば相手の家族からの怨念を受けたり、または自分の家族を悲しませたりすることで、* 自分が再び転生して、* 一から生まれ直して、それを償う「別の」人生を体験する因果の芽が生じてしまいます。つまり、相手が必ず存在する色情のトラブルとは、輪廻転生(りんねてんしょう:生まれ変わること)を生じさせる大きな要因の1つなのです。他人に苦しい思いをさせ... 【続きを読む】

「本当の自分が許してくれない」ということ

2016-04-13 02:31 伊勢ー白山 道
「怒りを持ってはダメ」と書きますと、「犯罪を受けても泣き寝入りですか?」「子供に怒ると因縁になりますか?」と返って来る。その意味の内容と霊的示唆を汲み取ろうとはせず、「怒ってはダメ」というキーワードだけを犯罪の場合や、教育にも当てはめてしまう人もいます。ただ音声認識ロボのように成っては生けません。やはり常識での判断、思いやり、情緒で物事を受け取ろうとする「素直な」思考が大切です。大切なことは、* 愛情を持って怒ることは、因果には成らないということです。問題は、* 相手を「恨んで怒ること」は、因果に成ります。 「怒り」には正義の場合は必要ですが、「恨む」のはどの場合も自分自身を削り、因果を残します。では、今の自分の怒りは、正しい怒りなのか? 恨みの怒りなのか?これは自分の良心(内在神)が知っています。本当の自分自身が、分かっています。その人の幸運・不運を決めている正体は、自分自身の良心(内在神)だということを知って置いてください。* 本当の自分が許してくれないというのが霊的な真相です。自分の不幸は、霊の憑依や、他人の存在、神的な存在による、と勘違いしている人が大半です。でも、違うのです。... 【続きを読む】

「コノ世の大峠」のサインの正体

2016-04-12 02:12 伊勢ー白山 道
アジアの某K国の動きが気になります。高官軍人の亡命が増えているというのは、煮詰まりつつあるようです。このまま座して終わるのか?ということです。ここで気になりますことは、北の大国Rとも沿岸の鉄道で繋がっていることです。これが大きなカギに成る感じがします。C国とも鉄道や物資の往来は有りますが、米国憎しが本物ならば、K国はC国よりもR国との連携を選択する気がして成りません。K国には意外なことに、世界一とも言われるウラン鉱脈や鉱物資源が非常に豊富だという財産があります。つまりR国にすれば、資源的にも、国土の位置的にも、凍らない港の確保的にも、K国は最高に魅力的な国に成ります。このまま黙ってR国が傍観するとは思えません。万が一、C国ではなくて、R国が動いて北に入った時が、平成の「大峠の始まり」ということです。K国とR国という、北と北極のコンビ同盟が成った時が、非常な混乱のサインです。これはC国も米国も黙ってはいません。C国とR国は、国境を巡って第二次大戦後に核戦争の恫喝までした紛争がありました。それが更にノド元に侵入と成りますと、ただでは済みません。ここで米国の大統領選挙がサインに成るかも知れま... 【続きを読む】

自分を幸せにすることが全体のカギだった

2016-04-11 02:21 伊勢ー白山 道
(質問者)すべての人が幸福になるのは無理だと思うのですが?(世界一質素な元大統領)まず自分自身を幸福にしてください。(感想)これは元大統領が日本の大学生に対して行った質疑応答の会話です。一人一人が自分のことを責任を持って幸せにすることを徹底すれば、その継続は「すべての人が幸福になる」ことに繋がると確かに言えます。ただ、両者の間では「幸福の定義」がまったく違うようです。学生は、物資的・金銭的な意味も含めた幸福を指しているかも知れません。しかし、元大統領にとっての幸福は、「幸せとは人生を愛して憎まないこと」と発言されていますので、両者の幸福には大きな違いがあるようです。普通の人は、常に物質的な観点からの発言ですが、元大統領は常に魂の視点からの発言をされています。ここで話が変わりますが、今朝の啓示に有りましたことは、* これから人類全体で、自分の罪の意識が増幅する振動数の世の中に入って行く。ということでした。どんな悪人でありましても、* こんなアホな事をいつまで自分はするのか?* 昔のあの時のアイツには悪い事をしたな。* やはり、あんなことを自分はするべきでは無かった。という感じで、人類全体... 【続きを読む】

(原始仏典 スッタニパータ 第1章1節-No.1)補足

2016-04-10 02:07 伊勢ー白山 道
怒りをよく持つ者が、再び転生(来生も苦しい世界に生まれ出ること)しなければいけなく成る理由を説明します。まず人が怒るということは、* 怒りの対象(他人)へ悪いマイナス磁気を与えて、他人に見えない傷を与えることに成ります(生霊の意味でも)。* このことは、その自分が嫌いな相手との間に、霊的な貸し借りの借金を増やして行くことに成ります。* 死後は、自分の借金をゼロにする為に、その借金を帳消しにするために因果(貸し借り)を消すような組み合わせに出会う縁の者同士が、自動的に組まれて生まれ出る法則が存在します。* つまり、自分が嫌いな相手ほど、再び来生でも縁ある者同士(または家族)として出会います。* 激しく憎みあって、肉体的にも傷つけ合った者同士ほど、更に深い因縁のために近い身内、または家族・伴侶と成りやすいのです。* 金銭も含めて、大きな貸し借りを残したまま今生を終わった者同士ほど、来生は違う形でも(下の処理を含めた介護をするなど)縁者となり転生します。* つまり、本当に嫌いな相手、二度と絶対に出会いたく無い相手には、自分は怒るべきでは無いのです。再び出会わないために。* 自分が怒りますと、... 【続きを読む】

怒りのコントロールが人生を分けます

2016-04-09 02:03 伊勢ー白山 道
人間は、沸き起こるイラ立ちを抑えることが非常に重要です。それは蛇の毒が全身に回るのを薬草で抑えるかのようにです。それが出来る修行者は、アノ世とかコノ世とかを何度も流転する輪廻(りんね:生まれ変わり)を止めることが可能に成ります。これはまるで蛇が古い皮をスルッと脱ぎ去るように出来ます。(原始仏典 スッタニパータ 第1章1節-No.1)(感想)これを逆の視点で考えますと、* 人が怒るということは、蛇の毒が全身に回るように死に至らしめるということです。自分が怒るごとに、じわじわと寿命を削り、運気を落とし、自分の運命を変えて行くことを知って置きましょう。* 怒りで起こる毒は、今回の人生だけでは無くて、何度も自分が色々な苦しい世界に生まれ出る要因にも成るということです。この項で釈尊は、* 怒りを制する者は、輪廻転生(りんねてんせい:生まれ変わり)をも終わらせる、悟りに導く。と明示されています。しかもそれが、蛇が脱皮するがごとく、簡単に出来てしまう可能性をも示唆しています。つまり、人間が悟る時とは、あれっ?というぐらいに呆気無く、突然に訪れることを意味しています。* 自分の怒りを「明るく」抑制する... 【続きを読む】

幸せに形は無かった

2016-04-07 01:53 伊勢ー白山 道
あるTVタレントさんが、貧乏な時代から少し裕福になって、「あれが叶えば幸福だ」と以前に思っていたことを実現していったが、そこにも別に幸福は無かったと。だから「幸せって何?」と自分に聞かれても、「何が幸せなのかはよく分からない」ただ、振り返って見てなんとなく分かるのは、「幸せって、色々な出来ごとの合間に瞬間瞬間に感じることであって、形に在るものでは無いことが分かって来た」と仰っていました。誰もが「こうなれば幸せだ」と思いがちですが、それは新たな苦労の始まりだったと言えるようです。* 家を持てれば幸福だ!・・・・・実現して見ますと、ローン問題・近所付き合い・家の細部の不満などなど。* 受験に受かれば最高に幸せ!・・・・数日経てば、はたして自分が付いていけるのだろうか?心配で胃が痛い。* 結婚できれば最高に幸せ!・・・・いざ一緒に住み始めると、え?ということだらけで、先が心配。と色々と有るものです。たしかに「幸せの形」を叶えましても、そこからが新たなスタートだったという現実です。つまり、幸せは物事の形には無いのです。私は「しあわせ」と入力変換する時に、「しわよせ」「死合わせ」と誤入力してしま... 【続きを読む】

「成りたいようにならない、成るようになる」

2016-04-06 02:44 伊勢ー白山 道
読者が寺院の掲示板で見かけた格言には、「成りたいようにはならない、成るようになる」という文章が有ったそうです。人間とは、なんと不自由な存在でしょうか。ここで逆の視点で考えますと、待てよこれは「人は成りたいようには、成らないことをわざわざ体験しに来た」と感じます。ここで創造神・神様という存在の立場から考えますと、* 成功体験ばかりを繰り返し、増長慢心する人間を果たして創りたいだろうか?それは面白いだろうか?ということなのです。そんな人間ばかりになりますと、人類は最終的に滅ぶことに成ると予想します。* 人間は、思い通りに成らないからこそ、色々なことを考えようとします。* 望みが叶わないからこそ、色々と手を尽くし、時には頭を打って自分で反省するのではないでしょうか。* 望みが叶わないからこそ、他人のことも「思いやれる」。情け心が分かる。つまり、* 望みが叶わないからこそ、雑巾を絞るように成長が起こり、人類は滅びないのではないでしょうか。* 自分の望みをゴリ押ししないからこそ、他人との共存が可能に成り、繁栄するのです。ここで霊的な解析をしますと。* 「成りたいようにはならない」・・・・これは自... 【続きを読む】

「原始仏典 スッタニパータ」 はじめに

2016-04-05 02:34 伊勢ー白山 道
「原始仏典 ダンマパダ」(釈尊の言葉 Ⅰ)を私なりに柔訳させて頂きましたが、更にもう1つの最古の原始仏典とされます「スッタニパータ」を柔訳して御紹介したいと思います。どちらの仏典も、釈尊の死後から百年以上も経過してから文字に残すことが始められました。釈尊の死後100年間以上は、弟子間による口伝だったのです。だから古い仏典は最初に必ず、「如是我聞」(にょぜがもん:私はこう聞きました)から始まります。この「私は聞きました」とは、釈尊の側にいつも居た十大弟子の一人である阿難(あなん)の言葉を大半が指します。つまりすべての仏典は、「阿難の言葉だった」とも言える訳です。釈尊と阿難の出会いなのですが、釈尊が独立されて世間ではまだ無名の時代の出会いです。小川のほとりで、まだ幼児だった阿難が裸で水辺で村の子供たちと遊んでいた時に、遠方から村に訪れた釈尊が村に入る前に沐浴をしようと水辺に来られました。阿難は、その見ず知らずの若い男性が非常に背が高いことに驚き、また全身が微かに発光していることに子供ながらに惹かれました。男性の顔には微笑みが絶えずありましたので、怖い人では無いと思った幼児の阿難は「遊んで!... 【続きを読む】

これからのカギは素直さ

2016-04-04 02:41 伊勢ー白山 道
千葉県成田市台方の天之日津久神社(あまのひつくじんじゃ)が発光しているようです。境内の神域は、最近に特に整備が進み、地面から光り出す感じを遠地から感じております。(読者が3月25日に撮影。手ブレ写真ではあります)でも、世界は混沌としてテロや紛争による破壊が進むと感じます。しかし、神様の世界はコノ世の数段先の様相が示現する先の世界ですので、小さな麻賀多神社の神域がキレイに成っている「現実」を見ますと、世界の混沌の先は明るく輝く未来が保証されていると思って良いです。結末は、明るいということです。* 正しいモノは、すべて光りだす。* ウソが付けない、水晶の世に成る。* これから、メグリ(因果)の反射が速く成る。と天津の神様は示します。今の世は、まだズルや誤魔化しをする者が大金を得て楽をしているかも知れません。就活も含めて。でも、それが大きな重荷と変わって、その本人にのしかかる反射が段々と早まって行くことでしょう。昭和時代ならば、コノ世で反射を見ずに、アノ世に自業自得を持ち越すという一見は逃げ得だと見えてしまう悪人も多かったです。悪人が世に幅を利かす時代です。これからは、すべてのメグリの反射が... 【続きを読む】

失敗は自分が挑戦した証拠

2016-04-03 02:29 伊勢ー白山 道
数々の事業・イベントを成功させた人が退職される時の最後の言葉を聞いていますと、「失敗は自分が挑戦した証拠である」と発言されていました。「自分は、成功したケースだけが取り上げられて報道されるが、その表に出る倍以上の失敗が実は有ったんだ。だから成功した事例は、その隠れた失敗経験が有ったからこそであり、勘違いをされやすい」という趣旨を言われていました。これは幸福そうに見える他人にも言えることです。その人は実は大変で悲惨な悲しい経験をした上で、今の微笑みを得たのかも知れません。人は、他人の表面だけを見て一喜一憂しています。そして大切なことは、失敗をしても、それは挑戦した証拠だという話です。何もしないままで、成功も失敗もしないままの人生よりも、* 失敗でも良いから、何かに自分が挑戦した経験をすること。* 自分が生きた証拠を残すこと。が大切だということが浮かびます。ニートのままで居るぐらいならば、* 就活して落ちる経験でもして見ろ。* バイトで年下から怒られる経験をして見れば、自分の親の気持ちが分かる。とも言えそうです。魂が生まれて来る意味から観ましても、やはり成功でも失敗でも良いから、何かを経験... 【続きを読む】

無難に過ぎ行くには、事前に知っていることが大切

2016-04-02 01:46 伊勢ー白山 道
(カレンダーの印の意味は、http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/676eccb6fc833dc9875d0d99da2c1b28)三重県南東沖で4月1日午前に地震が発生し、和歌山県で震度4を観測しました。大阪市内では高層ビルのエレベーターが停止するなど混乱が起きたようです。(日本気象協会より引用)昭和の世界大戦中に、これと同じ場所を震源とする大地震が発生しています。1944年(昭和19年)12月7日13時36分に、紀伊半島東部の熊野灘を中心とする震源で発生した巨大な1944年東南海地震です。「昭和東南海地震」または単に「東南海地震」と呼ばれています。1200名を超える死亡者を出した大地震でした。(昭和東南海地震の震源)昨日の震源には、4月1日という「始まりの日」に発生したのも気になりますが、最近の地震とは違う感覚を覚えました。ある意味の自然霊の告知のような感覚でした。この感触が気になり色々と調べますと、和歌山県の深い山中に在ります玉置神社(国常立太神が御祭神)の付近を震源とする前兆が3月31日ありました。(広島大学 微動自動モニタリングシステムAT... 【続きを読む】

最初から、そんなお菓子があると知らないほうが良いのです

2016-04-01 02:19 伊勢ー白山 道
(読者)貧しい国の現地ガイドから、「街の子供たちには日本のお菓子を無闇にあげないでください。もう2度と食べられないと思って悲しくなるから。最初からそんなお菓子が有ることを知らないほうが良いのです」と言われたのです。(感想)とても悲しい話です。* 継続して提供が出来無い物は、最初から上げないでください。* 上げる側にも、他人を苦しませる責任があるのです。という話でしょうか。これは人間の原点のサガ・性に触れている問題です。他の情報を知るほど、他の栄華を自分が一時体験するほど、今の自分自身が辛く悲しく成るとは、何という皮肉なことでしょうか。やはり、人間の悲しさとは、「比較心」がもたらすことに在るようです。これと似た話が過去記事「外から貰うモノは危険」(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/5c8953599d2b6e5f2883bacee36f6c7d)に有ります。戦後に、日本の米軍の進駐軍から高価なタバコをプレゼントされた有名なジャズドラマーは、「1ケースのタバコならば直ぐに無くなってしまう。その後は、いつもの安タバコに戻ることにる。その我慢する辛さは... 【続きを読む】

今の生活の中でも天国を見れますように

2016-03-31 02:48 伊勢ー白山 道
自分の過去の人生の生き方を正しく自己認識して、また、天国と地獄をも体験し、すべてへの執着を滅するに至り、直感力を完成させた聖なる人。自分がするべきことを全て終えた人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-423 最終項)(感想)この項が、「原始仏典 ダンマパダ」の最後の内容です。これをもって、釈尊のお言葉の1つの区切りと成ります。全体を通して改めて思いますことは、釈尊は難しいことは何も仰っていなかったということです。人の生活を中心に置いた内容であり、誰もが知っておくべき「生き方の知恵」を集大成したものでした。これは現代社会における会社員、主婦、学生たち、経営者が知っておくべき内容であり、貴重な人生を「生き切る」ための方法が随所に見られました。2500年も前の人の生活も、今の時代の生活も、人が悩むポイントはまったく同じであり喜怒哀楽に変わりがありませんでした。この項では、(1) 自分の過去を正しく認識すること。(2) 天国も地獄も経験したことがムダでは無い。(3) ワレヨシな欲望・拘りという自我の執着を無くすこと。(4) 正しい直感力を身につけること。... 【続きを読む】

誰もが二度と無い挑戦をしている最中です

2016-03-30 02:47 伊勢ー白山 道
米国FBIがテロ事件の容疑者が所持していた携帯電話の4桁の暗証番号の解除に成功したと発表されました。FBIは携帯電話の発売元Apple社に対して、携帯電話の暗証番号を解除する協力をせよと裁判までしていましたが、Apple社は犯人と言えども個人情報の保護のために頑なに拒否していました。FBIがどうして携帯電話の暗証番号の解除に悩んだかの理由は、番号入力を10回繰り返しますと、携帯電話の内部データが全て破棄されるからでした。伴侶の浮気を心配して、携帯電話の暗証番号を解除しようとして10回も入力してはダメだということです、笑。知ってましたか?しかし、FBIは解除に成功しました。これに協力したのが、なんと日本の電子製造会社の子会社であるイスラエル企業でした。その解除方法は公表されていませんが有力な方法は、携帯電話のケースを開けますと電子部品の中にフラッシュメモリーという携帯電話の全データを一時的に記憶する部品が有ります。これを取り出して、フラッシュメモリーはコピーをすることが可能ですので、携帯電話のコピー・データに対して4桁の暗証番号を総当りで入力を繰り返した方法だと推測されています。ここから... 【続きを読む】

クソ坊主に成れれば大した人です

2016-03-29 02:38 伊勢ー白山 道
あるお笑い芸人さんが、少年・少女のイジメによる自殺について述べたニュースを読みまして、* イジメた犯人や、それを見過ごした周囲の人間も悪いの確かだ。* でも、自殺した生徒が可愛そうや、だけで問題を終えたらあかん。* 一番悪いのは自殺することやで、ともっと報道でも言わないとダメだ。* そうでないと、いじめられっ子は、自分が自殺したらアイツラが周囲から責められて復讐になると勘違いをする生徒が増える。これでは自殺する生徒は減らないから、あかん。* 結局、時間が過ぎればイジメた連中はのうのうと遊んで生きて、何も変わらへん。逆に、生徒に自殺された味方の関係者や家族は、一生苦しんで行くんや。* そうなると最終的には、悩んで苦しんで自殺するやつが一番アホで大損するんやでっていうことを、もっと報道で言って欲しい。被害者が可愛そうだけで報道が終わるから、自殺する生徒は増え続けるんや。このように芸人さんが叫んでいるように私には読めました。私は、物事の顛末、その後のパターン、まで芸人さんが想定していることに感心しました。大きな視点を持てる人です。この芸人さんを観ますと、なかなか興味深いものが浮かびます。以下... 【続きを読む】

色々な始まり

2016-03-28 02:38 伊勢ー白山 道
2016年4月の自然現象を、「月による“中潮”の切れ目」を重視して観察します。天文現象(http://www.astroarts.com/phenomena/2016/04/index-j.shtml)月齢カレンダー(http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20160409120 月齢カレンダー データ提供 http://koyomi8.com/ より)から考えて見ます。* 4月の地球から月への距離の最遠日は、4月22日です。これより5日後は、4月27日です。今週直近の、3月25日も月の最遠日なので、5日後の3月30日を注視します。月の最遠日から5日後を注目して観察します。(月の最遠理論:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4)* 月の距離の最近日は、4月8日。* 月の下弦(4月1日)~新月(4月7日)の期間は「新月期間」(カレンダーの緑色線)であり、その一週間は自分の思いが反射されやすい実現週間 で す。ですからマイナス思考を持つことに注意し、... 【続きを読む】

すべては、自分が一時的に預かっているだけです

2016-03-27 01:51 伊勢ー白山 道
過去にも、未来にも、今も、何も所有せずに、何も持たずに、何物にも執着せずに、自分の為の取り置きをしない人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-421)(感想)それは自分のモノだ、自分の所有物だ、・・・・という思いが強く成るほど、その人は、* それを無くす法則がコノ世に有ります。* それ、が自分の思い通りに成らなく成って行きます。* それが、自分から離れ始めます。それを無くし始めます。このような因果の法則が、コノ世に貫徹しています。ソレ、とは何にでも言えます。恋人でも、家族でも、財産でも、仕事でも、投資でも、・・・・それは自分のモノだ、と思い始めることで自からの束縛・強要・自我(ワレヨシな思い)が強く成り始め、自分自身が段々とその物事から嫌われて行きます。その根底に在ります、「自分のモノだ」という横柄な思いが、すべての関係を水面下で破壊して行きます。しかし、コノ世で暮らすには、自分の住まいも必要ですし、自分の服も靴も必要です。自分の子供は、どうしても我が子だと強く思ってしまいます。夫婦ならば、相手の隠れた行動が気になるものです。では、どうすれば良いの... 【続きを読む】

今の人類は、恥ずかしくて見られない昔の自分の写真と成る

2016-03-26 02:25 伊勢ー白山 道
海外のニュースによりますと、大手のソフトウェア会社によるインターネット上で一般人らと会話をしながら発達する、人工知能(AI)の開発実験を中止したとのことです。その理由は、偏った思想の持ち主やイタズラ好きの投稿者とツイッター上で人工知能が会話を重ねるうちに、差別的な発言を繰り返すように人工知能が人間により洗脳されてしまったとのことです。その結果は、歴史上の大量殺戮者でも正しいと肯定するように人工知能が成ってしまったとのことです。もし近年の進化が凄まじい「無人の」軍事兵器(爆撃機・戦艦・ミサイル・・・・)などが洗脳された人工知能により操縦されますと、人類を地球を汚す異物として攻撃することも有り得ます。人間の場合は、偏った思想のニュース番組を見ましても、* 変わった人がいるものだ。* そんな大げさな。* 特定政権だけを非難した不公平な報道だ。という、報道の意図とは逆の思考を多くの人々が持ち分かるものです。冷静に分析してニュース番組自体を笑って見ている人が大半です。選挙結果を見ましても、偏った報道がされるほど違和感・恐怖を感じて逆の結果を呼んでいます。でも人工知能ならば、報道の内容を「データ」... 【続きを読む】

自分が安心したいが為に他人を怒らないように

2016-03-25 02:37 伊勢ー白山 道
受験の結果が出て終わり、これからに向けて悲喜こもごものご家庭があることでしょう。先日も高級ホテルに打ち合わせで呼ばれて行きますと、隣のテーブル席のご家族は、大学受験に合格したお祝いの家族旅行のようでした。でも息子さんは、友達の誰々は合格旅行が外国の◯◯だとか、そういう例をうらやましそうに言っていました、笑。地位の有りそうなお父さんでしたが、昨今の海外事情から国内旅行を家族の場合は選ばれた感じでした。私の仕事関係者の息子さんも有名国立大学に今春合格しましたので、ご家族と食事を共にする機会が有りました。その息子さんは、昔からなかなか面白い視点が有る子供さんでした。高校は私立の進学校でしたので、クラス分けが校内試験で厳格にされていましたが、1番目のクラスへ振り分けがされそうになりますと、あえて最後の試験を休んだり、手を抜いて2番目のクラスにわざと留まるという作為をするような生徒でした。この時の親は怒っていました。意味不明なことをする奴だと非常に心配して怒っていました。その頃に私が息子さんと会話して分かったことは、* 1番目のクラスは、息子さんが聞くにはムダで膨大な宿題が多くて、あれでは自分の... 【続きを読む】

人生を決めて行く・ing 大切な要素

2016-03-24 00:17 伊勢ー白山 道
ワレヨシな欲望を無くして、正しく生きる人。そういう人の未来の行き先は、神々も眷属神(けんぞくしん:半神半獣であり強い霊力を持つ)たちも、知ることが出来ない。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-420)(感想)これと同じことを、明治時代の占術の大家・高島 嘉右衛門(たかしま かえもん )も言い残しています。* バランスの良い粗食と、少食を心がける人間。* 正しい信仰を持つ人間。* 正しく生きようとする人間。このような生活をする人間を占いますと、* 占術の卦(け)が出ない。* その人の占術は、必ず外れる。未来が読めない。と発言しています。初代の高島氏は、「占いは、売らない」占いを商売にしてはダメ。人助けのみに無料で使用すること。を言う富裕な大実業家であり、百発百中の占術をしたエピソードが有ります。釈尊はこの項で、「ワレヨシ・自我の欲望を無くして正しく生きる人の未来・運命は、神々でも分からない」と発言しています。運命が改善されて、未来が変わって行くからです。これは逆に言いますと、「ワレヨシな欲望の強い、間違った生活でも平気な人の運命・未来は、読める。決ま... 【続きを読む】

人類の自我の流れ

2016-03-23 02:26 伊勢ー白山 道
(カレンダーの印の説明は、http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/b3fe7a2bdee775ac2184800e20a27436)「ヨーロッパの首都」とも呼ばれますベルギーで連続テロが発生しました。ベルギーには、EUの本部が置かれています。兄弟国である隣国のルクセンブルクは、世界一の金持ち国家であり、陰の金融の支配者、世界のフィクサー(黒幕貴族)が潜む国とされます。その伝統と格式・歴史、プライドは後発の英国を凌駕しています。つまり、ベルギー、ルクセンブルクから見ますと、英国であっても海の向こうの寒い僻地・島流しされた民、軍事の海賊国というのが内心かも知れません。今回のテロがフランスに次いでベルギーで発生した意味は非常に大きく、現代の経済社会・文明への布告・挑戦だと言えます。ただ、注意しなければいけないのは、中東のテロ集団に見せかけた、名前を借りた、テロの可能性も提示して置きます。犯行グループがタクシーを「わざわざ」使用した報道がありましたが、いかにも犯人は俺だぞと言わんばかりです。タクシーの出発点の家には、犯行グループを示す証拠が多数発見されていま... 【続きを読む】

ダメならば、ダメの中も楽しんで見ること

2016-03-21 01:56 伊勢ー白山 道
誰もが自分自身(本当の自分)を納得させる為に生きているのが人生だと感じます。でも、多くの人は、周囲の人間から評価されることが人生の目的のように思ってしまっています。* 生きていても「虚(むな)しさ」が付きまとう。* 何をしても「面白くない」。* 夢も希望も持てない。このように思ってしまう人は、* 心の深層では他人と比較する基準で生きて来た。* 他人の視線の為に生きて来た。* 自分自身を納得させることが出来れば、どんな状態でも満足と幸福感が「来る」ことを知らない。ということを感じます。とても勿体無いことだと思います。真実は、自分が存在していることが、それだけで凄いことであり十分なのです。でも、自分なんて、居ないほうが良いと思ってしまう人もいます。これでは運気(運命)は上がりません。何と、自分の足を引っ張る犯人は、常に他人と比較している・ing自分自身なのです。誰もが、いつか必ずコノ世を去る命です。必ず去る今回の自分ならば、今の生活の中でも楽しもうと思いましょう。自分を納得させるまで、何かに打ち込んで見ましょう。生きている限り、すべては変わって行きます。誰にでも良い意味で激変するチャンスが... 【続きを読む】

誰もがいずれ必ず死ぬ存在であることを忘れなければ、もっと優しく成れます

2016-03-19 23:38 伊勢ー白山 道
人々や、生き物たちの生死(せいし)を常に思いやれる人。嫌なことへの執着をしない人。より良く生きようとする人。よく見聞きして色々なことが分かっている人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-419)(感想)私たちは社会で生きていますと、色々な人間がおり、色々な出来事に遭うものです。自分自身が、嫌で辛い目に遭わされることも有るものです。幸せそうに見える人でも、コノ世に生きている限り色々な嫌なことが必ず有るのです。ただ、そのようには見せないだけです。実際には、不幸そうに見える人よりも幸福に見える人のほうが、より大きな不幸に遭ったことが有る人かも知れません。どうして不幸な経験をしたのに、不幸な経験をしている最中なのに、幸福そうに見える人がいるのでしょうか?それは、* 不幸の中でも生死に関わるほどの本当の厳しい不幸を乗り越えたからこそ、* その人は逆に日常の「有り難さ」に気付けたからだと、私は思うのです。そこで、この項の最初に「人々や、生き物たちの生死を常に思いやれる人」と明記されています。つまり、生きていますと誰にも、嫌な人、腹が立つ他人が居るものです。でも... 【続きを読む】

年に2回のチャンスの日

2016-03-19 01:25 伊勢ー白山 道
(カレンダーの印の意味は、「無難にして行くこと」を参照)3月20日は、春彼岸(はるひがん)の中日であり、太陽が真東から昇って真西に沈むという昼と夜の長さがほぼ同じになる「春分の日」でもあります。太陽が中立・中道に位置する記念日でもあります。【 春彼岸 】 3月17日:彼岸入り3月20日:彼岸の中日(=春分の日)3月23日:彼岸明け霊的には、太陽が中道のゼロ・ポイントに入る為に特殊な重力バランスが働き、先祖に感謝をしますと自分の思いが通じやすい日と成ります。コノ世の波動で妨害されやす通信状態が、春分と秋分の日は緩和されて、思いが通じやすい日と実際に言えます。だから、お墓参りに行けなくても、明日20日は生活しながらでも「自分の希望」や「新たに誓うこと」を「思う」ことは、霊的に通じやすい通信状態の日だと言えます。祈願するよりも、日常生活の中で淡々と思うことが、非常に強く未来に作用し形成します。人間がコノ世に生まれて来る大切な目的のに、(1) 不自由なことを体験し、その中で真の自由を獲得すること。(2) 思い通りに成らないことを体験し、それでも愛情や慈悲(情け心)を自分が得ること。このような大... 【続きを読む】

代理の道具に成ることを拒否できるのか?見ものです。

2016-03-18 02:23 伊勢ー白山 道
米国の大統領選挙の模様を見ていて感じましたことは、米国の国家の安全保障という問題でした。権限が大きい大統領と言えども、その任期は4年~8年のものに過ぎません。その短期間の個人に、本当に国家の安全保障の権限のすべてを「選挙だけで任せるのか?」ということなのですが、その答えはNOだと感じます。やはり何十年も色々な国家機関で働く人間が多数存在しており、その代表者たちの奥に、更に陰に隠れた国家の為に動く部隊と金融資本が存在することを思います。ケネディ大統領が暗殺された悲劇が歴史に新しいですが、彼の悲劇は、(1) ケネディ大統領が金持ちだったことが関係するということ。つまりは、金銭で懐柔されることを拒否した初めての大統領だったのかも知れません。米国では、公的に選挙資金を何百億円でも集めることが許されています。その中には大口寄付のスポンサー的な人々が存在する訳です。もちろん、色々な要望を聞かされることでしょう。ケネディは、自分が金持ちだった為に、大口スポンサーの言うことを拒否・無視したこと。(2) 色々な国家秘密、特に宇宙に関することや、戦争に関することを国民に話すと示唆したこと。この2点が浮かび... 【続きを読む】

自分の感情の公平性を疑うことも大切

2016-03-17 01:44 伊勢ー白山 道
快感であるとか、不快であるとか、そういう感情を捨て去り、軽やかに清らかに生きる人。何事にも執着せずに、コノ世のどんな刺激にも負けなかった凄い人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-418)(感想)人間は、自分の幸福感とか、それが嫌だとか、あの人が嫌い・好き、などという自分の感情を疑ったほうが良いと感じます。* それは本当に正しいのか?* 公平なことなのか?を冷静に見る必要があると思います。間違った感受性は、自分の運命を大きく変える可能性があります。本当は凄い幸運が目の前に在るのに、自分の間違った感受性がそれを捨てているかも知れません。例では、今は凄く幸福な生活をしている夫婦でも、初めて会った時のお互いの印象は、「なんだ、この人は。変な人かも知れない」と思った夫婦もいるものです。そのまま拒否をして終わって行くカップルが大半かも知れません。でも、親の意見も聞いて会って行く内に、「あれ?意外にも悪い人では無いかも」と変化し、その後に色々な相性が最高であることを確認し、幸せな結婚生活をしている夫婦もいます。最初に出会った時の自分の感情を思い出しては、「ああ... 【続きを読む】

幸運によるテロ対策

2016-03-16 02:21 伊勢ー白山 道
平和な日本ですが、水面下では暗雲の躍動、テロ活動に注意しましょう。アジア周辺国の動きが抜き差しならない時期に入りつつあると感じます。「貧すれば鈍する」やはり、経済的な死活問題・苦境が、国家に判断を誤らせる引き金になると思います。昭和時代は、学校では裕福な家の子供がイジメに遭うことがありました。自分が苦しい状況だと、人間のサガとは裕福そうに見える他人に向くことがあります。日本が世界の舞台でも非難されるのは、裕福そうに見えて腹が立つ、という側面が根底には在ると思います。日本を叩けばホコリが出るのでは無くて、「お金が出る」という勘違いをされているのかも知れませんね。しかも、国会で「日本、◯ね!」という例をネタに連呼されましても、それを冷静に見ている国民の意識調査では、逆に現政権の支持率が上がっています、笑。やはり子どもや孫を日本で育てるしかないのですから、自分が住む日本がダメに成る「言霊」を喜ぶ日本人はいないでしょう。内心は、不快感を覚えた人が多いようです。老子が言う、「すべては逆に成る」は、どこまでも貫徹するようです。そうなりますと、ますます日本の平和を壊そうというテロには警戒しましょう。... 【続きを読む】

「切り取り」に注意しましょう

2016-03-15 02:14 伊勢ー白山 道
A政治家が、「選挙に勝つためには何でもする、ようなことはしては生けない」と言えば、報道ではなぜか、「A政治家は、選挙に勝つためには何でもする」と、切り取りテロップが放送されたようです。つまり、言葉の一部だけを切り取れば、真逆の意味に当然なるわけです。言葉の「切り取り」とは、悪意があれば本当に恐ろしいものです。駅で販売されるスポーツ新聞が折った状態で見える見出し文字は、非常にスキャンダラスで衝撃的な文章が目に付くようにされています。それに釣られて新聞を購入して広げて見ますと、「?」が最後に付いていて騙されることがあるものです、笑。これはスポーツ新聞も半分ギャグでしていることです。これも文章の切り取りを駆使したテクニックです。この切り取りは、日本だけではなくて国際舞台でも最近に有りました。「天皇は男系男子だけが成るのは女性差別だ!」と言ったとか言わないとか・・・・。これも2500年にもわたる民族の伝統を無視して、「男子が成る」という言葉の切り取りだけに騙されています。こんなことは冷静に成れば、「ローマ法王に対して、女性のシスターを法王にせよ」と天下の国際機関が進言できますか?という問題と同... 【続きを読む】

先祖供養の仕組みの整理

2016-03-14 02:49 伊勢ー白山 道
(読者)ここ数日の読者さん達からの質問が相次いでいる「寄り代に依る霊の数や、線香が届く先」等について読みながら、もしかしたら(1)「(供養の場に)寄る」と、(2)「(煙や思いが)届く」という2つのことを、同じものとして混同されている読者さんも一部おられるための疑問ではないかと、ふと思いました。。。。。これは非常に重要な指摘です。これには明確な違いがあります。基本的に、供養は個体を特に意識せずに諸霊全体に対してするものということで、「寄る」「届く」ということさえ、実の所そんなに気に留めなくても良いことは、ふまえた上で、質問いたします。私自身は、「(供養の場に)寄る」と「(煙や思いが)届く」は、厳密には違う様相で解釈しておりました。(1)の「寄る」は、霊体から供養の場に行きその場に一時的に滞在して煙による安心を「直に」得るイメージ。ここでいう供養の場とは、寄り代と線香が焚かれている1メートル以内ぐらいの現実界でも物理的に限定された、供養台近辺のことです。。。。。そうです。霊界には行けていない、縁ある先祖と縁者の霊が、ヨリシロ霊位の在る場所に寄ります。コノ世とアノ世の中間層、幽界に滞在してい... 【続きを読む】

悪人正機(あくにんしょうき)。どんな悪人も真に後悔して泣けば救われます。

2016-03-13 02:12 伊勢ー白山 道
コノ世の色々なハンディを抱えながら、困難な道を渡り、繰り返す輪廻転生(死後)や物事へ心配する気持ちを乗り越えて、冷静に物事を静観し、激昂すること無く、自分に怪しい行動が無く、何事にも執着せずに、その上で安心している人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-414)(感想)この項を読みますと、2500年も前の人々もまさに、* 色々なハンディを抱えながら、* 険しい人生を歩き、* 生まれ変わりや、死後の状態、霊や見えない事を心配する。このような生活を送っていたのです。今の多くの人々とまったく同じなのです。そのもろもろの上でも、* 最終的には安心しながら生活する人が、最高の人間だ。と釈尊は示します。何が有ろうとうも、子供がグレても、仕事がダメでも、それでも心から安心して生活をする人が、コノ世の真の勝利者だと言えそうです。お金持ちでも、常に心配しながら生活をする人が多いです。これではダメなのです。どんな苦境でも、すべてがコノ世だけでの状態なのです。必ず過ぎて終わって行きます。アノ世で自分が死後の状態を体験しますと、コノ世での苦しく、嫌な物事、理不尽な災難、・... 【続きを読む】

母は強し

2016-03-12 02:19 伊勢ー白山 道
昨日は東日本大震災に関する放送を合間に見ました。その中でも印象に残った母子の話があります。幼稚園の送迎バスが津波に呑まれ、その後に発生した延焼火災により女児児童を亡くされた母親の証言でした。焼けて変形したバスの中から発見された我が子の大きさは、遺体が焼けたために、園児にも関わらず生まれた時の大きさに戻っていたそうです。コノ世に生まれた時の大きさに戻っていた我が子は、火災のために真っ黒に炭化していたのです。履いていた靴の特徴だけがわずかに焼け残っていたことにより、その遺体が我が子だと確認した母親は、あまりの愛おしさにためらわずに御遺体を抱きしめたとのことです。男性ならば躊躇したかも知れませんが、母親の果てしない愛情の強さを思います。抱きしめた我が子は、炭化していたために腕の中でぼろぼろと崩れたとのことです。何という地獄でしょうか。現実の凄まじさとは、やはり本当に悲惨です。生前の写真の中で笑う女児は、本当に可愛らしくて賢そうな子供でした。まるで天使が、多くの人間に教訓を教えるために、天から派遣されて来たような崇高な笑顔をされていました。妹の面倒を良く見る姉でもあったようです。唯一の救いは、... 【続きを読む】

愛情がすべてを清めて行きます

2016-03-10 02:48 伊勢ー白山 道
明るい夜の満月のように、清らかに澄み渡り、曇りが無い人。自我が欲する欲望の行いが枯れた人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-413)(感想)「欲望の行いが枯れた人」・・・・これは若い人間には難しいことです。むしろ若い時から枯れることが、人間として良いことなのか?という問題があります。しかし、「清らかに澄み渡り、曇りが無い人」・・・・これは子供であろうが、青年であろうが、老人でも、人間として大切なことでありますし、このような御方が年齢を問わずに居るものです。人間はどうすれば、「明るい夜の満月のように、清らかに澄み渡り、曇りが無い人」に成れるのでしょうか?子供の時は心に曇りがなかったが、社会の中で暮らす内に心を曇らせて行く人が多いものです。では、人は、苦しい環境や不幸な問題が有りますと、心を曇らせていくのでしょうか?しかし、どんなに苦しくて厳しい環境で育ちましても、心が清らかで曇りの影の無い人はおられます。ただ言えますことは、* そこに愛情が有る生活があったか?* 愛情を受けて育ったのか?これが貧富の差も超えて、その人の心の清らかさ、素直さ、曇りの無... 【続きを読む】

未知を知るほど、日常生活の大切さが分かります

2016-03-09 03:15 伊勢ー白山 道
海外のネットニュースを見ていますと、太陽の周囲には常駐する巨大な人工物体が周回していることが、ロシアもNASAも含めて定説のようです。(例:https://www.youtube.com/watch?v=FF29cYYH4Qw)その大きさは、地球よりも遥かに大きな物体も観測されているようです。これは何なのか?と考えて浮かびますことは、「太陽の熱を利用した発電所」のようなものを感じます。地球上での太陽光発電は、天候の影響をもろに受けて夜間もだめです。もしこれを太陽の周囲で周回させることが出来ますと、こんなに効率の良いことはないでしょう。しかも、発電した電気・エネルギーは、電波で離れた場所に送電できることが、今の地球の技術でも可能です。宇宙を知らないのは、人類だけのようです。宇宙には、はるか昔からの先輩たちが存在します。日本神話の天孫降臨も、おとぎ話に思う人が大半ですが、真実の描写です。これには2つの比喩が隠されており、(1) 火星文明 ⇒ 地球への飛来 ⇒ 今のエジプト~メソポタミアの地域で文明の再興。ここで色々な文化の勃興と衝突が起こり、古代イスラエルから「東の最果て」に向けての旅立ち... 【続きを読む】

リピート再生を止める

2016-03-08 02:22 伊勢ー白山 道
今週の金曜日3月11日で、東日本大震災から丸5年が経過します。色々な番組で3・11大震災の特集が組まれており、決して忘れない意味でも良いことだと思います。カレンダーに印はしていませんが、3月11日は、午後から防災意識です。* 亡くなれた多くの被災者たちを忘れないことが、供養に成ります。* 大震災を思い出すことが、再発を抑えるための抑止の力が働きます。大難を小難・無難へと変えます。昨日の記事を書き終えた時に感じたことは、* 東日本大震災が発生する前の雰囲気のパターンとの共通点が少し有る。ということでした。そこで、昨日は3月7日なのですが、2011年3月7日にはどんな過去記事を書いたのか見ますと、「備えあれば心配なし」(2011-03-07 12:04:35)でした。大地震の発生直後に、まだ内密にされて非公表の段階で放射能の空気公害への注意を書いたのですが、風評被害という名の非難と指導を恐れて、記事やコメントを消したり書き直したことを懐かしく思い出します。リアルタイムで読んでいた読者は、今でも記憶しているかも知れません。考えて観ますと、陰陽「五」行論から解説しますと、5周年、丸5年とは意味... 【続きを読む】

「考えるな、感じるんだ」から「考えるな、自分で行動するんだ」へ。

2016-03-07 03:06 伊勢ー白山 道
ブルース・リーの有名なセリフに、「Don’t think. feel!」があります。「考えるな!感じるんだ!」ということです。映画では、この先のセリフが、「It’s like a finger pointing away to the moon. Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.」人が、「あそこに月があるぞ!」と夜空に向かって指を指しますと、周囲の人は「え、どこどこ?」と指と、指が指す方向ばかりを見て月(真理・目的のモノ)を探そうとします。しかし、夜空に雲が多くて、月が隠れて見えない時も多々あるものです。まるで、真理のようにです。月を見ようと夜空を見上げましても、人は他人の指と、指が示す方向ばかりを見ようとして、自分自身で月を探そうとはしないものなのです。同じ夜空を見上げる人の中でも、月を自分で見つけられる人と、いつまでも他人の指を見ようとする人に分かれます。ブルース・リーは、「他人が指し示す指ばかりを見ようとするな!自分で指の先を探そうとしなければいけない!最初の指は、だ... 【続きを読む】

自分の生活・行為が脳の正体だった

2016-03-06 01:56 伊勢ー白山 道
(読者)思考を選べないという過去記事は、何度も言うが頭を殴られたような衝撃でした。「自由ではない」ということに腹がたった(笑)。よくよく心を観察 すれば事実だと愕然とする。質問に「どうして私は、こう思うのでしょうか?」という言葉を見るたびに思考の奴隷だと感じる。でも、選ぶ、選択は出来ると確信しています。それには、思考、想念に「気付く」ことが絶対だろう。気付いて流せば影響されずに、心を開いて受け止めれば昇華が起こる。(感想)とても良い指摘です。ここで思い出して欲しい過去記事があります。1つめの過去記事:「神様には主語が無い」(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/b44f42a1f94f7c806abba1dc2acac1c3)「脳科学的には人間の脳は、自分が思っている内容の「主語」「主人公」が誰を指すのかを理解が出来ない可能性があるようです。つまり、自分の自我の意識が相手を特定して、「○○さんが悪い」「○○さんは酷い人だ」と非難したり、罵倒したり呪ったりしていますと、自分の深層意識では主語を「区別しない」性質のために、他人を罵倒しているつもりが結局... 【続きを読む】

必ず過ぎて行くことに負けないように

2016-03-05 02:42 伊勢ー白山 道
コノ世の幸福とか不幸だとかに、こだわらずに生活する人。色々な問題が有っても、心配せずに生活する人。清潔で心身を清らかに生活する人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-412)(感想)同じ人類でありながら、日本での最低の生活は、それでも某他国の最高の生活かも知れません。日本では毎日、まだまだ食べられる食料品を何十トンも廃棄しています。某国の人々がそれを見れば何を思うのでしょうか。つまり、人間の幸福と不幸の感覚とは、* 有って無いようなモノ、* 場所で変わるモノに過ぎないこと、* 個人的な幻想であること、とも言えます。老子ならば、幸福と不幸の価値観について、きっとこう言うことでしょう。「川の流れには、同じ1つの川でも澄んだキレイな水流の場所もあれば、濁った汚い流れの箇所もあります。その川を表現する時、その川のどこを見て評価をするのでしょうか?ただ言えることは、キレイな水流も汚い水流も、常に流れていることです。常に変わるものに、一喜一憂した評価をしないのが良く、眺めていることが大切です」このように老子は言いそうだと感じます。釈尊が言われますように、コノ世... 【続きを読む】

自分のパターンに気付けば解放されます

2016-03-04 02:21 伊勢ー白山 道
昨日3月3日「3月3日のパターン分析」は、やはり日本も宮崎県の震度4を始めとして揺れました。無難に経過して良かったと思います。しかし、今日の「長潮」、明日の「若潮」も注視します。生活の中でも「嫌な潮目」・・・とよく使用されますが、本当に海の潮目は地球の全体にも、人間にも影響をしている感じがします。結局、今日3月4日~15日まで、連続して注視期間だと思います。でも、中程度の規模の感じです。安心してください、笑。人間もパターンの繰り返しが人生に多いです。ある人では、人生のすべてが最後までパターンに縛られたままの人もいます。繰り返すパターンの束縛から解放されないまま、人は終わって行くことが多いのです。どうしてなのでしょうか?これについて、近代ロシア最大の神秘家・グルジェフは明確に断言しています。* 99%の人間は寝たまま生きている。目覚めていないからだ。* 従って大半の人間は、目の前の現象に反応するだけのロボット人間だ。(ヒトラーも予言しています)* ロボット人間は比喩や冗談では無い。太古の人類は、背骨の尾てい骨に埋め込まれた「クンダバッファー装置」により、月から自在にコントロールされていた... 【続きを読む】

自分自身の再生するパターンを認識しておくことが重要

2016-03-03 01:53 伊勢ー白山 道
インドネシア・スマトラ島の南西沖で3月2日(日本時間同9時49分)、マグニチュード(M)7.8の強い地震が起きました。先日の記事「無難にして行くこと」(2016-02-29 12:06:34)におきまして、「今日の時点で、すでに「3月3日のパターン分析」は日本から外れていると思っています。無難に過ぎ去ることでしょう。その代わり、アジアの大陸部に、パターンの発生が起こらないか注視しています。特にダムが存在するような地域です。」と書きました。すると昨日のインドネシアの地震は、非常に微妙な中間の位置に発生したに過ぎないと思います。この地震により、先日のニュージーランド発のパターンの周期性の地震の大半が昇華されたと考えますが、* まだ北上する可能性を考慮して、静観したいと思います。「3月3日のパターン分析」の記事で書きました、過去の周期性のパターンを見ますと、* 2011年2月22日: クライストチャーチ大地震。マグニチュード6.1発生。* 18日後に、 * 2011年3月11日: 東日本大震災の発生。*2015年4月24日にもニュージーランドでM6.3の地震があり、この時に、18日後に注意と... 【続きを読む】

本当の自分を納得させる生き方が大切

2016-03-02 02:12 伊勢ー白山 道
多くの人を観ていますと、「他人を納得させる為の生き方を、知らない内にしている・選択している」「だから自分が悩む」という実相を感じます。本当は誰もが、「自分自身を納得させる為に生きることが大事」「本当の自分が "もう、これでいいや" と思えるまで努力をすることが大切」このように感じます。他人の視線のために生きるのでは無くて、自分自身を見ながら、自分を見詰める視線で生きることが悟りにも通じます。「本当の自分を納得させる為に生きる」ことの重要性を知らない人が多いです。しかし、本当の自分とは、そう簡単には納得してくれません。許してはくれないのです。西郷隆盛さんの死に際の最後の言葉は、「もう、これで良か」「この辺で良か」だったと言われています。自分の良心に従って、やれることを真からやり切った御蔭で、本当の自分自身から「これで良か」と許しの言葉が出たのです。転職や離婚で悩む人が多いですが、自分から「もう、いい」「もう十分だ」だと、「明るく」思えるまで努力をすることが大切です。怒りの感情で「もう十分だ」「嫌だ」と思う内は、まだダメです。転職することを心配する間は、まだまだ「本当の自分は許してはいない... 【続きを読む】

愛情さえ有れば、すべてを創造して行きます

2016-03-01 02:12 伊勢ー白山 道
昔に活躍されたお笑い女性芸人さんの今の生活を追跡した番組を見て、子育てについての示唆と安心を覚えました。今から30年ほど前に非常に売れていた女性は、その全盛期に突然「休みま~す」と宣言して単身でアメリカに行かれます。米国NYでも、その物おじしないぶっ飛んだ芸風のまま奇抜なファッションで路上パフォーマンスやライブを繰り返していました。ある意味で本当に自我のネジが飛んだ稀有な人かも知れません。そうする内に、同じく超奇抜なファッションで演奏するロックのギターリストと出会います。女性は相手を一目見て直ぐに、「あ~、私この人と結婚するんだ~~」と勝ってに思い込みます。そして出会って三日目に自分から求婚します。すると、イケメンな相手も直ぐに同意します。今では多数の子供たちが無事に生まれ育ち、それぞれ美男美女の成人前後の優秀な勉強する子供たちでした。子供の一人が絵かきに成りたいから、大学を出て就職してから画家を目指すと親に相談しますと、親である女性は、「そんな保険を作ることを考えるな!初めから画家に成ればいいんだよ。貧乏なんて関係ない」と言い切ったそうです。やはり根っからの凄い飛んだ御方です。でも子... 【続きを読む】

無難にして行くこと

2016-02-29 03:06 伊勢ー白山 道
2016年3月の自然現象を、「月による“中潮”の切れ目」を重視して観察します。天文現象(http://www.astroarts.com/phenomena/2016/03/index-j.shtml)月齢カレンダー(http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20160309120 月齢カレンダー データ提供 http://koyomi8.com/ より)から考えて見ます。* 2月の地球から月への距離の最遠日は、2月27日です。これより5日後は、3月3日です。更に、3月25日も月の最遠日なので、5日後の3月30日を要注視します。月の最遠日から5日後を注目して観察します。(月の最遠理論:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4)* 月の距離の最近日は、3月10日。* 月の下弦(3月2日)~新月(3月9日)の期間は「新月期間」(カレンダーの緑色線)であり、その一週間は自分の思いが反射されやすい実現週間 で す。ですからマイナス思考を持つことに注意し、特に... 【続きを読む】

既に中に居るのに気付けないだけ

2016-02-28 02:41 伊勢ー白山 道
何事にも、こだわらない人。悟りたいという思いも終わっている人。物事に疑惑を持たず、有りのままを見る人。生死という心配も超えた人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-411)(感想)これを読みましても、「ごもっともです」「ああそうですか」「私には無理です」と多くの人が思われるでしょう。でも、これは本当に難しいことなのでしょうか?普通の多くの人が、「もう、それでいいんじゃん」「悟りなんか関係ない」「そういうモノ(人)なんでしょ」「死の心配なんかしていない」という感じで、社会の中で普通に暮らしているものです。あれ?これは釈尊の上記の言葉と同じではないでしょうか。多くの人々が、すでにゴールに達して暮らしています。これは何が違うのでしょうか?これと似たことを老子も言っています。「人間が、社会で成功を極めた真の大社長が至る最後の姿は、原木のような純朴・純真な人間なのです。従って、初めから純朴な人間が居れば、その人は貧乏でも社会の真の成功者なのです」(「人間は純朴さが大切」http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/e784f41... 【続きを読む】

自分の心中に真の幸福が在ります

2016-02-27 01:27 伊勢ー白山 道
今朝は、ふと禅僧・良寛さんのことを思い出しました。良寛さんは、衰弱が始まった頃に「この際、何かコノ世に心残りがありますか?」と問われますと、良寛:「死にとうない」「では、辞世の句(お別れの俳句)はありますか」という問いかけには、良寛:「散桜(ちるさくら) 残る桜も ちる桜」と答えたという伝聞が、評論家により残されています。この言葉の真偽は不明ですが、良寛さんが「いかにも言いそう」「言っただろう」ということで伝わっています。「散って行く桜も まだ残る桜も 両方共にいずれ散る(死ぬ)桜にすぎない。」まさに人間同士も他人を見ては、喜怒哀楽を繰り返しています。コノ世を苦しんでいる人ほど、他人を見て比較している人だと言えそうです。自分自身を見ずに、他人を見て比較してはドンドン自ら苦しみ、自分をけなし、自らを病気にさせています。せっかく自分が持つ大金で(自分の善徳貯金)で、自分が借りることが出来たレンタル自動車(先祖から借りた肉体。必ず返すべきもの)、を自分で運転しながら、乱暴に扱いメンテナンスもせずに、こんな車はダメだ、アノ自動車が良い・乗りたい、と文句ばかり思っているのが人間だといえそうです。... 【続きを読む】

止まるのも良いこと

2016-02-26 02:15 伊勢ー白山 道
去年から暴走車による事故が継続しています。老人によるアクセルの踏み間違いの暴走、薬物による酩酊状態での歩道暴走、癲癇や心臓病などの急病による暴走、などなどの暴走車による死亡事故が跡を絶ちません。被害者の方々のご冥福をお祈り致します。私は過去に1度、都会での事故に間一髪で合わなかった経験があります。仕事が終わった翌日に都市部のホテルから自動車で帰路に向かいました。ホテルの駐車場を出る時に、* ブルっと寒気がしました。これを冷静に自己分析して、「事故に注意」のサインだと感じました。走り出して1分もしない内に、左後輪がパンクしている感触を思いました。都会の交差点の20mほど手前にたまたまあった路肩スペースに車を止め、降りてパンクを確認するという行為をしました。周囲の自動車の運転手からの視線を感じながら、タイヤを確認しますと異常はありませんでした。再出発をするために自動車が途切れるのを待ち、大きな交差点を通過して無事に帰路につきました。その夜のニュースを見ますと、まさにその都会の同じ交差点で暴走車による死亡事故が報道されていました。しかも、私がちょうど通過した時間帯だったのでした。都会の喧騒に... 【続きを読む】

誰もが観音様に成れます

2016-02-25 00:35 伊勢ー白山 道
犯罪者の心理には、* 被害者への思いやりを全く持てない。そもそもが、他人に配慮が出来ない。* 相手の立場になって考えることが出来ない。という心の問題を感じます。こういう考えでは、まず普通の職業には就職が出来ません。特にサービス業には無理です。逆に言いますと、真面目な人なのに仕事が継続しない、職場で無視される人は、* 他人(お客様・同僚たち)への配慮を特に意識すること* 相手に思いやりを持つことこのようなことを日々新たに思い直すことが、職場への順応を援助する力に成ると感じます。* 職場では、自分だけ、のことを考えている社員は直ぐに目立ちます。やはり周囲から人が離れていきます。しかし、本人は、* 自分は被害者だ。* 相手の問題であり、相手が悪い。と思うかも知れません。または難しい心理的な病名を探し出してきて、* 自分は~~という病気だから仕方がない。と反省せずに、自分だけの世界に邁進するかも知れません。やはり、これではダメなのです。思いやりがありませんと、他人とすべてを共同生活をすることになる結婚などは、更にうまく行くはずがありません。思いやり力が無いと、子育ても非常に難しいものです。つま... 【続きを読む】

見える行動・陰での見えない行動、両方がそろうまで挑戦は続きます

2016-02-24 01:45 伊勢ー白山 道
(読者)今朝、夢の中で一年ほど前に亡くなった故人があらわれました。号泣でなにかを訴えておりました。その方は本当に周りに気配りのできる素晴らしい方だったので、とても良い世界で過ごしているはずなのに、なぜそんなに泣くのか不思議に思いました。夢の世界の話なので偶然かなにかと思って調べてみると、今日はその方の誕生日でした。やはりなにか伝えたいことがあったのでしょうか。(感想)コノ世で良いことをした人は天国に行く、と誰もが思うものです。コノ世での行為は、無理をすれば誰でも表面的には良いことが出来ます。ただ、その分、* 自分を押し殺していた* 家族には無理をさせていたということが無いように注意が必要です。しかし、死後の自分を安心・成仏させるには、これだけでもダメなのです。自分の生前に、亡くなった縁ある故人たちを自分が供養していたか否かが重要なのです。供養とは、もう忘れ去られた弱者への思いやりの行為でもあります。* 別に供養しなくても良い* 供養しても意味が無いという世の中でも、* 先祖に感謝をしたい* 故人たちのために供養が継続することが、死後の自分自身を助けます。これが無いと、やはり死後に迷う人... 【続きを読む】

努力をするほど悪い欲望は消えて行きます

2016-02-23 01:45 伊勢ー白山 道
自我の願望をコノ世に期待せず、アノ世にも自我の願望を望まない。自我の欲望が消え去り、すべての自我の欲望から自由な人間。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-410)(感想)これを読みますと、「ああ、私には無理だ」と思われる人が多いかも知れません。でも、逆なのです。こういう心境こそが幸運を呼びます。仕事、結婚、運命、・・・・何にでも言えます。欲しい、欲しいという欲望は、投資にも必ず負け、良い結婚相手にも目がフタをされ、仕事の最善の選択も自分から捨てる選択をさせるのです。これに気付いていない人が大半です。心の目が開いた人は1割にすぎません。9割の人が自分の自我の欲望に呑まれたままです。そして、消極的で自暴自棄の「もう期待しない」ではダメなのです。これでは更に落ちるばかりです。* 明るく自分なりの最善を本当に尽くせば、もうお任せで良い、期待はしない。という心境が自然と自分で分かります。* 自我の欲望が自分から落ちるのです。自分の努力の実行をしない思考だけの人が、努力をする前から、「しょせん自分はダメだ」「何をしても同じ」「何も期待しない」と思考だけで終わっ... 【続きを読む】

大統領選挙が終わるまでの危険な空白期間

2016-02-22 01:01 伊勢ー白山 道
ロシアのモスクワでは、2月19日に住宅ローンの返済に苦しむ多くの市民が銀行に押しかけた混乱があったそうです。この背景には、ロシアの通貨・ルーブル安の暴落があり、輸入製品の高騰と品薄状態が継続しており、とくに外貨建て通貨を利用したローンを組んだ市民の負担が極端に増加し、ローン破綻者が急増している背景があります。債務者の団体による予想によりますと、今後に約1万7500世帯が住宅を失う可能性があるようです。日本は逆に円高に進み、住宅ローン金利も下がるという現象です。失業率を見ましても、ヨーロッパ勢とは比較にならない好調です。今の日本でありましても、地球上では最も恵まれた国家の1つと成っています。しかし、他のアジアを見ますと財政的に危険な兆候が見られます。「貧すれば鈍する」 「窮鼠猫を噛む」兆候を感じます。* 3月ごろから、アル国からの渡航者が減り始め、日本への投資制限がされる可能性。などが実際に起こった場合、注意して静観が大切です。米国の新大統領が誕生するのは来年の1月下旬です。つまり米国は、大きな懸案事項への対処・行動は、次の大統領の責任下でされるまで、空白時期に今から入ります。現職の大統... 【続きを読む】

誰もが、自分自身へのプレゼントを作成中です

2016-02-21 01:13 伊勢ー白山 道
(読者)私達夫婦は、子供がいません。なので、亡くなった場合、感謝の気持ちをいただける子孫がいません。私達のような子供のない夫婦は、死後どのようになるのでしょうか?確か自分が、今先祖に捧げた感謝の念をいただけると、本で読んだような記憶があるのですが、あっていますでしょうか?それとも私の思い違いでしたでしょうか?(感想)まったく問題はないです。自分が生きている時に、自分自身が先祖に捧げた供養の行為を、次は自分が死後に受け取ることに成ります。コノ世で生きる人間が行う先祖への思いやり・感謝の供養は、先祖も受け取りますが、死後の自分自身も受け取ります。これは供養だけではなく、自分がコノ世で他人・他の存在へ行った行為のすべてを死後の自分が受け取ることに成っています。完全なる法則が存在します。コノ世で他人を助ければ、死後と来生の自分自身が反射の法則で助けられます。コノ世で他人をイジメれば、死後の自分がイジメられます。これと同様にして、先祖を供養するということは、死後の自分自身を供養して助けることに成ります。自業自得の物理法則が貫徹しています。釈尊は、天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ・ゆいがどくそん... 【続きを読む】

人類発生は近年のことに過ぎません

2016-02-20 02:18 伊勢ー白山 道
ロシアのニュースによりますと、地下深奥にこれまで知られていなかった膨大な酸素の層が地球のマントルにあることを発見したとのことです。研究者の試算によりますと、地球の大気の8~10倍の酸素が層に含まれている可能性があるということです。(参考サイト:http://jp.rbth.com/science/2016/02/18/568737)考えて見ますと、地球の直径は約12.700kmもあります。人類が生活している範囲とは、地表からせいぜい10km以内の地層に過ぎません。(地球の構造 1:内核、2:外核、3:下部マントル、4:上部マントル、5:地殻、6:地表)もし、地層深奥で100kmごとの地層の次元に、地球一周分の地層世界がそれぞれ存在すると想像してください。間隔をおけば、地層同士の世界はまったく存在すらも知られず、マトリョーシカ人形の皮をむくように、それぞれの独立した地層世界が存在することを想像します。地球の表面だけでも、膨大な世界が存在します。これが何層も地下深奥に存在すると考えますと、夢があります。そして今回のニュースでは、地下深奥に膨大な酸素の層が実在するということです。考えて見ます... 【続きを読む】

真の近道とは

2016-02-19 02:57 伊勢ー白山 道
社会の中で、何かが長じていようが、短かろうが、何かが大きかろうが、小さかろうが、キレイであろうが、汚かろうが、自分に与えられたモノを大切に出来る人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-409)(感想)* 人は、自分に無いモノを見て苦しむということです。既に自分に有るものは気に入らず、常に新しいモノに注意が行くサガを人は持ちます。住まい・自動車・洋服・不倫・自分の伴侶や子供でさえも、常に他人のモノが良く(欲)見えるかも知れません。* 既に自分に有るモノを、見直せる人は少ないのです。古女房を大切に出来る男性は、本当にステキで真の愛情を持つ男性です。自分が浮気する男性に恋をする既婚女性がいますが、その男性は既に女性を捨てることが平気にできる人間であることに気付けません。まさか自分(女性)も捨てられるとは思わないのが勝手な自我なのです。そんなパターンが分かっていましても、止められないのが個人が持つサガです。もし、自分に善徳貯金が有れば、間違いには「目が覚める・冷める」ことが誰にでも急に起こります。本当は、もっと善徳貯金が多ければ、そもそもがそういう縁とは初... 【続きを読む】

ムダの御用に気付けることが大切

2016-02-18 02:12 伊勢ー白山 道
(読者)脳医学では脳の7割が未使用の領域だと言うのに対して、リーマンさんのコメントでは7割は睡眠中や霊の領域と関係する との事でした。脳は宇宙だと考えると、宇宙の3割と7割は何か当てはまる物が有るのか?調べました。すると、宇宙の5%は通常の物質、27%は暗黒物質 (ダークマター)で合わせた物質領域が3割だと分かりました。そして残りの7割は正体不明のものダークエネルギーでした。脳と宇宙を照らし合わせて、脳の 今まで気付いていた領域は宇宙の物質領域に相当し、気付いていないあの世にも関わる領域はダークエネルギーに相当すると思いました。そして宇宙には物質領域とダークエネルギーが同時に存在し何かしら及ぼしあっているのだから、脳でもこの世とあの世に関わる領域が同時に存在し及ぼし合うことになります。この世もあの世も一つの中に同時に存在し及ぼし合うと直感的に理解すると、全ては一つの脳(人)=宇宙=神様の中での出来事、天上天下唯我独尊と、やけに何だ か府に落ちて、安心して眠れました。(感想)宇宙は要するに、* 3割が見える存在。理解ができるモノ。* 7割が見えないモノ。理解不能。な状態で構成されている可... 【続きを読む】

「見る者と、見られる者」その後ろに居る者の正体

2016-02-17 02:32 伊勢ー白山 道
(読者)最近おもう事があるんだ、人生色々な事が起きるけど、結局だれも、自分の代わりにトイレも行けない。 自分の代わりに誰か御飯食べても、満腹にならない。「心は、満たされるが…」結局自分が見えてる自分の世界、自分が感じてる世界は、自分が動かなければ何も解決出来ないし、満足な答えがでない。。臆病になる時も、あるし。勇み足の時もあるし。誰か外にアドバイス欲しい時もある。でも誰も自分の変わりに出来る事など、ないのかもしれない。人それぞれ悲しい事、苦しい事、嬉しい事、楽しい事、臆病になる事、不安な事あるけど 、人は、もっと自分を信じ生きてくしか、ないのかもしれない。それぐらい精一杯生きていきたいですね。(感想)SF映画でよく見られますシーンに、* 主人公は、カプセルの中で頭部に電子装置を装着して寝ている。* カプセルの足元にあるテレビ画面には、主人公が睡眠中に見ている夢の映像が映っています。 * カプセルの外では、白衣を着た博士がカプセルの中の主人公と、テレビに映る映像をチェックしています。テレビ映像には、主人公が母体から誕生し、幼稚園、小中高、大学、就職、結婚、・・・・・という人生模様が映し出... 【続きを読む】

他人への態度が自分の運命を決めて行く

2016-02-16 02:21 伊勢ー白山 道
荒々しくなく、物事を誠意を持って伝えようとするウソの無い言葉を話し、自分の言葉により他人の気持ちを傷付けない人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-408)(感想)自分が他人に発する態度・言葉により、最高の人間となりコノ世からの解脱(げだつ:完全なる自由への解放。苦しい転生が今回で終わること)も起こると釈尊が示唆されています。それほど、他人への対応が魂にとって重要である意味です。私も日々のコメント対応が、私にとっての最後の修行です。これを疎かにした時が、私がコノ世から去ることになると心の深奥が告げています。24時間、外出先でも旅行先でもパソコンを手離すことがありません。* 荒々しくなく、出来るだけ優しく対応する。* 誠意を持って、真実の言葉を話す。* 他人の気持ちを傷付けないこと。このようことを心掛けますが、相手の状況を視て、* 怒る言葉を掛け、方便で真逆の示唆を言うこともあります。すべては自分の最高の愛情を基本としているつもりです。しかし、自分の内在神(良心)が厳正に見ています。自分が発した言葉が、* 後からも気に成り、何度も思い出す。こういうこ... 【続きを読む】

3月3日のパターン分析

2016-02-15 02:08 伊勢ー白山 道
ニュージーランドのクライストチャーチでM5.8の地震が2月14日に発生しました。2011年に発生したパターンに、* 2011年2月22日: クライストチャーチ大地震。マグニチュード6.1発生。* 2011年3月11日: 東日本大震災。つまり、クライストチャーチ大地震から約18日後に日本で大地震が発生しています。今回に発生した地震が2月14日ですから、18日後の3月3日を注視します。 (カレンダーの印の意味は http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/74930e9ccd31096991e790c233a985db)このクライストチャーチ大地震とは別のパターンに、2月の地球から月への距離の最遠日は、2月27日です。これより5日後は、3月3日です。月の最遠日から5日後を注目して観察します。(月の最遠理論:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4)このカレンダーを作製した日は1月31日でした。読者にもコメント欄で質問されましたが、3月3日の最遠日パターン日をい... 【続きを読む】

無宗教という日本の国柄の宗教が高度です

2016-02-14 02:30 伊勢ー白山 道
ある番組をちらっと見た時に、「特定の思想を持たないことが、日本人の思想である」というような検証を日本の民族・風習から論じていました。良い意味で自由であり、臨機応変に良いものは吸収するということです。これは、ある意味では、「日本は無宗教という宗教を持つ」とも言えると感じます。どんな宗教でも受け入れて、良いものは「認めてしまう」という特殊な面が日本人にはあります。実は、外国にはこれが無いのです。古来から異教徒には厳しい国柄が大半です。今は外面的には、そんなことは無い、というものです。しかし、外国人に「あなたの宗教は何ですか?」と質問をしますと、親しいと思っていた間柄でも一瞬のためらいの間をおいて、「それは非常にプライベートなこと」と返されて気まずい雰囲気になることがあります。外国では、古来から宗教・宗派の違いにより、迫害や紛争を繰り返して来た長い歴史が存在する影響を否定は出来ません。また、その人が信じるものを知ることは、相手のすべてを知る大きなヒントにも成りかねないからです。だから、私は仕事の関係者でも「相手の宗教を聞かない」ということに注意しています。この質問の意味を、日本人は非常に簡単... 【続きを読む】

人類が自分自身がすべてを創造していたと気付く時

2016-02-13 01:40 伊勢ー白山 道
昨日のニュースは、巨大な質量をもつ天体が非常に速い速度で動いた時に、* その周囲の「時間」や「空間」がゆがみ、波のように影響力が伝わる「重力波」が発生することを確認した。ということが話題でした。今の私が感じますことは、* これから、その再現性を見なければ早とちりに注意。* 果たして、そもそもが地球上で観測が出来る現象なのか?* 量子力学の視点では、「重力波は有るぞ!有るぞ!」という目的の研究では、どんな現象も重力波有りきで見てしまい、あるいは本当に重力波を観測者は創造してしまう可能性。このようなことを思っています。ただ、とにかく超重い物体が高速で移動すれば、見えない影響力を持つのは直感で分かります。プロ野球の大谷選手(氏神の転生者・100年に一人出るかの逸材)が投げる162kmの豪速球をバッターボックスで見れば、自分に当たらなくても見えない圧力で仰け反ることでしょう(これは違う~)。言えますことは、アインシュタイン博士は100年も前に、紙(神)と鉛筆だけで重力波の存在を計算で証明していることです(特殊相対性理論)。その中身は、* 時間や空間は、伸び縮みをするものだ。という結論です。重力... 【続きを読む】

現象を静観すること。

2016-02-12 02:18 伊勢ー白山 道
人間は自分に起こることに一喜一憂しています。喜怒哀楽をしています。心配し、不安にもなります。そして、嬉しいことには素直に喜べば良いです。しかし嫌なこと、心配なことが起これば、それも「現象」だと思うことは如何でしょうか?悩みの中にどっぷりと自分でハマりますと、ただ心配し怖がるだけであり、冷静な判断も良い知恵も見えないものです。そういう時は、「これも現象だ」「必ず過ぎ去る」ということを思い出して欲しいのです。他人の運転を後方から見ていますと、こんな運転をしていれば何時かは事故をするだろうと分かるものです。でも本人は、そんなことは夢にも思ってはいません。そして実際に自分が事故をしますと、または事故に遭いますと、「なんで自分だけがこんな目に」「これは因縁か?」などと心配します。しかし現実的には、起こるべくして起こった「現象」なのです。事故を相手からされる人は、何度も事故に遭うことが有ります。実際には、走る速度や、ブレーキの癖で、事故を誘導するような運転を「知らずに」している人がいます。流れに沿って走ることが大切です。霊的な因縁や霊障では無いのです。起こるべくして起こる「現象」を、釈尊は因縁・因... 【続きを読む】

誰もが既に完成していることに気付くことが目覚め

2016-02-11 02:27 伊勢ー白山 道
鋭利な刃物の先端には、極小の植物の種も定着できずにこぼれ落ちます。人間も、愛憎と、怒り、おごり高ぶり、ウソを言うことが、心から脱落した人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-407)(感想)「鋭利な刃物の先端には、何も乗ることが出来ない」これは凄い表現をされています。高い心境を言語で表現するには、これ以上の言い方は無いでしょう。この一文を見ただけでも、釈尊が真に悟っていた御方であること、高い境地を体験しているからこそ出来る表現であることが分かります。悟りを説明するには最高の表現だと思います。人間は心境が高まるほど、心からすべての悪い思いが去って行きます。まさに「脱落する」という言い方がドンピシャリです。古来から有名な禅僧たちが、「心身が脱落する」と言って来ましたが、これは比喩や大げさな言葉では無くて、本当に自分自身から心身が脱落するのです。自分自身の肉体も脱いだような、完全な自由な心境を高い心境はプレゼントしてくれます。もし肉体が不自由に成りましても、労働で一箇所に拘束されていましても、人の心は自由を勝ち取ることは可能なのです。私たちは生活していま... 【続きを読む】

国家も予測に刺激されないことが大切

2016-02-10 01:46 伊勢ー白山 道
アジア関係のネット検索をしていますと、日本に関する興味深い情報を見ました。米国には色々な「シンクタンク」(経済・軍事・治安・・・に関する研究機関・情報機関)が存在します。その背後には、大きな財閥系や政府関係企業が資金も含めて援助をしています。そのような機関は、「戦略的予測」「戦略的見通し」のような意味での論文を定期で発表をするものです。その予測は、まるで予言書のように時には大きな紛争の発生や、世界の動向を事前に言い当てることがあります。つまり、公には発表が出来ない「陰の意志・計画」を、事前に世界に布告・宣言する役目をしている側面があります。多くのシンクタンクの中でも、「影のxxA」と言われるほど情報に精通した研究機関があり、とくに戦争と紛争の発生に関する予言は、過去の9・11も含めて地政学的なリスク分析に強く、多くの事象を事前に示唆している機関が存在します。最近にこの研究機関が発表した内容は、今後の10年間に、* アメリカの地位弱体化 (わざとか・・・)* 中国・ドイツ経済の衰退 (今も進行中)* ポーランド浮上 (意外な)* 10年後にロシア連邦の分割的な統治への移行 (今のロシア経... 【続きを読む】

歯磨きを疎かにしてはダメ

2016-02-09 01:58 伊勢ー白山 道
ニュースによりますと、虫歯の原因菌として知られるミュータンス菌の一種が脳内で炎症を引き起こして、脳出血の発症に関与している可能性が有ることが報道されていました。* 虫歯が多い人、放置している人は、脳出血にも注意が必要なようです。近年では、若い人でも脳出血を発症していることを聞きます。原因には食生活の影響が大きいと思いますが、その人たちの歯の健康状態も調べたほうが良さそうです。過去の報道には、* 歯周病と心筋梗塞は関係している。というものも有りました。歯槽膿漏から滲み出る菌が、血管をめぐって血管や心臓に血栓を作って、心臓麻痺に繋がる可能性が有るというものでした。なんと歯の状態が、脳にも心臓にも影響し、命に関わる可能性があるということです。老人の命を縮めているのは、意外な歯が原因の可能性も有るのでしょう。今後の高齢化社会では、歯の問題が更に重要になると思います。やはり、幼児の頃からの歯磨き習慣が、その人の人生に大きく影響するということです。また、虫歯は金銭にも大きく影響します。金属アレルギーがある人は、保険適用の銀歯を避けて、自費診療のセラミックなどにするのが理想なようです。そうしますと、... 【続きを読む】

真相は真逆(魔逆)が多い

2016-02-08 02:13 伊勢ー白山 道
財務省が2月8日発表した2015年の国際収支の速報によりますと、* 海外とのモノやサービス取引、* 海外への投資収益、などの合計金額は、円安や原油安を背景に前年比6.3倍の16兆6413億円へと大幅拡大しました。国際収支の黒字は18カ月連続です。国際収支とは、日本と海外のさまざまなお金の出入りを表す統計です。* 輸出入の差し引きである「貿易収支」、* 日本企業が海外で得たもうけから外国企業が日本から持ち出すもうけを引いた「所得収支」、* 海外旅行者らによるお金のやりとりを示す「サービス収支」、* 途上国への援助などを示す「経常移転収支」、以上の各収支を合算した全体のお金の出入りが国際収支です。この情報を読みまして、経済学を知らない私の感想を直感で書きます。よくニュースで流れますのは、* 日本の財政赤字が1000兆円を超えてもう日本はダメダメ。* 銀行間の利子がマイナス金利になったから、庶民の貯金も心配だ。* ほら見ろ、国際投資銀行の安心度ランキングも日本はアジアの最下方。こればっかりです。しかし、* 上記の国際収支の大黒字のニュースや、* 日本が米国を抜く、世界一の海外に財産を持つ国家... 【続きを読む】

コノ世のすべてが同調現象なのです

2016-02-07 02:11 伊勢ー白山 道
敵意ある人々の間に自分が居ても、自分は敵意を持たない人。暴力を振るう人たちの中に居ても、自分は平静で居られる人。欲望に執着する者たちと一緒に居ても、自分は執着することが無い人。そういう人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-406)(感想)会社に勤務していますと、周囲には色々な人々が存在するものです。* 陰で噂や悪口を言う事が好きな人々。* 他人に威圧的で、攻撃的な人。* 賭け事が好きで、仕事中も盛り上がって話している人々。* セクハラ好きで、陰からじっと見ている人。* 物を盗む人。* 不倫が好きな人。様々な人々が、どこの会社にもいるものです。そういう人々の中に自分が居ましても、その一々に自分が反応しているようではダメなのです。自分が気になる間は、そういう人々と同じレベルに自分の意識を合わせていることに成ります。そんな相手に同調が出来るから、腹が立ったり、クヨクヨと気にしたり、後になっても悩んだりするのです。「同じ穴のムジナ」同士に成ってしまっています。幼児のイタズラは、微笑ましく見ることが出来るのが大人です。それは何故でしょうか?明らかに意識レベルが違うから... 【続きを読む】

色々な「動き」に注視します

2016-02-06 01:33 伊勢ー白山 道
日本時間の2月6日早朝、午前4時57分、台湾・高雄市を震源とするマグニチュード6.4の地震が起きました。被害状況は明らかになっていませんが、大きなビルの倒壊が発生しているようです。東日本大震災で台湾から受けた大きな寄付の御礼の意味でも、日本が何か貢献できれば良いなと希望します。昨日に日本の桜島が久しぶりに大きな噴火を致しました。放電現象を伴う噴火の様相は、大自然の怒りにも見える脅威を思いました。北半球では、環太平洋に沿って「北上する」地震と噴火にしばらく注視しましょう。関東~東北~北海道の太平洋側は、特に注視をします。御嶽山、箱根山の状態も気に成ります。(カレンダーの印の意味は http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/74930e9ccd31096991e790c233a985db)やはり「中潮」期間に入って急に地下が動いています。【中潮】(なかしお)とは、海の満潮と干潮との差が中ぐらいの潮。大潮と小潮との間の潮。ニュートラル状態を意味します。ニュートラル状態とは、どちらかに動けば一番大きな変化が生じる位置です。片方に寄っていれば、重力の意味でも安定... 【続きを読む】

悪事の発覚は、より良く成るために良いこと

2016-02-04 15:19 伊勢ー白山 道
ニュースでは、朝から晩まで有名人の逮捕事件が報道されています。昭和時代には、有名人の案件は揉み消されることが多いという世間の噂が有ったために、有名人が逮捕されることは時の政権の健全性と姿勢を証明する意味で良いことだと思います。定期的に警察活動の実写ドキュメント番組が、都道府県別に特集されて放送されています。色々な現実の人間模様が見られるために良く見ています。街中をパトカーでパトロールしていて、歩く人の目付きを見ただけで、警官が一瞬で怪しいと判断して通行人に話し掛ける場面がよくあります。すると、薬物を所持していることが大半です。警官の職業的な直感とは凄いものだということが良く分かります。時には前方を走る自動車の走り方を見ただけでも、停車させて薬物を検挙しています。外で一瞬見ただけでも薬物依存者を見破る警官が、今のテレビに出ている多くの有名人たちを見ていて、いったい何を思っているのか非常に聞きたいものです・・・・。今回の立件に2年間を要している意味は、非常に大きいと思います。警察は、すべての全てを、既に掴んでいると感じます。2年間分の携帯電話の履歴と位置情報は、大きな爆弾となることでしょう... 【続きを読む】

人は視点の違いだけで別人に成る

2016-02-04 01:35 伊勢ー白山 道
ドラマなどを見ていますと、「お前が心配するべきことは、そんなことじゃないだろう」「他にもっと大切なこと、気付くべきことが有るだろ!」「あなたが気にすることは、ソコなんだ(呆れ顔)」というセリフが有るものです。人の人生を変えるのは、運命を違わせるのは、その人が持つ視点だけなのだと感じます。人間の違い=視点の違いだけなのだと思います。社会で成功した人を見ましても、やはり独特な視点を持っています。普通の人が思わないような視点に気付き、仕事に反映させて成功しています。ある発明で利益を上げる経営者が、「アイデア=愛デアる」と、言い切られていることを過去記事で書きました。(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/eeed1cf8a743019d891c4100754b8e78)他人への奉仕の精神と「愛情」が無ければ、良い知恵は降りて来ないということでした。やはり、これも視点のことであります。今の自分が地獄からの視点なのか?自分が観音様に成った視点なのか?自分は神様の視点で慈悲深く他人を見られるのか?人は自分が持つ視点のモノに本当に変化することを思います。極端な話... 【続きを読む】

地球からの復讐の始まり

2016-02-03 02:32 伊勢ー白山 道
ブラジルでの報道によりますと、ジカ熱の流行に比例して、この半年間で過去5年間のおよそ10倍にあたる、2401人の小頭症の新生児が確認されたということです。基本的に日本も含めた蚊が生息することが可能な地域は、ジカ熱が流行する可能性があるようです。これから春以降は、日本も蚊が繁殖しないように注意が必要です。特に妊婦は注意が必要です。人類は、大自然からの復讐をされ始めていると思えて成りません。人類の繁栄にとって欠かせない新生児の脳へ悪影響するとは、人間にとって一番の弱点であり、人類の危機を感じます。そもそもが、アフリカやアマゾンの森林地帯を人間が荒らさなければ、このような虫の害が起こらなかったと思います。寝床を無くした虫たちは、人間社会に棲みつき進化するしかなかったと感じます。神道の最重要の祝詞であります大祓詞(おおはらえのことば)には、天つ罪・国つ罪(あまつつみ・くにつつみ)として、人類の末期の様相が予言されており、最期にはスサノオと、その娘たちの四神が祓戸大神(はらえどのおおかみ)として再臨して、地球浄化をするとしています。人類がたどる様子は、「国つ罪」として詳細に予言されており、その内... 【続きを読む】

苦しみは実在するが、その影響を受けないことが最大事

2016-02-02 02:12 伊勢ー白山 道
コノ世に生きながらにして、自分の苦しみに一切の影響を受けない人。生きることを苦しく思う重荷から離れる人。何事にも執着しない人。そういう人を、私・釈尊は最高の人と呼びます。(原始仏典 ダンマパダ26章-402)(感想)人間は、自分にとって嫌なこと、苦しいこと、を「無くそうとして」苦しみます。その苦しみから逃れようとして、アレやコレやと悩み苦悩します。そして、どうして自分だけが、自分は運が無いと悲しみます。しかし、この項で釈尊は、まったく別の視点を苦しみに関して指摘されています。「自分の苦しみに一切の"影響を受けない"人」つまり、* 生老病死・・・・人間に苦しみは必ず付き物だ。それがコノ世なんだよ。* だから、苦しみを無くそうと思うのが大きな間違いなんだ。* 苦しみは誰にでも必ず有る。* つまり、苦しみが有っても、その影響を受けなければ、苦しみとは無いに等しいモノなんだ。という釈尊の思いが伝わって来ます。そして大切なことは、「コノ世に生きながらにして」つまり、コノ世に居る間に、自分が元気な内に、* 苦しみは有っても、その影響を受けない人に成れること。が最高の人間だと釈尊は言っています。「生... 【続きを読む】

自分の人格は、自分自身で育てるものなのです

2016-02-01 02:15 伊勢ー白山 道
ニュース番組で老人介護施設を取材する内容がありました。その中で、子供のように食事を拒否したり、外に出たいと駄々をこねる一人の老女に番組は注目しました。若い女性の介護士が、その老女の略歴に「書道が趣味」という情報を知りましたので、半紙と筆と墨汁を用意してみました。すると車椅子の老女は、筆を持つと背筋をピンと伸ばし、威厳のある顔付きに変わり、半紙に向かって筆をサラサラと走らせました。私はお世辞抜きにして、その白紙の半紙に書かれた文字と内容に驚嘆しました。ここ10年間で見た内で、最高の文字でした。まさに弘法大師・空海さんに似た字体でした。まず、文字の間隔と大きさが、物差しで測ったように完璧でした。字のスペース間隔とは、よほど書き慣れないと非常に難しいものです。これが1mmの誤差も無いような感じで、半紙が等間隔の文字で埋まっていました。数年ぶりに握った筆では有り得ない感覚です。そして字体は、楷書【かいしょ:一点一画を正確に書き,方正な形にまとめる書体】でありながらも、線を流すような暖かい感じに仕上げる独特な字体でした。これは書道の先生だったのではと思いましたが、書道はあくまでも趣味であり、長年... 【続きを読む】

日本が世界の現実を知り始める時

2016-01-31 02:36 伊勢ー白山 道
2016年2月の自然現象を、「月による“中潮”の切れ目」を重視して観察します。天文現象(  http://www.astroarts.com/phenomena/2016/02/index-j.shtml)月齢カレンダー( http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20160209120 月齢カレンダー データ提供 http://koyomi8.com/ より)から考えて見ます。* 2月の地球から月への距離の最遠日は、2月27日です。これより5日後は、3月3日です。月の最遠日から5日後を注目して観察します。(月の最遠理論:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4)月の距離の最近日は、2月11日。* 月の下弦(2月1日)~新月(2月8日)の期間は「新月期間」(カレンダーの緑色線)であり、その一週間は自分の思いが反射されやすい実現週間 で す。ですからマイナス思考を持つことに注意し、特に良いイメージと軽く希望を思いましょう。感謝の参拝には最適な一週間です... 【続きを読む】

宇宙には、理想論が大事だった

2016-01-30 02:21 伊勢ー白山 道
怒らない人間。謙虚である人間。規則を守る人間。欲望を増長させない人間。身だしなみを清潔にする人間。心身の状態を自分なりに最善にしようとする人間。このような人を私・釈尊は、最高の人間とします。(原始仏典 ダンマパダ26章-400)(感想)この項を読みました時、あまりにも理想の言葉だけでつまらなく思い、解説を飛ばしてしまおうかとしました。「はい、そうですか」「ごもっともです」というしかありません。しかし、叡智にあふれる釈尊が、このような理想論をあえて残す意味を考えた時、深遠な宇宙が見え始めました。「人間に理想論は必要か?」と考えた時、方向性・ベクトルの「指針」として、人間の思考には理想をインプットして置くことが無意識下には必須だと気付きました。もし、子供に一切の正しい道徳・あるべき理想を教えずに、放置して成人した場合はどうなるのか?やはり幼児を虐待死させることもしてしまう大人になる可能性を感じます。昭和の人間には、出来ない行為です。実は、「人間に」理想論が必要だという可能性を、最新の物理学が証明をしはじめています。量子力学では、人間が「見た」対象の実験結果が変わってしまう事実を検証し始めて... 【続きを読む】

弱者へのイジメは、文明の末期症状であり危険

2016-01-28 18:39 伊勢ー白山 道
幼児への虐待死が後を絶ちません。無抵抗な弱者をイジメルことが増加しつつあります。近年に動物への虐待が頻発することから始まり、今は人間の幼児・赤子へと対象が移って来ている感じが致します。これは非常にいけないことです。防止をしなければ生けません。ここに霊的な流れを感じます。社会が生み出すストレスが、魔物を形成させてしまい、これが暴走を始めているような感じです。まるで、イケニエを追い求めるようにです。テレビが一人の人間を、「これでもか!」と言わんばかりに特集して追い求める様子にも似ています。無抵抗な取材対象者を、集団で競うようにエスカレートさせて特集が組まれています。まるで、現代の「狩り」のようです。「弱者をイジメル」・・・・・そもそもの始まりは、多くの人々が自分自身を押し込めて、自分で自分自身をイジメルことから始まってはいないでしょうか。自分で自分を励まし、「自分を育てる」ことを知らない人間が増えているようです。人間は、先ず自分自身を責任を持って育てるべきです。睡眠を取らせ、食事をさせ、良い物を見させる。そして、自分の心(内在神)にも感謝をして行くことが大切です。このような生活が、分離して... 【続きを読む】

物事の本当の原因は、更にその奥に有り

2016-01-27 16:32 伊勢ー白山 道
天皇・皇后両陛下は、戦没者の慰霊のためにフィリピンを親善訪問されています。1月30日に無事に御帰国されるまで、油断は出来ないと思い注視しています。フィリピンには、反政府組織のゲリラ活動が今でも活発です。今の南シナ海の領有権問題により、外国からの更なる干渉も想定が出来ます。このようなゲリラ組織の活動に「見せかけた」「名を借りた」日本への攻撃が怖いわけです。今では世界中で、テロ行為に無実なイスラム教の名前が悪用されている現実があります。イスラム教こそが、一番の被害者なわけです。世界中の信者が大迷惑を受けています。犯人たちはイスラム教の名前を利用しています。このように他の名称を利用して、犯罪を犯すことが世界の真相です。過去の戦争も、その国同士の戦争ではなくて、本当は大きなライバル同士の武器商人たちの代理戦争だったのではないでしょうか。どうも、事件の当事者同士の名称を、簡単に信じては生けない時代だと思います。会社でもよく有ることなのですが、Aさんは自分にイジワルをするBを非常に恨んでいるとします。しかし真相は、Aさんのことが妬ましいCが、Bさんに対してAが陰で悪口を言っているとBさんにウソを言... 【続きを読む】

食事へのこだわり過ぎよりも、感謝して食べることが大切

2016-01-26 18:00 伊勢ー白山 道
(読者)伊勢さんご紹介の医師が書いた本「ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか」 ( http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334038891/isehakusandou-22/ref=nosim携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4334038891&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html )を読んでいます。この本に、コレステロールのことも書いてあり、鉄道での自殺者の80%が、コレステロールを下げる薬を飲んでいたことが書いてあり、驚きました。5年以上も前の伊勢白事典の203pに「バランスのとれた食事」という、ウツ病への対策があるのですが、この中にすでに「超低コレステロールの食事は心の病を招きやすいとのことです。」と既に書かれています。伊勢さんは、そのような研究結果をご存知だったのでしょうか?(感想)私がコレステロールに関する異論を思い始めたのは、菜食主義者に関する観察からでした。私は医師では無いので、コレステロールに関する薬剤の摂取につきま... 【続きを読む】

今の自分次第ですべては変わります

2016-01-25 16:11 伊勢ー白山 道
(読者)「懐かしい」という言葉は、本当は古さがない。新しい。(感想)読者がふと漏らす言葉に、とても新鮮な刺激を感じることが有ります。上記の言葉などは、とても凄い真理を直球で指摘しています。コノ世の人間が時間を理解するのは、過去から未来への一方通行の流れが前提です。この理解だから、人は歳を取って「老けて」しまうのです。これは違うのです。本当は、* 時間は存在しない。コノ世だけの産物・錯覚。 心は永遠に若い。* すべての時間は「並行して存在し」、すべての時間は「今が」基準で変容する。* だから、過去の苦しい時の自分を、今の自分がなぐさめて救い出せば、今の自分も輝く。* 今の自分が、「すべてを決めている」ことを知って置くこと、覚悟すること。だから、「懐かしい」と思えるのも、「今の」自分かだからこそ、そのように懐かしく思える心境なのです。もし2年前の自分ならば、懐かしく無いかも知れません。懐かしいは、「今だからこそ」なので新しいのです。今という真相に気付きだした人は、真面目にお経を聞きましても、「ファンキー、ファンキ~~」(若者が聞くロックンロールソング)のように踊るように聞こえるかも知れませ... 【続きを読む】

25日の朝は黄色信号です

2016-01-24 15:00 伊勢ー白山 道
ニュースによりますと沖縄県の石垣島では、24日朝に海水温の低下により仮死状態になった魚が砂浜にうちあげられている映像が放送されていました。海の中の魚が温度低下により仮死状態になるとは意外でした。これから異常気象が進みますと、海の生物の生命に影響することでしょう。西日本でも温度低下と風雪が発生しているようなので、明日の朝の通勤は注意してください。自動車通勤の人は特に注意してください。都会ではスタッドレスタイヤを持たない人が多いですから、非常に危険な朝になると思います。近年は普通自動車にハイブリッドによる四輪駆動車が多いので、少々の雪でも意外と安定して走りますから、「大丈夫そう」「簡単」などと思っては生けません。ある速度の臨界点を超えますと、ノーマルタイヤでは制御不能状態が突然に始まります。事故をする想定をすれば、午前中は出勤を様子見することも自己判断しましょう。電車通勤の場合も、運行状態の確認が大切です。雪国では、休み明けの明日の午前中は、仕事よりも除雪作業を社員総出ですることに成りそうです。24日も除雪をしましたが、除雪して数分後には露出したコンクリート表面がツルツルに凍結していました... 【続きを読む】

大切な時節

2016-01-23 02:16 伊勢ー白山 道
2016年1月23日 1時33分頃に、まさに「真鶴」あたりで地震が発生しました。(http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160123013355.html)先日の「2016-01-21 11:03:26」の過去記事におけます、「それは、真“鶴”から入って来る」 (下記地図の1番の印です)ということです。日本を左右する時、“その始まりは「真鶴」から日本列島に入って来る”ということでした。(引用以上)上記で指摘した地図と、今日の深夜に発生した地震は一致します。まだしばらくは、微振動が起こるぐらいに思いますから問題はないです。* これからは、今年の8月まで、御殿場と、箱根温泉の状況を観察しましょう。総理がロシアを5月頃に訪問する交渉のニュースがあります。今のロシアは原油安により、資源大国として非常に財政が苦しい時です。こういう時こそ、めったに無い交渉のチャンスです。北方領土を金銭で買い戻す、という芽がまだ有ります。意外に知らない人が多いのが、アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収したことです。カナダを挟んで... 【続きを読む】

「天の岩戸開き」

2016-01-22 01:57 伊勢ー白山 道
今朝に感じましたことは、「人間は、自分で自分自身をもっと励ますべき」ということでした。え?自分一人なのに、まるで自分が二人いるかのように思うのは変ではないか?と思われるかも知れません。しかし、*自我(じが)=ワレヨシな自分*真我(しんが)=良心からの視点=内在神=本当の自分という重なる二層構造が人類には言えるのです。古神道でも一霊四魂(いちれいしこん)という、より細かく自分自身の二重構造を分析しています。(http://goo.gl/VWDCMF)だから、生活の中で、本当の自分(真我・内在神)からの目線で、今の自分自身に向かって心中で「がんばれー」「もっと行けるぞ」「本当の自分はこんなものじゃない!」「そんなことをしてはダメ!」「そんなことは言うべきでは無い」と、本当の自分から、今の揺れ動く自分に向かって「心中で」励ますことが運気を高めます。「自分で独り言の遊び逃避をしても影響などするか!」ではダメなのです。実は、これこそが「天の岩戸開き」の神話の真相なのです。神話では、虐められて非難を受けて落ち込んだ自分(内在神・天照太御神)は、洞窟の中に自ら閉じこもってしまったのです。この状態を周... 【続きを読む】

「かごめ」の時節の到来

2016-01-21 02:03 伊勢ー白山 道
(過去記事 "それは「真鶴」から始まる" http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/b4f27e8df8631d393bb363525a10ee09 より引用)(JAMSTECより引用)日本海溝と伊豆・小笠原海溝との合流点がくの字型に切れ込んでいます。まさに今、この大「亀」裂が動き出し、400km~600kmの深さで「進行中」という感じがします。まさに今、ここが動き出していると思います。そうしますと、ここで過去の神示を思い出しました。「それは、真“鶴”から入って来る」 (下記地図の1番の印です)ということです。日本を左右する時、“その始まりは「真鶴」から日本列島に入って来る”ということでした。すると、「日本海溝」と「伊豆・小笠原海溝」との合流点の「亀」裂の先は、まさに真「鶴」から上陸し、富士山に向かっています。(以上)今朝に感じましたことは、「真鶴」の前に、先ず東京湾の微振動に注目します。最初の図の日本海溝からの「亀」裂の圧力が、東京湾に出始めているのではないかと注目します。ここで、民間伝承の遊び歌「かごめかごめ」を観るよう啓示されます。(1)「かごめ... 【続きを読む】

人は最後の時も輝きます

2016-01-20 02:55 伊勢ー白山 道
医師が色々な角度から判断して、もう回復の見込みが無いと判断した時、末期の患者さんに対して強い鎮静薬を投与しながら静かに死を迎える医療に関する番組を見ました。(参考になる過去記事:「聖なる死を迎える病院」http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/9663db59a405384ad488b8660d6f45e3)日本人は普段から家族に対して感謝の言葉をかけることや、愛情を表現することが非常に苦手です。心では思っていましても「愛している」などとは「恥ずかしくて言えるか~!」という人が多いものです。しかし、本当に自分が死に面した時、最後の病床から出る言葉は、「すまなかった」「よく頑張ってくれた」「申し訳なかった」「ありがとう」・・・・という家族への感謝の言葉ばかりでした。自分が元気な時は言えなかったような言葉が、消えかかる声からは自然と誰もが素直に出ていました。元気な時は誰でも自分の身勝手が有り、喧嘩もし、口も聞かない時期が有ったかも知れません。しかし、だからこそ、それが有ったからこそ、最後の時は走馬灯のように過去のすべてを思い出しながら、「謝罪」と「感謝」の... 【続きを読む】

映画は「最後まで」見てこそ、良い思い出に変わります

2016-01-19 01:42 伊勢ー白山 道
コノ世には色々な束縛があるが、それに囚われない人。コノ世には多くの心配事があるが、それを恐れない人。コノ世の様々なことに執着しないで、それを超越する人。私・釈尊は、こういう人こそを最高の人間だとします。(原始仏典 ダンマパダ26章-397)(感想)人間が自殺をしたいと思う時は、コノ世の「現象」に負けているだけなのです。映画を見すぎて、その映画の中に自分自身が入ってしまった状態だと言えます。本当にこれが真相であり、答えだと知って置いてください。これは脳科学的に真面目な答えです。あなたは、見える現象に負けているだけなのです。すべての現象(映画)は、2時間もすれば終わって行くのです。人生の映画は、これが80年間だと思ってください。2時間でも、80年間であっても、それが必ず「過ぎ去って行く」映画であることには変わりがありません。2時間の映画に入り込み過ぎて、自殺をするなどは必ず後悔します。今の自分の周囲に起こっている・存在している「現象」は、それは辛くて嫌なものでしょう。しかし、それは現象なのです。本当のあなた自身には、何の影響も与えることは出来ないのです。影響を与えるのは、自分自身「だけ」な... 【続きを読む】

障害は克服するものではなく可能性なんだ

2016-01-18 02:35 伊勢ー白山 道
生まれてから寝たきりの重度の障害を持つ男性が、IT系の会社を起こして頑張っておられる番組を見ました。その彼が話す営業理念が、* 非常に実践的* 他人の情けで商売するような甘い考えなど一切なく、理論的で攻める姿勢* 利益に結びつけようとする実務派であるという、今の若い健常者の営業マンでも、ここまで分かっている人は非常にまれです。寝たきりの障害のために、他人と面会する営業経験が少なくても、ネット知識とメール交渉だけで、営業の表面ではない本質を掴んでおられるセンスの良さに驚きました。非常に才能が有ると感じます。その様子を見ながら思い付きましたことは、「もし織田信長が現代社会に転生するとすれば、あえて重度の障害者を選んで天下取りに挑戦しに来る可能性が有る」ということでした。日本も含めて世界中の先進国は、間違いなく老人社会へと移行します。昔ならば人生50年だったものが、裕福な生活は長寿社会を生み出しています。そうなりますと、肉体的な不自由をサポートするすべての仕事は、莫大な市場がそこに有るわけです。すると、彼は番組の中で興味深い発言をしています。* 「障害は克服するものではなく、それが武器だんだ... 【続きを読む】

これからは目の定期検診も大切

2016-01-17 03:10 伊勢ー白山 道
白内障に関するニュースを調べていますと、従来では40代以降から注意の病気が、近年では年齢を問わず若者でも白内障になるケースが増えており、全体として白内障は増加中のようです。失明することは、本当に怖いことだと思います。明治時代は、はたして白内障は有ったのか?どうして白内障が増えるのか?と霊的見地から考察してみます。これは正統な医学とは関係の無い、医師では無い個人的な推測にすぎません。まず気に成り浮かびますのが、(1) 水道水の塩素消毒の普及です。水道水が長い導管を滞留しながらも「腐敗せずに・ばい菌が増殖せずに」使用できるのは、塩素消毒のお陰です。しかも、近年のような「プール」や湖水で「人食いバクテリア」のような数日で肉体を壊疽させるような菌の被害が出る夏場などは、塩素消毒は厳格にされていることでしょう。しかし、毎日の顔の洗浄、入浴時には目に塩素水が入るものです。* 塩素が眼球に与える影響が気になります。ただし、目に異物が入りますと、はやり水道水での目の洗浄は必要だと思います。病院に行くまでには時間を要しますから、必要だと思います。* 水道で目を洗浄しましても、すぐに睡眠に入らなければ、影... 【続きを読む】

悪口を言わない人徳

2016-01-16 02:13 伊勢ー白山 道
芸能界で有名なカップルが結婚発表をされました。私は、あまり興味は無かったのですが、ネットではファンではない男性たちも旦那さんの悪口が無いのです。このことに興味を持ちました。* 旦那は、とにかく人が良さそう。* 金持ちの嫌味がない人。* 心根が優しそう。* 意外と真面目で、誠実そう。* 将来に二人に何か問題が起こっても、旦那の原因では無さそう。ここまで擁護される男の人徳とは、いったいそれは何か?を考えて視ました。裕福で有名な家庭に生まれましても、なおさらに* 他人から嫌われない人は、本当に少ない。* 誰からも祝福される結婚が出来る徳を持つ人は少ない。* 仕事も、良い奥さんも授かるという人は少ない。裕福な家庭に生まれ、好きに育った子供ほど、女性関係が乱れたり、親の会社を減少させてしまったりと、上手く行かないパターンが社会では多々有ります。しかし、この男性は仕事関係者からも、引きこもりがちのネット住民たちからも、別に好きでは無くても口撃をされない人徳を持たれます。その理由は、この男性は、* 他人の悪口を言わない。* 他人の悪口を自分に聞かされても、それに乗らない。* この男性ならば、他人の悪... 【続きを読む】

結果に関わらず、その過程が最大事

2016-01-15 02:51 伊勢ー白山 道
私は、高い階級の女性から生まれた人、高い階級の母親を持つ人を高位の者だと思ってはいません。高い階級の人は、私も含めて他人を「おまえ」と呼ぶ人だと陰で言われています。そういう人は、階級や持ち物の優劣に左右される人です。私は、無一文であっても物にも何事にも執着をしない人こそを最高位の人間だと呼びます。(原始仏典 ダンマパダ26章-396)(感想)釈尊こそは、王様の息子であり、最高の階級に生まれた人間です。しかし、釈尊が修行者となりますと、高い階級の人は釈尊の出自を知っていても、もう「おまえ」呼ばわりをしたのでしょう。そのような相手の階級を見て呼び方も変える人間こそが、物に負けた卑しい人間だということです。釈尊にとっての最高位の人間とは、裕福であろうが、貧乏であろうと関係なく、* 何事にも執着をしない人だと、この項で指摘されています。ただ、「何事にも執着をしない人」を、努力をしない人、努力はしなくても良い、と勘違いをしては生けません。最高の努力、最高の修行をするが、* その結果に囚われない人* その結果に拘らない、気にしない人だということです。「結果」には、身分・階級、財産、名誉、美醜、仕事... 【続きを読む】

国「家」というのは日本だけの造語

2016-01-14 01:56 伊勢ー白山 道
討論番組を見ていますと、某アジアの富豪である経済人いわく、「自分の国のことを、国"家"と呼ぶのは日本だけの造語だ」と断言されていました。その国の人々の本音と基本的な発想は、「国を自分の家とは思わない」「だから国という枠にはこだわらない・信じない」「信じるのは自分の親族だけ」という趣旨のことでした。これを聞きまして私は、「国家という表現は日本人特有の造語」という斬新な視点の指摘に驚くと共に、某アジアの根本的な発想と、今の問題のすべてが分かった気がしました。国という枠にこだわらない情緒ならば、いくらでも移住も海外進出も平気な訳です。しかし日本人は、この狭い日本列島が大好きなのです。どちらが国際的か?と問われれば、某アジアの発想がそうなのでしょう。しかし、それが人の心にとって本当に良いことなのかは別だと感じます。霊的には、生まれる魂は、その場所の大地の精霊の分け御霊(わけみたま)・分霊であるという発想が日本には古来から有ります。これが産土信仰(うぶすな・産む砂のしんこう)というものです。産土神=内在神でもあります。しかし、参拝するのは、今の自分が住む場所の氏神神社が重要なのです。産土神は、常... 【続きを読む】

人間にも「食べ合わせ同士」

2016-01-13 02:48 伊勢ー白山 道
今の私は、亜麻仁油 NOW製 250ソフトカプセル( PCからhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00EUSV8WM/isehakusandou-22/ref=nosim 携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=B00EUSV8WM&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html )(日に2粒以下を参考に。1回1粒)を使用しています。メーカーの規定量は粒数が多いのですが、1日に合計で2粒以下で十分だと感じます。(私は昼食後に1粒。夕食後に1粒)植物の「油」ですから、量が多すぎてもコレステロールが増える気がします。最近に気付いたことは、夕食にニンニクが多めに使用された料理の食後に亜麻仁油を摂りますと、* ボワンとした頭痛がする* 体がダルイ。眠気がする。ようなことがありました。その後に、ニンニクが入って香りがする料理の夕食後は、亜麻仁油は摂らないことにしました。(その日は、昼の1粒だけになります)この2つを食べ合わせない限り、問題は感じません。やはり食物の「食べ合わ... 【続きを読む】

壁は自分で作り、苦しんでいるだけ

2016-01-12 02:09 伊勢ー白山 道
昨日は成人の日でした。農家の老人が、悩む若者に向かって「悩みの壁は、自分で作り、自分で苦しんでいるだけ」だと発言されているのを聞きました。*「それ」を悩みにしているのは自分自身。* 悩みにしてしまっているのが自分。* 気にしているのが、今の自分だということ。「それ」と同じ問題を抱える人は多くても、他の人はそれを悩みにしていないことは多々あるものです。やはり、* 自分で悩みにしてしまっているだけ。という可能性を知って置きましょう。そうしますと、大自然を相手に観て来た老人が示唆する、* 自分が、それを悩みに指定しているだけ。* 真実は、悩むことは無い、存在しない。* だって、生きているだけで十分じゃないか。(ワイルドだろ~? 少し違うか。)が言えます。親が子供の悩みを聞きます、* そんなことで悩むんだ、可愛いいね~と昔の自分を思い出すものです。大人に成れば、子供の真剣な悩みが、「可愛いね」に変わってしまう訳です。そうしますと今の大人の真剣な悩みも、先祖や神様から観ますと、* いいぞー、もっと頑張れ。* 今が肝心な時だよ。* 今だけだから、もっと苦労しときなさいよ。と、ニコニコして見ている可... 【続きを読む】

神様の思いは色々なことに反映しています

2016-01-11 02:24 伊勢ー白山 道
動物に関するドキュメンタリー映像(番組・ユーチューブなど)を見まして、考えさせられることが有りました。1つは、北極の沿岸付近に生きるキツネの親子の映像でした。7匹の子供を産んで懸命に育てるのですが、大自然の厳しさと、他の動物たちに子ギツネが順番に食われてしまい、最後は2匹になってしまうのでした。父親キツネも母親キツネも、子供たちを食べさせるだけで懸命であり、ガリガリに親が痩せて行くのが印象的でした。毎日、父親キツネが数十キロも餌を求めて走り回るのですが、何も取れない日があるのです。そして、やっと1匹の野鳩を狩るのですが、それを自分は食べずに7匹の子供たちがいる巣穴まで持参する姿がありました・・・・。どうしても何も餌が取れない日が続きますと、父親キツネも体力が落ちてしまい鳥も狩れないわけです。そうしますと、鳥の巣穴に有る玉子を1つずつくわえて、遠く離れた巣穴の近所まで往復して運ぶのでした。そして、子供たちに見つからないようにして母親キツネだけを巣穴から連れ出して、母親キツネだけに鳥の玉子を食べさせていました。つまり、母親キツネは子供たちに乳を出すために、子供たちは何とかなるのですが母親キ... 【続きを読む】

選択とは

2016-01-10 02:22 伊勢ー白山 道
人間は先行きのことで悩めば、「どの選択にも、それなりの苦労も問題も悩みも必ず有る」という想定をしたほうが、冷静で最善な判断が出来ます。いつも自分に最悪な判断をさせるのは、* 楽をしたい。* すべて上手く行くように。* 今の現状から早く逃げたい。* 絶対に成功したい。* 一番良い選択をしたい。* 幸福に成りたい。このような思いが自分に強すぎますと、* タイミングを早まって、* 最悪な選択、* 後から後悔する、という選択を自ら選ぶのがコノ世の法則です。そう成るのです。またその結果も、* 他人の責任にしたり、* 霊のせいにしたり、* 風水や、祈願信仰をしなかった他への依存不足の問題にしたり、このような言い訳と後悔をする限り、その人は「問題の本質に気付いていないために」、何度でも悪い選択を自らして行くものです。悪徳な有料先生にダマサれて、餌食にされるタイプの人でもあります。これではダメなのです。運気は、ますます落ちて行くのが道理なのです。すべては自分がコノ世で努力をすることよりも、* 近道を選択したい。* 楽をしたい。* 最善を選びたい。という自分の思いが邪魔をするのです。自分の目にフタをして... 【続きを読む】

参拝の裏話

2016-01-09 02:45 伊勢ー白山 道
ネットニュースを見ていますと、神社参拝に関する注意が特集されていました。* 有名な神社に参拝した後に、運気が落ちる人が意外にも多い。その原因が、(1)手水をしない。(2)お賽銭を投げつける。(3)おみくじを木に結ぶ。(参考サイト例: http://goo.gl/xMFcCF)これはたしかに一理あります。しかし、普通の神社ではまず問題はないです。* 本当に眷属神が守護している神社。* 神気が充満している神社。では、上記の3つは確かに危険な行為です。有名で「明かしても良い」本物が居る神社としては、* 伊勢神宮* 出雲大社* 上賀茂神社これ意外にも、神気が居る神社は多数あるのですが、これは非公開にします。荒らされることを警戒します。上記の3つに関しましては、霊的に荒らす参拝者が来ましても問題はないです。まったく平気な神社です。清浄を維持しています。意外なことは、スピリチュアルで有名になった神社ほど、非常に穢れています。とくに人霊タヌキが後から居座っていることが九州や四国、関東圏の有名神社には多いです。祈願を売り物宣伝しているような神社は、まずダメです。神気が「寄れない」神社になってしまってい... 【続きを読む】

他人から見えない自分の内面を気にすることが出来ることが大切

2016-01-08 03:02 伊勢ー白山 道
そこにいる愚かな人に告ぐ。右巻きの巻き貝のような髪型の「螺髪」(らはつ)にしているからと言って、何を主張しているのか?四足の動物の革を尻に身に付けてどうするの?多くの人は、心の内側に汚物を溜めながら、外見だけを着飾ろうとします。これは愚かな人です。(原始仏典 ダンマパダ26章-394)(感想)小学生に成りますと、* かっこ良い学習机を買って欲しいと親にだだをこね。* 机に備え付けられた書棚が空なので、次は高価な参考書の全集を買って欲しいと親に頼み。* そして、ピカピカの学習机に座りながら、ひたすらゲーム機に没頭する。勉強する万全な形を揃えて安心し、安心すれば遊びたくなるのが人のサガでしょうか。このような面が大人にも言える訳です。大人の場合、子供のように分かりやすい内容ではなく、心に巨大な汚物を溜めながら外見からは分からないと言えます。人間は、基本的に自分の弱点・気にしている事を隠そうとするサガを持つと感じます。他人の悪口をよく言う人は、* 自分自身が他人から悪口を言われることを強く恐れる。常に怒っている人は、* 自分が怒られることを恐れ、怒られることに弱い。* 入れ墨をするような人は、... 【続きを読む】

天の采配が示現する時節

2016-01-07 02:32 伊勢ー白山 道
昨日の朝に書こうと思っていた記事内容は、昨日のものとはまったく違うものでした。ところが書き始めますと、「私を幸せにして、みやがれ」と、指がタイプを打ちます。あれれ?と思い、これはどういう意味かと沈思黙考をしながら午前10時を過ぎた頃から、昨日の記事内容を打ち始めました。書く途中で、ああこれは「天津日継神示:アマツ・ヒツグ・シンジ」だということに気付き、記事カテゴリーの分類を変更致しました。今までは「天津の神示」の場合は、事前に日の出の時間帯に右腕のシビレと共に内容が降りて来ていました。昨日のように書きながら記事内容が変わって行くことは初めてでした。そして午前11時を過ぎた頃から、近隣国で核実験が実行された報道が流れ始めました。昨日の記事内容は、かなり優しい表現に改変をしましたが、大自然(神)の怒りとは、もう人類に対して呆れ始めています。中学生がナイフを持って、「俺は怖い奴なんだぜ」と言うようなレベルのことを大のオトナが真顔でしている訳です。不可抗力で発生した原発事故とは違い、わざわざ地上近くで爆発させる核汚染とは、物凄い悪影響を地下水にも土壌にも残します。米国でも人がいない太平洋上を利... 【続きを読む】

灯台下暗し。自分自身が光ること

2016-01-06 02:32 伊勢ー白山 道
神様の実在を信じない人は意外にも多いものです。もし本当に神がいるならば、「私を幸せにしてみやがれ」「世界の現状をなんとかしろ」ぐらいのことを言うものです。ただ、これでは今生は、人生の最期までに自分の間違いに気付くための旅だけで終わるものです。まだまだ強制的な転生(生まれ直し)が継続します。まず、自分が「生かされている」ことに気付くための苦労や不運が、守護霊や先祖から「運が良ければ」「本人に善徳が有れば」プレゼントされます。このように書きますと、「はあ??」と思われる人が大半です。意味が分からないことでしょう。でも、そういうことに成ります。本人の運が悪ければ、今生で無知の罪を重ねて行くことでしょう。すべては死後の帳尻合わせに持ち越すことになりますが、これは本当の不幸に成ります。可能な限り、今生の間違いや罪は、今生で帳尻合わせ・尻ぬぐいをしておいたほうが本当にお得なことになります。自分が希望しないのに生まれた、産んだ親が悪い、神も仏もいるはずがない、ただの偶然の連続だ、不公平が有るだけだ、このような思いは、大学教授でも持つ人が多いです。しかし、これは無知なのです。冷静な観察力が無いのです。... 【続きを読む】

今の、その人を見ることが大切

2016-01-05 02:53 伊勢ー白山 道
右巻きの巻き貝のような髪型に結ぶから、その人が真の修行者ではありません。人の苗字が修行者の家系を意味するからと言って、その人が修行者ではありません。生まれる家の階級によって、その人が修行者なのではありません。真理と道徳を大切にする人は、安らかな心境の人です。そういう人こそが、本当の修行者なのです。(原始仏典 ダンマパダ26章-393)(感想)「右巻きの巻き貝のような髪型」、これは仏教用語で「螺髪」(らはつ)と言います。伝承では、過去生で悟りを開いた如来(菩薩の上の次元)が転生しますと、髪の毛が細かい螺髪の形でデコボコに覆われるとされます。この奈良の大仏のようにです(東大寺大仏は492個の螺髪であり、鎌倉大仏は656個)。螺髪の1つ1つが知恵を象徴しており、数が多いほど良いとされます。実は私も5歳までは、頭髪が螺髪状に覆われていて、アダ名が「奈良の大仏ちゃん」でした、笑。今でも髪のウエーブが強いです。古代のインドでは如来を目指す意味で、直毛の修行者は髪全体を右巻きの貝殻のように大きく束ねていたのです。釈尊は、「髪型を真似ても、修行者とは言えない」と仰っているわけです。この項の釈尊の言葉を... 【続きを読む】

案ずるよりも、淡々と行動すれば良いだけのこと

2016-01-04 01:53 伊勢ー白山 道
みな様、良いお正月だったのではないでしょうか。春のように暖かい、異例なほど温暖な正月三が日でした。平和な日本を感じていました。ニュース情報によりますと、* 学生は、夏休みが終わる9月1日前後に自殺者数が跳ね上がる。* 会社員は、休日明けが心身ともに急病や事故、自殺が多い。と言えるようです。外国でも、「日曜日の雨の晩」が自殺が多いと言われます。「明日から仕事や学校に行きたくない! 」という心理状態は、自暴自棄な行動を人間に取らせるようです。どんなことに関しましても、「嫌だ」という人の思いは危険なようです。冷静に見れば、「また働くのか~」という思いに過ぎないものが、要注意な切っ掛けに成ります。こういう時は、* 仕方がない。* また、淡々と働くだけ。* また始まれば大したことでは無い。* 案ずるよりも、行動してみれば良いだけ。だと自分に言い聞かせましょう。どんなことも実際に体験して見れば大したことは無いのです。その前の自分の想像力(自我)に要注意であり、人は自分の想像力に負けてしまうのです。嫌な想像だけで自殺してしまう人間の心理とは、その逆に想像力だけで何かを改善させることも可能だと言えます... 【続きを読む】

ラスト・クリスマス

2016-01-03 02:31 伊勢ー白山 道
ネットニュースを見ていますと、ローマ教皇の発言として、* 今の人類は末期的な状況。* このままでは2016年は悲惨な状況に。* もはや2015年のクリスマスが、人類の最後のお祝いに成るかも知れないこと。* 人類は大いに反省し、犠牲者たちのために祈り、神様とイエス様に許しを請いましょう。( http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201512_post_8418.html )このような趣旨の発言が有ったとされています。ところで世界には、名だたる強力な情報機関が有ります。アメリカの、CIAイギリスの、MI6イスラエルの、モサドなどが特に有名です。しかし、中世以降でいまだに世界最大の情報が集まるのは、ローマ法王庁だとされています。歴史上で一番最初に正確な世界地図を持ったのもローマ法王庁だと思います。日本に渡来したフランシスコ・ザビエルの報告書を見まして、領土範囲・人口・財宝量・食糧自給率・風俗・信仰・人間の階級把握・・・・・まさにすべてを調べて報告しています。これを未開の国も含めて、全世界を網羅している訳です。信仰の強みは、庶民の問題や悩みから貴族社会... 【続きを読む】

夫婦も継続が大事

2016-01-02 03:35 伊勢ー白山 道
2016年1月の自然現象を、「月による“中潮”の切れ目」を重視して観察します。天文現象( http://www.astroarts.com/phenomena/2016/01/index-j.shtml )月齢カレンダー( http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20160109120 月齢カレンダー データ提供 http://koyomi8.com/ より)から考えて見ます。* 1月の地球から月への距離の最遠日は、1月2日です。これより5日後は、1月7日です。月の最遠日から5日後を注目して観察します。(月の最遠理論:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4)月の距離の最近日は、1月15日。* 月の下弦(1月2日)~新月(1月10日)の期間は「新月期間」(カレンダーの緑色線)であり、その一週間は自分の思いが反射されやすい実現週間 で す。ですからマイナス思考を持つことに注意し、特に良いイメージと軽く希望を思いましょう。感謝の参拝には最適な一週間です... 【続きを読む】

初日の出が「申」すこと

2016-01-01 01:57 伊勢ー白山 道
明けまして おめでとう御座います。今年もよろしくお願い致します。2016年の干支(えと)は、丙申(ひのえ・さる)です。* 丙・ひのえ・・・・陽気の発露。* 申・さる・・・・・陰気がその年を支配。さらには、* 申・さる、という漢字は「申(もう)す」、つまり告発する、申告する、言う。つまり、隠れていたことが、隠されていたことが、勇気が起こった(怒った)人々の発露(丙・ひのえ)により公表・発生し、陰気・申・さる・猿(見ザル・聞かザル・言わザル)が支配して行く年。やはり、テロや革命的な要素に注意します。また、丙申(ひのえ・さる)の方向・・・・・南西方向・南シナ海での紛争にやはり注意。このようなことが、個人でも、会社でも、社会でも、国家同士でも* 勇気ある発言* その後の陰気の支配の方向性が有ることを認識して置きましょう。だから、* 自分の発言には注意をしましょう。言えば良い、というものでも無いということです。* 発言後の流れも想定することです。私は、日本は明るい、大丈夫だと思っています。すべての神々・八百万の神様を大切にする日本がダメならば、他に良い国があるはずがないと思っています。非常に運気... 【続きを読む】

今年も有り難う御座いました

2015-12-31 01:57 伊勢ー白山 道
みな様、今年も本当に有り難う御座いました。本当に早い一年間でした。駆け足のごとく過ぎ去った感を持ちます。多くの人びとから感謝の言葉を頂き、これほど贅沢で最上なことは無いと感じております。消えて行く現実の財産よりも、アノ世にも持参が出来る真の財産は他人から感謝をされることです。普通は他人から恨まれないだけでも精一杯の生き方なのが人の人生なのですが、今年も無数の人々から感謝を頂いたことが私には真に有り難かったです。私生活も充実した1年間でした。すべてにおいて自分のことでは心配の無い1年間でした。実は今年の秋過ぎから、心のすべてが満たされた状態であり、もう生活の半分はアノ世と行き来している感じでした。これが来年は、どうなるのか?楽しみにしております。日本の国にとりましても、新春の1月14日ごろに行われます宮中での歌会始(うたかいはじめ)の儀におきまして、天皇陛下が詠まれます和歌に注目しております。来年は、世界にも国家にも人類にも、日本にも大きな流動性が生じると感じています。人間は、自分の内面以外に幸福を求めましても、それには切りもなく終わりもありません。飢餓感・枯渇感は決して消えないのです。... 【続きを読む】

人生は、自分のために生きる時間は与えられていない。

2015-12-29 01:53 伊勢ー白山 道
「人はどんなに金持ちでも関係ありません。私たちが入る墓の大きさは同じです。謙虚に生き続けましょう」1回映画に出れば100億円とも言われるハリウッドスターが、このような言葉を言っていたと読みました。墓の外見は様々な大きさだと仮にしましても、故人が入って占めるスペースは皆同じです。コノ世のモノは何1つも持っては逝けないのに、私たちは何を悩むのでしょうか?「もともと何も持たずに生まれた」「もともとゼロだった」そして途中で色々な荷物を持とうとして悩み、自分が持てないことを悩み、そしてまた、誰もがゼロになってアノ世に戻って逝くのです。やはり、コノ世に遊びに来たんだと思って置きましょう。今朝に感じましたことは、「人生は、自分のために生きる時間は与えられていないのが真相」だということでした。多くの人が成功したい、幸福になりたい、金持ちに成りたいと願いましても、なかなか成れない秘密がこれで分かります。「自分のためだけに生きようとするからだ」ということです。これで、すべてに逆向きのブレーキが掛る法則が存在しています。「自分の思うように成らないのです」家族のためでも良いし、仕事を通じて他人のために生きる、... 【続きを読む】

白・黒が露見して行く年

2015-12-28 03:18 伊勢ー白山 道
2016年・・・・・この数字から来るイメージは、* 日本が初めて体験する。* 前代未聞。* 白・黒と正体が露見し分離して行く年。* 理想論から現実に目覚める年。* 黒色。2015年は、若者のデモ活動が盛んになり、知名人も学者も報道も「~~反対!」と一緒になっていましたが、2016年に起こる現実が、「あのデモは、いったい何だったんだ?」「報道は正しいのか? 公平だったのか?」「本当に話し合いだけでテロや侵略を防止出来るの?」「平和憲法がテロを防止してくれるの?」と多くの民衆に思わせる年にならないかと懸念します。今の現実に戦争が発生してしまっている地域では、誰もデモなどしていませんし、戦争反対と平和を叫ぶ民衆もいません。逃げるだけ、食べるだけ、生きるだけで精一杯なわけです。平和な国の国内だけで言えることだった、と民衆が思い出し始める年が2016年だということにならないように希望しています。2016年=黒色。とは、「黒色だと想定していれば、白色にすることが可能に成る」という逆説の啓示でもあります。「安易に白色だけを想定していれば、コノ世はそうは成らない」というのがコノ世の法則なのです。黒色と... 【続きを読む】

正しい息抜きが運命を分けます

2015-12-27 02:02 伊勢ー白山 道
昨夜は東京湾内で、連続地震が発生しました。( http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/ )これは新島の西之島の噴火が停止し始めて、火山活動が収まってきていることと関係を感じます。( http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/326_Nishinoshima/326_index.html )こうなりますと、やはり来年は新年から伊豆半島~箱根・富士山の地震と火山活動に注意をするべきだと感じます。そして、伊豆半島が揺れ出した場合は、その対象形として反対側の能登半島も注意をします。日本列島には不思議な「ヒナ形」の発想が霊的に有り、日本列島を折り紙にして色々な縦横の線で折った場合、その合わさっている場所に似たような転写・再生が起こる可能性があります。万が一にも富士山が噴火した場合、東京は桜島地域の住民の方のような生活をすることに成ります。桜島でも人々が健康に明るく生活をされていますから、慌てる必要はありません。しかし、交通網の見直し、生活の利便性は大きく変わる可能性はあります。事前に想定していれば、無難に推移し... 【続きを読む】

来年は肺に注意

2015-12-26 01:30 伊勢ー白山 道
極端に暖かいクリスマスでした。ここで気になりますことは、「酸欠」です。今、急速に地球の酸素濃度が低下していると啓示されます。ここ一週間ほど前から、特に強く警告されていました。地球の異変は、科学者の予想・想像を超える速さで進行していることを感じます。* アマゾンの森林破壊が、今年は大幅に進んだのではないでしょうか。人類の生命を陰で支えていた大切な森林地帯が、もう二度と再生しない臨界点(境界線)を超えようとしていることを感じます。* もう1つの原因として、気温上昇に合わせて北極に近い大陸の地中から湧き上がるメタンガスなどのガス類の影響です。これが広大な海底からもガス類の発生が莫大になっており、地球の酸素を破壊していると感じます。* 酸素濃度の異変は、これまでの自然法則には無い気圧変化の異常を起こすことも感じます。以上の反射を受けて、来年は、* 「肺に関する奇病、病気が増加する」と感じます。咳の継続、酸欠気味、息が気持ちよく吸えないような違和感、を感じる人が急増すると思います。その上に、近隣国での深刻な大気汚染です。非常に怖いことです。人体はある程度の我慢をして、異変を修正する恒常性を持ちま... 【続きを読む】

玄関に赤みの有るモノ

2015-12-25 03:40 伊勢ー白山 道
(読者)蘇民将来の注連縄について、去年は年末に間に合わず今年の節分前に新しい注連縄に替えて、どんどん焼きも終わっていた季節なので、何気なく家の枯葉と庭先で燃やした所、今迄に聞いた事の無い複数の阿鼻驚嘆の叫び声が聞こえて来ました。最 初は、近所からかと思いましたが、まさか蘇民将来の注連縄の中からでした。その声は、注連縄が燃え尽きるとしなくなりました。蘇民将来の注連縄が悪霊を集 めるって本当なんだ…と身震いして、何気に庭先で燃やしてしまった事を後悔して質問させて頂いた所、次から気をつけてとお返事頂きましたが、あの声は、間 違いなく、コンスタンティンの地獄の叫び声でした。そんな凄い蘇民将来の注連縄は、家の外に飾った物は、どんな凄い物の怪を捕獲しているかわからないという事だと思います。私は、ずっと家の玄関の中飾っていました。それでも、あの阿鼻驚嘆…1日でも外に置いたなら、外に飾った方が賢明だと思われます。(感想)これは霊的には有ることなのです。スサノオ神(エホバ神でもある)が大昔に置いた、悪霊・悪い人間たちに対して置いた呪縛がいまだに機能するわけです。このいわれは古く、古代エジプトにおいて古代... 【続きを読む】

直ぐに消えかかる命の継承

2015-12-24 01:36 伊勢ー白山 道
「正しく」悟った覚者=仏陀が発言した真理の言葉は、それがどんな人からの又聞きであろうとも、それを教えてくれた人を大切にしなさい。まるで、神官が火祭りの種火を絶やさないように大切にするようにです。(原始仏典 ダンマパダ26章-392)(感想)この項を読みましても、感動することが出来る人は少ないと思います。しかし、霊的な視点から読みますと、非常に高度で重要な因果の視点が込められています。(1) 「正しく」悟った・・・・悟りにも善悪、段階、個人差、が大きいことを釈尊が示唆しています。釈尊が、わざわざ「正しく」と念押しをされています。だから、良い話をする先生だからと言って、全面的に信用をしては生けません。必ず、色々な段階と裏も有ることを認識した上で、自称の真理の言葉を見なければ生けません。(2) そこで、もし本当に「正しい」真理の言葉に自分が出会ったならば、* それが又聞きであっても凄い価値が有ること。* 真理の言葉を紹介して教えくれた他人も、正しい真理と縁を持てることが出来た素晴らしい知人であること。その真理の言葉も、教えてくれた知人も、この2つを大切にしなさいと釈尊が仰っています。これを逆... 【続きを読む】

過去と未来を決めるのは今の自分。今の自分しか存在しない。

2015-12-23 02:05 伊勢ー白山 道
「終わり良ければ全て良し」【意味】     * 物事は最終の結末がもっとも大事であり、「途中の過程」は問題にならないということ。 * 物事は、結末さえよければ、発端・過程がまずくても良いということ。 昔から日本でも使われるこの言葉は、英国の劇作家シェイクスピアが1604年前後に劇中で使用したセリフに有るそうです。ではハッピーエンドに終わらない場合は、すべてがダメなのか?最後は必ず成功しなければ生けないのか?という期間限定の焦りと責めを感じさせるものが有ります。ここで思い出すのは、やはり老子の、「大器晩成」(たいきばんせい: 大人物は普通より遅れて大成する) → これは間違いであり、真実はそうではなくて、*「大器免成」(たいきめんせい: 本当の大人物ならば完成しない)から考えましても、* 終わりとは、いつを指すのか?アノ世への継続を思えば、コノ世は途中に過ぎないのに。* 全ては、永遠に継続するのが真理である。を考えますと、老子ならば「今が良ければ全て良し」と言うことを感じます。皆さんに不思議に思って気付いて欲しいことが有ります。* 今の自分が幸福ならば、どんな嫌な過去や失敗も許せるという... 【続きを読む】

本当の心機一転にしましょう

2015-12-22 01:46 伊勢ー白山 道
今日は冬至です。冬至とは、一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い日です。明日からは段々と、太陽が出ている日が長くなって行くわけです。だから、今日は太陽の大晦日であり、明日が太陽の正月とも言えそうです。古い過去は、今日を最後に霊的に切り替えることが可能な日が冬至でもあります。特に今年の冬至は、近年に無い大きな分岐点の冬至であると啓示されます。明日からはガラリと雰囲気が変わり始めることが、霊的な視点では言えそうです。どんな過去が有ろうとも大丈夫です。絶えず「今の自分」が主役なのが真理です。それなのに、* 過去の自分の出来事、過去の自分を主役にしてしまっている人が多い。* 未来の自分に逃避し、ただ期待も希望も持てないと、未来の自分を主役にして絶望している人が多い。これではダメなのです。こういう「過去の自分」と「未来の自分」は、今日を最後に置いておきましょう。今日からは、「今の自分」だけを主役にするのです。明日は天皇誕生日でもあります。太陽の正月にお生まれに成られるとは、まさに太陽の申し子であり、太陽の孫である証明です。天孫・ニニギノミコトの再来・転写であるのが今上天皇であると感... 【続きを読む】

恩恵の中に居ると、その恩恵には気付けないサガ

2015-12-19 02:32 伊勢ー白山 道
最近思いますことは、日本の近未来のことは深刻な大きな心配はしていません。むしろ、どんな災害(富士山周辺の火山・地震)やテロ爆発(起こっても逆に良い法整備がされます)、深刻な事件が起こりましても、日本は「残る」「継続する」「乗り越えて行く」と啓示されます。さらに日本は、人類が移行する「ミロクの世」のモデルと成って行くのです。もし日本で実現が出来なければ、今の人類は衰退すると思います。日本の文化と土壌が生み出したアニメは、ここ30年間で世界中の人間を魅了しました。これも日本が、ミロクの世の舞台となる為の神様の布石なのです。ヨーロッパでは、アニメ「アルプスの少女ハイジ」が日本製だと知ってショックを受けた若者が多かったと聞きます。絵が持つ雰囲気も、まさかのアジア産なのも意外だったのですが、その内容が原作を超えていたからだそうです。日本人が知らないで持つ、八百万神(やおよろずのかみ)への理解により(どんな精霊も神様として認める寛容性)、キリスト教という特定宗教を超えた大自然への「畏敬」と「理解」「許容」の精神が子供の視線で描かれていたからのようです。日本人にすれば、ただの神道(自然崇拝)なのです... 【続きを読む】

何でも、そろい過ぎた時が要注意

2015-12-18 02:30 伊勢ー白山 道
米国の大統領選挙では、過激な発言を繰り返す候補が優位に立ち始めています。その破れかぶれの戦法は、人が心中では思っても決して口に出来ないことばかりを選んでいます。大衆は、自分の日常生活の不満から「社会がどうなろうが知ったことではない」「一度やらせて見れば面白い」と安易に考えている感じがします。もし万が一、過激な彼が大統領に成ったとすれば、日本の安全保障にも大きな影響を与えることでしょう。「日本?米国が守るのはアホらしい」と簡単に言いそうです。もしそうなれば、その発言だけでもアジアは不安定な動きを始めることでしょう。アメリカが金利を上げましたが、これはアメリカがバブル経済に成りつつ有ることを意味します。米国は今年、地下のシェールオイルの開発により世界最大の産油国となりました。しかも最近、規制されていた原油の海外輸出を解禁する法律も米国で改定されました。そうなりますと、石油の御蔭で裕福で豪勢なアラブ社会は、影響を受け始めることでしょう。ロシアも唯一の経済の命綱である地下資源の価格低下により、大きな打撃を受ける可能性が有ります。既に米国のマイアミ・ビーチでは、海岸には1部屋50億円超の豪勢なマ... 【続きを読む】

単純な中に答えは有ります

2015-12-17 01:44 伊勢ー白山 道
自分が好きなモノ(人・肉体・品物・行為・嗜好・・・)への執着を少なくすることは、社会で修行する人々にとっては、とても良いことです。他人を非難する心が減るにつれて、自分自身の悩みが消えて行きます。 (原始仏典 ダンマパダ26章-390)(感想)非常に重要な指摘がなされています。「他人を非難する心が減るにつれて、自分自身の悩みが消えて行きます」これを逆の視点で表現しますと、「自分の悩みが多い人は、他人を非難する気持ちが多いはずだ」という指摘でもあります。でも、「自分は他人を非難する気持ちは無いと思うが、なぜか悩み事が多い」と感じる人もおられるかも知れません。そのような人は、「自分で自分自身を非難していないか?自分で自分をイジメていないか?」を注意してください。「他人を害することは、自分を害することに必ず成る」という真理を釈尊は述べています。釈尊が言われた、「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)「天上にも天下にも、自分しか存在していない」「すべては1つしか存在していない」「宇宙は、たった1つの存在だ」という真理から観ましても、「他人を害することは、自分を害する」という、「す... 【続きを読む】

足るを知る者は富む

2015-12-16 02:21 伊勢ー白山 道
(読者)「足るを知る清貧」より「大欲」の方が尊いのでしょうか?(感想)(1)「足るを知る」これは老子が発言した言葉です。日本的な解釈では、「自分の生活・収入に応じて、身分相応に満足することを知ること」「自分の身の程をわきまえて,むやみに不満を持たないこと」とされます。しかし、老子の原典の言葉は、「知足者富」足るを知る者は「富む」。* つまり、現状の中で満足することを知っている者は、心豊かに生きることが出来る。* 人間の欲望には絶対に切りが無いので、だからもう、現状の中で満足するほうがお得なのですよ。さらには、* 現状で満足ができる者は、余計な浪費をしないために、本当に富んでいく。貯金が溜まっていく。* 現状で満足する者は、儲かる詐欺話や投資にも興味を持たず、本当の冷静な判断が出来る為に、金持ちに成れる可能性が有る。さすが老子です。これは真理です。色々な「長期の視点で」社会や経営者を見ますと、足るを知らない経営者ほど没落しています。いずれ破産します。短気では良い景気が有ったとしても、「足るを知らない」次から次へと拡大する投資はハイリスクであり危険です。現状で満足が出来る者は、心が安心して... 【続きを読む】

これまで色んなことがあったからこそ

2015-12-15 02:29 伊勢ー白山 道
(読者)これまで色んなことがあったから。これまで辛い事があったから。これまで無知だったから。これまで自分を傷つけたし、他人も傷つけたから。私は色々と考えるようになったし、思いやりが分かるようになった。先祖へ感謝することも、神様に感謝をすることも出来るように成れた。(感想)嫌なこと、辛いこと、悲しいこと、・・・・・生きていますと色々と有りますが、深い意味では不幸は本当に存在するのか?と考えさせられます。読者は、辛いことが有ったからこそ、* 他人の痛みが分かるように成ったし、* 先祖や神様に感謝をするという、次の転生(生まれ変わり)にも影響する大事に気付けた。* もし、読者に辛いことがたまたま起こらなければ、今はどうなっていたのか?* どんな人生の最後と、死後の世界を体験するのか?辛い経験こそが、* 読者を真から助けた、真の幸福を与えてくれた、来生の自分も助けた。と言えるのではないでしょうか。考えて見ますと、* 自分が辛く無い人は、他人をイジメることが出来る。(知らずに悪因縁を作る)* 苦労の無い人ほど、神様を信じられず、犯罪に遭うことも落ちる人も中にはいる。別の視点では、* 離婚した経験... 【続きを読む】

人は秘めた思いが反射します

2015-12-14 02:40 伊勢ー白山 道
静かに思いを秘めながら、良心に反する行動が無く、常に落ち着いており、自分のするべき仕事を頑張り、ワレヨシな欲を捨て去り、自分なりの高い目的に向かっている人。そういう人を、私は「最高の人」と呼びます。(原始仏典 ダンマパダ26章-386)(感想)「静かに思いを秘めながら」・・・・これを日本語で言いますと、「不言実行」・・・・ふげんじっこう。あれこれ言わず、黙ってなすべきことを実行すること。と言えると思います。目的が有れば、口に出して宣言してから「始める」という人もいます。これも言霊(ことだま)的には一理は有るのですが、「それを聞かせる他人」が居る時点で、他人が必要な時点で、「弱い」と感じます。また、他人の宣言を聞かされましても、「それは無理だな」「あなたには難しいだろう」と心中で思う他人もいるものです。そうしますと、生霊(いきりょう:生きている人の思い。他人の霊体)の観点では、* 反する他人の「思い」が邪魔をすると言えます。黙って実行していれば成功したことも、他人に宣言・聞かせた為に不調に終わることも多々あるものです。やはり、「黙って実行する」「秘めた思いを持って当たる」ということは、他... 【続きを読む】

本当の自分に許されること

2015-12-13 02:15 伊勢ー白山 道
先週は仕事で色々な人と会っていました。予定通りに終わった内容もありますが、来年に持ち越す仕事もありました。順調な環境に居ると見える人でも、ご飯を食べながらプライベートな話になりますと、上手くいかない悩みを抱えておられます。ふと感じましたことは、人がコノ世に生まれたのは「誰もが成し難きに挑戦しに来た」「上手く行かないことを体験しに来た」「思い通りに成らないことを体験したかった」という霊的な視点が言えることでした。でも普通の意識感覚は、「何かを達成する為」「成功することが良いこと」「何かに合格する為」「結果を出さないとダメ」というプラス思考が「良し」とされており、「だから、自分はダメなんだ」と自己結論に達している人が多いのです。でも、自分の本性(魂)は、「思い通りに成らないことを体験したかった」「コノ世での結果よりも、学びが重視」なのです。それどころか、上手く行かない体験だけではモノ足りずに、それではまだ甘いと言わんばかりに、「生まれた環境」「肉体的なハンディ」「健康問題の時限爆弾の設定」まで自分で付加していることが多いのです。自分自身で選んでいます。どうして、そんなに自虐的なのか?と思わ... 【続きを読む】

一生懸命にすることが「道」に成ります

2015-12-12 02:09 伊勢ー白山 道
ニュースを見ていますと、スペインで日本人の男子フィギュアスケート選手が最高得点を出したシーンが放送されていました。その場面を見て驚いたのですが、選手ご自身もスケートリンクも、青い色のオーラ(磁気・磁場)に包まれて発光していたのです。前回も素晴らしかったそうですが、青い色の磁気を放つ今回の演技は特殊だったと思います。青いオーラとは、生物が死ぬ瞬間にも観測されることが検証されています。(http://goo.gl/SeIm36)人はよく「命懸けでする」と口にしますが、彼は黙ったまま本当に命懸けでスケートに打ち込んでいるのがこれで分かります。* 一生懸「命」* 全身全霊を懸けて* 命と引き換えてでも* 何をおいても完全燃焼したいという決意の思いを感じます。そうでなければ決して出ない色が、青色の磁気なのです。おそらく食事制限もかなり徹底的で禁欲的で危険な域にまでされているのかも知れません。見ている観客は、まさか人の命が燃焼する様を見ているとは思わないでしょう。人間が何かを真剣に追求する姿とは、何か危険で、鬼気迫る、そして「美しさ」を持つものだと感心をしました。生き急がずに末永く活躍されることを... 【続きを読む】

今だけを見て生きるのは苦しくても、それが答え

2015-12-10 16:06 伊勢ー白山 道
アノ世であろうと、コノ世であろうと関係なく、それどころか、アノ世とコノ世という区別なるものが無い人。そして何も恐れ無い人。何の縛りも受けない人。そういう人を、私は「最高の人」と呼びます。(原始仏典 ダンマパダ26章-385)(感想)釈尊が「アノ世、コノ世、という区別を考えて生きてはダメ」と仰っています。これは、「絶えず、常に、今だけを見て生きなさい」とも言えます。しかし人は、苦しいことが有りますと、どうしてもアノ世・コノ世という区切りや、期間を想像してしまいます。普段の生活でも、受験に受かる「までは」、遊びを止めて頑張る。家のローンが終わる「までは」、仕事を頑張る。子供が成人する「までは」、離婚しない。などなどの、色々な区切りを考えて行動するものです。何かの区切りが有る御蔭で、そのために頑張ることが出来るのが普通の一般的な人だと思います。これはこれで、良いと思います。しかし釈尊が言われるのは、「最高の人」の場合の心境です。別に最高の人に成る必要も無いのですが、「理想形」「本当の真相では」「真理では」「宇宙の視点」の「答え」を知って置いた上で、普通の人であることも大切なのです。「答え」を... 【続きを読む】

No.4 モーゼの石板は2枚だった

2015-12-09 16:08 伊勢ー白山 道
ナガスネヒコのご遺体は、憤怒の表情で凝り固まっていました。これを見たニギハヤヒとジンムは、ただでは済まないと恐れました。やはりそれより、御二人の周囲で奇々怪々な現象が始まったのです。しかし、ニギハヤヒは古代イスラエルの神事の継承者であり、色々な霊的対策を知っていました。(後世の物部神道、古神道の源流と成る)ジンムは、三種の神器の管理者であり、強力なバリアーを持っていました。その上で、ナガスネヒコの怨霊との相剋・対決を繰り返していたのでした。しかし、ナガスネヒコの怨霊を鎮めることが出来ませんでした。これではいつまでも切りがなく、奈良に新しい国家を建国するにも支障が出ると御二人は困りました。そこで天照太御神の御神託を仰ぐことに成りました。すると神示は、「ナガスネヒコを神として祭りなさい。ここヤムト(ヤマト・奈良のこと)から見て日が沈む、西方の最果ての地に祭れ。そこに天にも届く神殿を宮柱の太しきして建てよ」と啓示したのでした。古代イスラエルの言葉で、「最果て」という意味の言葉を「イヅモ」と実際に発音します。奈良から見て西方の陸地が最後に海に面する地域を「イズモ」=「出雲」と名付け、そこにナガ... 【続きを読む】

No.3 モーゼの石板は2枚だった

2015-12-08 15:10 伊勢ー白山 道
「神話シリーズ」における前回の過去記事、「No.2 モーゼの石板は2枚だった 」よりも、日が空いてしまいました。その理由は、日本の神話からして「天津神」(あまつかみ)と「国津神」(くにつかみ)という大きく2つに「分離」する根本的な原理が存在しており、このことが現代社会に至るまで今でも転写が有るからです。つまり、表現を誤解されますと、まったく違う方向に非難をされかねません。だから、表現方法を迷いましたが、私なりの霊的真実を書くために、あえて最初に整理した上での結論を先に書いて置きます。遠方からの渡来人と誤解されかねない「ジンム」は、正統な日本の代表者であること。日本へ「里帰りして来た」代表者であること。今の御皇室こそは、楠木正成(皇居の神域に馬に乗る肖像が存在しています)が守護した「南朝系統」であり、本来の道に戻されていること。以上の前提を認識した上で、以下の私的な夢想神話を読んで頂ければ幸いです。(続き)ナガスネヒコに願われて、ジンムと面会したニギハヤヒは、まずジンムと面会した途端に、自分と同じ系統の者であることが顔付きから分かりました。しかし、ニギハヤヒにしますと、自分の家系は古代イ... 【続きを読む】

貴重なチャンスを捨てては生けない

2015-12-07 15:19 伊勢ー白山 道
どんな人も、「生かされている、上での自力だな」と思いながら、仕事をしていました。多くの人は、* 自分で生きているだけだ。* ただ、惰性で生きているだけ。* 辛くて、面白くない人生だ。と思うことも有るかも知れません。しかし、それでも今の自分にとっては最善のコースが「常に」選択されて、生かされていると霊的に感じます。人間は、自分が「得ることばかり」の視点で居るから、これが見えないだけなのです。誰もが「自分に支払うべきものが有る」という視点が欠落しています。この視点は、死後には誰もが思い出す視点です。「自分が支払うべきだった理由」を思い出した時、* 今生で自分に金運が無かった理由。* 今生に自分が足(例として)が悪かった理由。色々な理由を思い出します。今日のニュースでも、知らない他人から金銭を借りて逃げる寸借詐欺で暮らす親子が逮捕されていました。子供が可哀想でした。この親は、どうやって借金を返すのでしょうか・・・・。色々な今生での自分の不満点や問題が、「それは当然だった」「もし今生で、ソレが自分に与えられていたならば、逆に恐れ多い間違いだった」・・・・と、死後には自ら思い出せるのです。自分に... 【続きを読む】

自分の思考も躾(しつ)けるべきモノなのです

2015-12-06 15:02 伊勢ー白山 道
社会で修行する人々が、* 絶え間なく心配する心を止めること。* 物事を静観する知恵を身に付けること。この2つのことを完全に習得したならば、その人はすべての真相を知る人に成っていきます。そうなりますと、その人はあらゆる意味でコノ世で完全に自由な人に成ります。(原始仏典 ダンマパダ26章-384)(感想)* 心配する心を停止させること。* 成り行きを静観することが出来ること。この2つを身に付けるだけで、人の運命は変わる。完全に自由な人に成れる。と釈尊は仰っています。人間の心とは、何かの心配事が有りますと、それを停止させることが多くの人には難しいのです。旦那の浮気、金の支払いのこと、子供の先行き、・・・・心配をし始めますと、本当に切りが無いものです。心配事に自分の注意が取られている為に、その他の問題が無かったことにもトラブルが生じ始めるものです。たった1つの心配事による注意力の低下は、交通事故にも遭うかも知れません。本当に「泣きっ面に蜂」のような悪循環が始まるのです。しかし、そこで更に悪いことは、本人も周囲の人も、それは「霊的な問題ではないか?」と疑心暗鬼に成ることです。そもそもの最初の心配... 【続きを読む】

師走の注意

2015-12-05 15:05 伊勢ー白山 道
過去記事(2015-11-30 11:30:32)におきまして、『12月7日~14日は、古代ユダヤの聖なる祭事「ハヌカ」(神殿清めの祭り)の期間です。子供たちがプレゼントを頂けるクリスマスのような意味も有りますが、歴史的な意味では「異教徒への反乱」「押し込められた者達の決起」「異教徒からの神殿の奪回」という暗示もその起源にあります』と書きましたが、来週からノーベル賞週間が始まります。ノーベル賞こそは、今の文化を象徴する行事かも知れません。非常にテロ対策が必要だと思います。無事に済みますように注視をしましょう。ここ数日、関東方面での火事のニュースも気に成ります。特に1名が不明などという情報もありますと、* なぜか動けない状態だった、なぜか深い睡眠だった、拘束されていた、・・・・殺された上での放火。などなどの悪い意味での心配に成ります。世界的ニュースでのテロの名を借りた、強盗に注意をする必要も感じます。特に昔から師走は、放火や強盗、ひったくり犯が増える月です。銀行で金を下ろす時も、後方からの視線に注意しましょう。金額が大きければ、後を付けられる想定も大切です。※ 納期が迫る仕事、年末の集計... 【続きを読む】

「本当の自分」 対 「ニセモノの自分」

2015-12-05 02:18 伊勢ー白山 道
許せない自分に苦しむ人が多いです。* 過去に、あんなことをしていた自分が許せない。* 今、アレを止めようと思っても止められない自分。これ以上の罪を重ねるぐらいならば、今の自分を殺してしまおう。* 未来の自分もダメに決まっている。そんな自分は許せない。何のヤル気も出ない。過去の自分、今の自分、未来の自分、・・・・・。許せない自分ばかりです。でも果たして、今の自分とは、自分自身を許す・許さないと言える資格が有るのでしょうか?許す・許さないとは、神様が判断することです。自分ですることではありません。人は、自分自身の何を分かっていると言うのでしょうか?自分が裁こうとしている自分こそは、* 親が命懸けで産んだ存在であり* 右胸に根源神が宿る自分であり* 無数の先祖たちと共に生きている自分です。そういう自分を裁こうとしている自分こそは、自我(ワレヨシ)の自分なのです。自我の自分こそは、幻想です。自我の自分こそは、いつも他人の栄華を基準にし、他人の視線を第一に気にする自分です。こうであらねばならない、と思い込む自分でもあります。それは、ニセモノの自分(自我)なのです。本物の自分が、ニセモノの自我(自... 【続きを読む】

すべては自分を良くするための出来事ばかりだった

2015-12-04 01:45 伊勢ー白山 道
* 他者に与えているものは、すべて自分自身に与えているのだ。* もしこの真理が理解されるなら、他の人々に与えようとしない人がいるのだろうか? * 誰もが自分自身の真我(内在神)なのである。* 誰が何をするにしても、誰に対して行うのであっても、それは自分自身に対して行っているのである。(感想)他人を罵倒している人は、未来の自分自身を罵倒しています。他人にイジワルする人は、未来の自分にイジワルをしています。他人から金銭を盗めば、未来の自分から金銭を盗んでいます。その一方で、他人を助ければ、未来の自分が助けられることが起こります。以上のことが、社会の中で、同じような善・悪の縁を持つ他人同士が「助ける者」と「助けられる者」「受けるべき者」と「行うべき者」を演じることに必ず成るのです。宇宙の神秘です。自分一人だけで起こるのでは無くて、同じような意味・内容での「昇華」をするべき「反対の立場の者同士」が出会い、凹凸を繰り返して行きます。考えて見ますと結婚する夫婦などは、「反対の立場の者同士」「水と油」が出会い引き合うことに成ると因果の法則から言えます。しかしこれは、* 因果の昇華の意味でも* 霊的成... 【続きを読む】

大切なヒント・生きるための知恵

2015-12-03 02:49 伊勢ー白山 道
社会で修行する人々よ。悪い惰性があれば断ち切りなさい。そして勇敢でありなさい。ただし、そうするにはワレヨシな欲望が有ってはならない。そして、すべての物事は必ず終わることも知って置くこと。そして、天国が実在すると信じる者でいなさい。(原始仏典 ダンマパダ26章-383)(感想)今の社会には、転職をするか否かで悩む人が多いです。せっかく入った会社でも、何か辛いことが有りますと、誰でも一度は転職を考えるものです。多くの人々は、常に転職を考えながらでも、それでもそのまま定年になるまで居ることも多いのが社会の現実です。社会の現実は甘く無いです。転職を夢想することが、一時の清涼剤であり、自己逃避であり、休息なのかも知れません。また、自分で夢を見ているとも言えそうです。しかし、本当に転職した場合、(1) 知らない職場で、いきなり新人として一から始めなければいけないこと。(2) 信用・信頼されるために、一から実績を見せないといけないこと。(3) 最初は試用期間であり、年下の人間が上司にも成ること。(4) 収入も下がるのが普通なこと。(5) 転職することで、社会保障(年金・健康保険など)に空白が生じ、退... 【続きを読む】

大欲(全体のため)に生きて、少欲(自分だけのため)に生きては生けない

2015-12-02 03:04 伊勢ー白山 道
漫画家・水木しげる氏の語録には面白いものがあります。(http://matome.naver.jp/odai/2138189879790102701)他のネット上での発言集も見ますと、* 死後は何も持ってゆけないし、自分のカラダだけだ。だから、寝なきゃ駄目。 食べたいものは食べないと駄目。 疲れたら休まないと駄目。* この世は通過するだけのものだから、あまり頑張る必要ないよ。* 金なんか飢え死にしない程度にあったらええ。では、水木しげる氏は無欲だったのか?といいますと、私は何でもに思いっ切り良い意味での大欲の方だったと感じます。好きな仕事に対しても、食事にしても、睡眠にしても、精力・性力にしても人並み外れた大物だったと想像します。水木しげる氏は生死の地獄を何度も奇跡的に「生かされた」御方でしたから、自分が仕事した分はキッチリと頂くという契約への厳しさも、このようなタイプの男性には併せ持つ人が多いです。私も似ているかも知れません。しかし、大欲は持つが、でも欲への執着はしないのです。欲望に、真から負けてないのです。水木しげる氏は、大欲は持つが、人間の欲望に毒されずに「楽しむ」という上手を行... 【続きを読む】

柔訳 釈尊の言葉 第2巻

2015-12-01 02:21 伊勢ー白山 道
「柔訳 釈尊の言葉 第2巻」が発売されます。アマゾンでの予約は始まっておりますが、書店発売は12月18日からです。よろしくお願い致します。柔訳 釈尊の言葉 第2巻 ( http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900418/isehakusandou-22/ref=nosim携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900418&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html )釈尊の真の言葉である「原始仏典 ダンマパダ」を全3部作で翻訳を予定しており、今回は第2部になります。ブログで柔訳を公開しておりますが、本にする為に約数ヶ月にわたり加筆修正を行いました。やはり縦読みにするだけで内容の印象が変わります。上から下に流れる水のごとく、自然の理に適っており、これは日本語が持つ不思議な面です。そして、すべての項において「言霊」(ことだま)の影響を意識して変更を致しました。その結果、本を読むだけでも2500年の時を超えて、釈尊から直に御話を聞いていると錯覚をして頂... 【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2017