スポンサーリンク

1.3k Spirit


スポンサーリンク

スポンサーリンク

カスタマーレビューがあります。 関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

●モーリス・ホワイト・ロス

2016-02-19 15:01 吉岡正晴のソウル・サーチン
●モーリス・ホワイト・ロス
【Maurice White Loss】
ロス。
アース・ウィンド&ファイアーのリーダー、モーリス・ホワイトが逝去して10日以上経つが、そのモーリス・ロスの波が半端なく続く。
「ずっとアースばかり聞いていて泣けてきた」「ニュースを知ってしばらくアースの曲は聴けなかった。最近やっと聴けるようになった」「電車の中でアースを聴いていたら涙がでてきて、困った」などなど。
その存在感の大きさが改めて感じられる言葉があちこちから出てくる。
モーリス・ホワイト追悼。「ビッグ・スペシャル~アース・ウインド&ファイアー特集」(出演吉岡正晴)2012年5月2日放送分、期間限定でアップしました。最初の約2時間弱分です→ https://goo.gl/h7HNWx
ブログ→http://goo.gl/rHGEyG
海外でも追悼文の数々がでてきている。
そんな中で、フィリップ・ベイリーとヴァーディン・ホワイトのコメントなどはやはり身近にいただけに胸に来る。
http://www.billboard.com/articles/news/6874188/maurice-white-remembered-by-earth-wind-fire-verdine-white-philip-bailey?utm_source=twitter
いくつかまとまったものをご紹介しよう。
これはイギリス・ブルーズ&ソウル誌の編集長だったデイヴィッド・ネイサンの追悼記事。さすがに何度もインタヴューしているだけあり、さらに個人的な思いも。
http://www.soulmusic.com/index.asp?S=1&T=38&ART=18451
おなじくR&B系のライター、スティーヴン・アイヴォリーのもの。
http://www.eurweb.com/2016/02/steven-ivory-maurice-whites-forever-hip-place/
チャールズ・ヒューズのもの。
http://www.newblackmaninexile.net/2016/02/maurice-whiteof-memphis-tennessee-by.html
Aスコット・ギャロウェイのもの。
https://www.facebook.com/ascott.galloway/posts/10153424593275679
オバマ大統領
http://www.ew.com/article/2016/02/05/maurice-white-dies-president-obama-tribute
ソウル・サーチャーのトリビュート(英語)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12126602238.html
同日本語版。
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12126673989.html
そして、スティーヴィー・ワンダー&ペンタトニックスのグラミーでのパフォーマンス
http://www.rollingstone.com/music/news/watch-stevie-wonders-emotional-maurice-white-tribute-at-grammys-20160215
https://www.youtube.com/watch?v=o7dS_hsR8zs

~~~
SHINING STARR リミックス音源に昔の映像をうまくあわせています。
https://www.youtube.com/watch?v=6O40udR5lTs

~~~
https://www.youtube.com/watch?v=vwc0AW67CmA

https://www.youtube.com/watch?v=BA-s0wu-RaU

元気なモーリス・ホワイト、健在な映像
https://www.youtube.com/watch?v=_R2RsP43rmg

~~~
GRATITUDE
(Gratitude to Mr. Maurice White)
Gratitude
Gratitude
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (1999-07-27)
売り上げランキング: 16,777

Opened my eyes : “Open Our Eyes” – Earth Wind & Fire
(first EWF album I ever bought)
Open Our Eyes
Open Our Eyes
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2008-02-01)
売り上げランキング: 34,725

SPIRIT
(Oh, Charles Stepney)
Spirit
Spirit
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2001-04-10)
売り上げランキング: 50,947

ALL n ALL
(Masterpiece)
All 'n All
All 'n All
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (1999-07-27)
売り上げランキング: 49,176

ENT>ARTIST>Earth, Wind & Fire
OBITUARY>White, Maurice
ENT>ESSAY>Earth, Wind & Fire
【続きを読む】

●★◆ モーリス・ホワイト氏への感謝(日本語版)

2016-02-09 15:00 吉岡正晴のソウル・サーチン
●★◆モーリス・ホワイト氏への感謝(日本語版)
【Gratitude to Mr. Maurice White】
感謝。
モーリス・ホワイト逝去を聞いて、個人的なアースの思い出を海外向けに英語で書きました。昨日の英語版の日本語版です。
■昨日の英語版(Feb 09, 2016)
モーリス・ホワイト氏への感謝(英語版) 【Gratitude to Mr. Maurice White】
2016年02月09日(火)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12126602238.html
~~
『モーリス・ホワイト氏への感謝(日本語版)』
吉岡正晴・著
1979年3月。
アース・ウィンド&ファイアーの初来日コンサートを見るために僕は武道館へ続く道を歩いていた。そのときは3日連続で武道館に通った。
初日。もうすべてに圧倒され、ステージで何が起こっているのかまったく理解すらできなかった。音楽はエッジが効いた最高のグルーヴで圧倒的だった。
2日目。少し冷静になってショーを楽しむことができた。
3日目。ショーのすべてを両目両耳、全身全霊を使いしっかりと見た。宙に浮くベースマン(ヴァーディン・ホワイト)、ピラミッド、メンバーの瞬間移動のマジック。ステージでのすべてを目撃し、目に焼き付けた感じだ。そして、ついにはあのマジックのタネもわかった。
思えば、同じツアー内でそのアーティストのライヴを何度も見るようになったのは、このアースのライヴが最初だった。それ以来、本当に好きなアーティストのライヴは何度も何度も繰り返し見るようになった。アースのその経験のおかげで、僕はマイケル・ジャクソンの約3週間にわたって行われた1987年の初ソロ来日コンサートは、日本公演14本すべてをみることになった。
~~~
1983年8月。
僕はフィリップ・ベイリーにインタヴューするためにモーリス・ホワイトがロスアンジェルスに作ったコンプレックス・スタジオへ出向いた。インタヴューが終わった後、マネージメントかレコード会社の人が、スタジオ内を案内してくれた。そのとき、スタジオ外の駐車場にかっこいいポルシェが止まっていた。(記憶によればおそらく黒だったと思う) 「あれば、モーリスのポルシェだよ」と案内してくれた人が教えてくれた。
今となっては、ベイリーとどんな話をしたかは覚えていないのだが(ただしカセットテープには録音されて残っている)、モーリスがカリフォルニアの青い空の下でポルシェに乗っているという事実だけはよく覚えている。1983年夏の僕の良き思い出のひとつだ。
僕は多くのアース・ウィンド&ファイアーのライナーノーツや、グループについてさまざまな出版物へ記事を書いた。1997年には、アース・ウィンド&ファイアーの6枚組のボックスセットを作った。選曲し、そこでかなり長く詳細におよぶアース・ウィンド&ファイアー・ストーリー(ディスコグラフィー付き)を日本語で書いたが、これは本当に自信作だ。
~~~
2002年11月。
「1983年の夏」から19年後、モーリス・ホワイトを含むアース・ウィンド&ファイアーがコンサートのために来日した。そのとき幸運なことにグループにインタヴューする機会が与えられた。メンバーのラルフ・ジョンソンとヴァーディン・ホワイトは一緒に、そして、モーリス・ホワイトは単独で30分だけだったが、話ができた。そのときに出る新作について取材する予定だったので、インタヴュー自体はその新作を中心に話を訊かなければなかった。だが僕の興味はそれよりももっと初期の1960年代後期から70年代について注がれた。
モーリスの語り口はひじょうにソフトスポークンで、その弱弱しい声を聴くために彼に近づかなければならず、声が小さかったので、本当に集中して彼の話を聴かなければならなかった。
~~~
スピリチュアル・メントゥアー(精神的支柱)。
1979年に初めてアースのショーを見て以来、何度もライヴは見た。2002年のショーは、彼らの10回目の来日で、続く2004年のショーがモーリス・ホワイト参加の最後のものとなった。どちらも、モーリスは体調のために(パーキンソン病)ショーの3分の1程度の時間しかステージに現れなかった。だが、そのとき、僕はモーリスが本当にグループ内の「スピリチュアル・メントゥアー」(精神的支柱)であることを強く感じた。たとえ彼の肉体がステージにいなくとも、彼の存在とソウル(魂)を見たのだ。
日本では、「ファンタジー」、「セプテンバー」、「ブギー・ワンダーランド」、「レッツ・グルーヴ」といった曲がディスコ、クラブ・シーンでとても人気がある。現在まで、彼らは日本におけるもっとも人気のあるR&Bグループだ。多くの音楽愛好家が、アースからソウル・ミュージック、R&B音楽を好きになった。彼らは間違いなく1970年代以降ここ日本に新しいR&Bマーケットを確立した。
僕が初めて買ったアースのアルバムは、1974年の『オープン・アワ・アイズ』だった。アルバムのトップを飾る「マイティー・マイティ―」は本当にジャムだ。最初は7インチ・シングル盤を買い、それこそ擦りきれるほど聴き、それからアルバムが出た。当時僕は六本木のディスコ「エンバシー」でフリーランスのDJとしてやっていたが、これを何百万回とかけた。「エンバシー」は米軍兵が基地からやってくる店だったが、ダンスフロアに誰もいないときでも、これをかけると瞬時にブラザーたちが集まり、踊りだした。
このアルバムで、モーリスは僕にアフリカの「カリンバ」という楽器を教えてくれた。それまでまったく聞いたことがなかったもので、実にフレッシュで印象的だった。「カリンバ」の音は今日まで未だ訪れたことがないアフリカの地へ僕を誘(いざな)ってくれた。
『スピリット』(1976年)、『オールン・オール(太陽神)』(1977年)などのアルバムを通じて、モーリスは僕にピラミッドの存在、ピラミッド・パワーのこと、哲学、歴史など多くを教えてくれた。彼は僕にたくさんの扉を開いてくれ、ファンク、ジャズ、アフリカン・ミュージック、ブラジリアン、ロック、R&Bなど多くの音楽とその文化に触れることができた。ときどき、僕はモーリス・ホワイトが校長の「アース・ウィンド&ファイアー大学」の生徒のような気持になる。
~~~
永遠に。
今でも他のアーティストのライヴを見るために武道館への道を歩くとき、あの1979年のアース・ウィンド&ファイアーの3日間のコンサートが思い出される。あの3日間の夜が僕の人生を永遠に変えたのだ。
ミスター・モーリス・ホワイト、僕に多くの素晴らしい音楽をもたらしてくれただけでなく、膨大な量の知識を教えてくれてありがとうございます。あなたは僕にとってのCNNです。あなたから実に多くのことを学びました。そのことを深く感謝いたします。ゆっくりお休みください、「ミスター・シャイニング・スター」。シャイニング・スターは永遠に輝き続けます。
~~~
SHINING STARR リミックス音源に昔の映像をうまくあわせています。
https://www.youtube.com/watch?v=6O40udR5lTs

~~~
https://www.youtube.com/watch?v=vwc0AW67CmA

https://www.youtube.com/watch?v=BA-s0wu-RaU

元気なモーリス・ホワイト、健在な映像
https://www.youtube.com/watch?v=_R2RsP43rmg

~~~
GRATITUDE
(Gratitude to Mr. Maurice White)
Gratitude
Gratitude
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (1999-07-27)
売り上げランキング: 16,777

Opened my eyes : “Open Our Eyes” – Earth Wind & Fire
(first EWF album I ever bought)
Open Our Eyes
Open Our Eyes
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2008-02-01)
売り上げランキング: 34,725

SPIRIT
(Oh, Charles Stepney)
Spirit
Spirit
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2001-04-10)
売り上げランキング: 50,947

ALL n ALL
(Masterpiece)
All 'n All
All 'n All
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (1999-07-27)
売り上げランキング: 49,176

ENT>ARTIST>Earth, Wind & Fire
OBITUARY>White, Maurice
ENT>ESSAY>Earth, Wind & Fire
【続きを読む】

●★◆モーリス・ホワイト氏への感謝(英語版) 【Gratitude to Mr. Maurice

2016-02-08 15:01 吉岡正晴のソウル・サーチン

●★◆モーリス・ホワイト氏への感謝(英語版)
【Gratitude to Mr. Maurice White】
感謝。
モーリス・ホワイト逝去を聞いて、個人的なモーリス・ホワイト、アース・ウィンド&ファイアーへの思い出を海外向けに英語で書きました。当初は個人的なものなのでSNSでの投稿だけでしたが、反応がよかったので、ブログに掲載いたします。日本語は明日付け本ブログでご紹介します。
~~~
“Gratitude to Mr. Maurice White”
Feb 5, 2016
Written by Masaharu Yoshioka, The Soul Searcher, music journalist and radio DJ based in Tokyo, Japan
~~~~
March 1979.
I walked down the road to Budokan to see Earth Wind & Fire live in concert for 3 consecutive days.
Day one, I was so knocked out and got overwhelmed for what I saw and hard to understand what was going on the stage. I was so astonished for everything. Music was so groovy with hard edge and awesome.
Day two, little bit of calm for the show and more enjoyable.
Day three, I saw every seconds of the show with both eyes and ears, using my whole body and soul. I confirmed floaty bass-man (Verdine White), pyramid, teleportation magic clearly. I saw and witnessed everything happening on the stage. And I found out secrets of magic, finally.
That was very first time for me to attend same artist’s same concert in a tour again and again. Since then I tried to attend many shows as possible in one tour to witness whole shows, if I really love to see that artists. Thanks to Earth Wind & Fire experience, I saw 14 Michael Jackson shows which is whole shows in 3 weeks period on 1987 Japan tour.
August 1983.
I visited Complex studio in LA built by Maurice White to do interview with Philip Bailey. After interview was done, I looked around inside the studio toured by person from management or record company. Then, outside the building I saw cool Porche (I think it was black one) on parking lot. Guide guy told me “That was Maurice’s Porche”. By now I forgot what kind of conversation I did with Bailey (but it’s on cassette tape), but I remember very vividly the fact that Maurice was driving cool Porche under the clear blue sky in California. That was one of my very good memory of summer of ’83.
I had opportunity to write many linernotes of Earth Wind & Fire albums and stories for various publications here in Japan. In 1997, I compiled and produced Earth Wind & Fire 6 CDs boxset released from Sony Music House. In that boxset, I wrote lengthy and detailed story of Earth Wind & Fire in Japanese with discography which I was very proud of.
November 2002.
19 years later since summer of 1983, Earth Wind & Fire including Maurice White came to Japan to do some concerts. And I had opportunity to do interview with Ralph Johnson and Verdine White together and Maurice White person to person for 30 minutes. I was supposed to write linernotes for Earth Wind & Fire then new album from that interview. So interview should focused on that particular new album, but my interest was more earlier days back in late sixties through early seventies. Maurice was soooo soft spoken and I have to more closer to him to catch his feeble voice. His voice was so weak that I have to concentrate to what he was talking so intense.
Spiritual Mentor.
I attend Earth Wind & Fire live in concert many times since their first show in 1979. Their 2002 shows count their 10th Japanese tour and followed by 2004 shows was the last tour with attendance of Maurice White. Both shows, Maurice is only appeared on the stage one third of whole show due to his physical problem. But then, I strongly feel Maurice was truly spiritual mentor among the group. I could see Maurice whenever his body is not on the stage, but could feel his presence and his soul.
In Japan, their songs like “Fantasy”, “September”, “Boogie Wonderland” and “Let’s Groove” are still popular in disco / club scene. And Earth Wind & Fire is biggest R&B group in Japan up until now. So many music lovers in Japan who fell in love with black music, soul, R&B is because of hearing of Earth Wind & Fire, first. They definitely created whole new R&B market here since 70s.
My first Earth Wind & Fire album that ever bought was “Open Our Eyes” (1974). “Mighty Mighty” top of the side one is really jam. I bought 45 first and listened to it to death before vinyl album came out, as well as played millions of times as DJ at disco called Embassy in Roppongi where many soldiers from US base to hang out. Even at the time nobody was dancing on the floor, once you played "Mighty Mighty", brothers came on the center of there in a blink.
Maurice taught me African instrumental called “Kalimba” with this album. I’ve never heard that one before. That was really fresh and impressive. Sound of Kalimba brought me a landscape of Africa eventhough I've never visited there so far. On albums such as “Spirit” (1976), “All ‘n All” (1977), Maurice taught me Pyramid and its power and, philosophy, history among others. He opened lots of doors for me, and helped to exposed to every kind of music such as funk, jazz, african, brazilian rock, R&B and their culture, too. Sometimes, I feel like I’m just a student of Earth Wind & Fire University with principal Maurice White.
Forever.
When I walking down the road to Budoukan for other artists’ concert, even after all these years, this road sometimes remind me 3 days of Earth Wind & Fire concerts in 1979. Those nights changed my life forever.
Thank you for bringing me not only great music, but tons of knowledge, Mr. Maurice White. You are CNN to me. I learned a lot from you. And I appreciate for that very deeply. Have a good rest, Mr. Shining Star. Shining Star will be shining forever.
https://www.youtube.com/watch?v=NKljHXYTRy0

~~~
GRATITUDE
(Gratitude to Mr. Maurice White)

Gratitude
Gratitude
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (1999-07-27)
売り上げランキング: 16,777

Opened my eyes : “Open Our Eyes” – Earth Wind & Fire
(first EWF album I ever bought)
Open Our Eyes
Open Our Eyes
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2008-02-01)
売り上げランキング: 34,725

SPIRIT
(Oh, Charles Stepney)
Spirit
Spirit
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2001-04-10)
売り上げランキング: 50,947

ALL n ALL
(Masterpiece)
All 'n All
All 'n All
posted with amazlet at 16.02.07
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (1999-07-27)
売り上げランキング: 49,176

ENT>ARTIST>Earth, Wind & Fire
OBITUARY>White, Maurice
ENT>ESSAY>Earth, Wind & Fire
【続きを読む】

●速報。訃報。モーリス・ホワイト、アース・ウィンド&ファイアー創始者、74歳で死去

2016-02-05 01:20 吉岡正晴のソウル・サーチン

●速報。訃報。モーリス・ホワイト、アース・ウィンド&ファイアー創始者、74歳で死去
【Maurice White, Founder Of Earth Wind & Fire, Dies At 74】
訃報。
モーリス・ホワイト Maurice White アース・ウィンド&ファイアーの創始者、リーダー。2016年2月3日ロスアンジェルスの自宅で就寝中に死去した。74歳。
http://goo.gl/28a2dl
長くパーキンソン病を患っていた。弟のヴァーディン・ホワイトが発表。一斉にメディアが報じた。
弟のヴァーディンのコメント。
"My brother, hero and best friend Maurice White passed away peacefully last night in his sleep," White's brother and bandmate Verdine wrote in a statement. "While the world has lost another great musician and legend, our family asks that our privacy is respected as we start what will be a very difficult and life changing transition in our lives. Thank you for your prayers and well wishes."
ツイッターのグループの投稿。
"The light is he, shining on you and me,"
~~~
評伝。
モーリス・ホワイトは、1941年12月19日メンフィス生まれ、シカゴ育ち。父親が医師だったため、当初は医師になるべく勉強をしていたが、徐々に音楽に興味をもつようになった。シカゴの名門ソウル・レーベル、チェスのハウスバンド・メンバーとして活躍。ラムゼイ・ルイス・トリオのドラマーとなる。
1969年、アース・ウィンド&ファイアーの前身グループ、ソルティー&ペッパーズを弟のヴァーディンらとともに結成。キャピトル・レコードからシングル盤をリリース。
その後、グループ名をアース・ウィンド&ファイアーと変更。コンセプトも、ソウル、ファンク、ロック、ジャズ、アフリカン・ミュージックなどの要素を巧みにブレンドしたサウンドを模索する。1971年2月、ワーナー・ブラザースから『アース・ウィンド・アンド・ファイアー』でデビュー。
ワーナーで2枚アルバムを出しあと、コロンビアに移籍。1972年「ラスト・ディズ・オブ・ザ・タイム』以降、長くコロンビア(CBS)レコードに在籍。1973年5月通算4作目『ヘッド・トゥ・ザ・スカイ』をリリース、これがブレイク。
さらに1974年3月リリースの5作目『ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド(邦題、暗黒への挑戦)』からタイトル曲が大ヒット、トリプル・プラチナムとなり、人気を決定づけた。1976年『スピリット』も大ヒット。
日本では1977年『オールン・オール(太陽神)』から「ファンタジー」、1978年『ベスト』から「セプテンバー」、さらに1979年『アイ・アム(黙示録)』から「ブギー・ワンダーランド」がディスコを中心に大ヒット。日本での人気も決定づけた。
この頃のアースのジャケットは日本人デザイナー、長岡秀星氏が担当。モーリスのアフリカ志向とともに、ピラミッドの緻密なイラストなどが大きな話題となった。
1980年発表の『フェイセス』を最後に、アースの中でモーリス・ホワイトと両輪的存在だったギタリストのアル・マッケイがグループを脱退。その後1曲「レッツ・グルーヴ」の大ヒットを放つが以後大ヒットはない。しかし、グループは、現在まで日本におけるブラック・ミュージック界では最大の人気を誇る。
グラミー賞6回受賞。今年(2016年)2月、グラミー賞「ライフ・タイム・アチーヴメント生涯功労賞」を受賞する予定。2000年ロック殿堂入り。
1979年3月、グループとして初来日。来日はグループとしては1979年から2013年まで14回あるが、モーリスが来日していたのは、2004年10回目の来日まで。モーリスは、1992年頃からパーキンソン病を患い、2000年代に入って以降ツアーから実質引退。
モーリスは2004年以降、実質的に表舞台には出ることなく、グループの精神的主柱として存在していた。アース・ウィンド&ファイアーは、文字通りモーリスのアイデアなどが宿った分身とも言えるグループで音楽界に多大な影響を与えた。ヒップ・ホップ系アーティストもアース作品を多数サンプリングしている。
モーリスは1985年、唯一のソロ・アルバム『モーリス・ホワイト』をリリース。ここから「アイ・ニード・ユー」のバラードがヒットしている。同作には、ベン・E・キングの大ヒット「スタンド・バイ・ミー」のカヴァーも収録された。
~~~
個人的なインタヴューや思い出などは、またのちほど。
~~~
第一報
http://www.tmz.com/2016/02/04/maurice-white-earth-wind-and-fire-dead/
ビルボード誌速報
http://www.billboard.com/articles/news/obituary/6866932/earth-wind-fire-maurice-white-dead
ビルボード誌、過去インタヴュー記事
http://www.billboard.com/articles/news/6866941/maurice-white-earth-wind-and-fire-interview-success-grammys
http://www.latimes.com/entertainment/music/posts/la-et-ms-maurice-white-earth-wind-fire-dies-20160204-story.html
~~~~
■アース・ウィンド&ファイアー関連記事
「ソウル・サーチン・ブログ」における過去10年のアース・ウィンド&ファイアー関連記事。
訃報。世界的画家、イラストレーター、長岡秀星さん78歳で死去
2015年06月27日(土)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12043707830.html
アース・ウィンド&ファイアー・ライヴ~浮かび上がるモーリスの存在感
2012年06月16日(土)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11259197313.html
アース・ウィンド&ファイアー、急遽5月に来日~通算13度目
2012年04月10日(火)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11218866157.html
今日、来日直前、アース・ウィンド&ファイアー特集:『ビッグ・スペシャル』
2012年05月03日(木)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11239085128.html
フィリップ・ベイリー前回単独ライヴ↓
フィリップ・ベイリー・ライヴ~息子は父の背中を見て学ぶ
2010年11月14日(日)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10705518314.html
フィリップ・ベイリー、デイヴィッド・フォスター・ライヴで来日
デイヴィッド・フォスター・ライヴ~素晴らしいシンガーを紹介する良質の音楽番組
2011年10月21日(金)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11053689806.html
アース・ウインド&ファイアー・ライヴ~普遍的ソウル・バンドの魅力
2009年12月12日(土)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10409104298.html
前回のセットリストも。
January 19, 2006
Earth, Wind & Fire: Live At Budoukan, Why They Didn't Play Encore Song?
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_01_19.html
January 20, 2006
EWF: "That's The Way Of The World" Should Be The Last Song
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_01_20.html
2004/09/04 (Sat)
Earth Wind & Fire: Set The Budokan On The Fire
武道館でのライヴ評
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200409/diary20040904.html
2004/09/05 (Sun)
After The Rain Has Gone: EWF Live At Budoukan
ライヴ評第2弾
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200409/diary20040905.html
2002/11/29 (Fri)
Big Daddy! Big Boss!
2002年のライヴ評。背中で歌うモーリス・ホワイト
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200211/diary20021129.html
2002/12/01 (Sun)
Maurice White Talks
モーリス・ホワイトへのインタヴュー
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200212/diary20021201.html
~~~~
■アルバム

Essential Earth, Wind
Essential Earth, Wind
posted with amazlet at 16.02.05
Wind & Fire Earth
Colum (2011-08-26)
売り上げランキング: 117,815

The Eternal Dance
The Eternal Dance
posted with amazlet at 16.02.05
Wind Earth & Fire
Imports (2014-05-06)
売り上げランキング: 184,258

~~~~
通算4作目HEAD TO THE SKY
Head to the Sky
Head to the Sky
posted with amazlet at 16.02.05
Earth Wind & Fire
Sony (1989-01-31)
売り上げランキング: 224,321

5作目 OPEN OUR EYES
Open Our Eyes
Open Our Eyes
posted with amazlet at 16.02.05
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2008-02-01)
売り上げランキング: 65,086

6作目 THAT’S THE WAY OF THE WORLD (暗黒への挑戦)
That's the Way of the World
That's the Way of the World
posted with amazlet at 16.02.05
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2008-02-01)
売り上げランキング: 74,812

7作目 GRATITUDE (灼熱の狂宴)
Gratitude
Gratitude
posted with amazlet at 16.02.05
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (1999-07-27)
売り上げランキング: 76,471

8作目 SPIRIT
Spirit
Spirit
posted with amazlet at 16.02.05
Earth Wind & Fire
Sbme Special Mkts. (2001-04-10)
売り上げランキング: 24,161

9作目 ALL ‘ ALL (太陽神)
太陽神
太陽神
posted with amazlet at 16.02.05
アース・ウインド&ファイアー
SMJ (2013-03-06)
売り上げランキング: 99,697

10作目 BEST OF (「セプテンバー」収録)
ベスト・オブEW&F Vol.1
ベスト・オブEW&F Vol.1
posted with amazlet at 16.02.05
アース・ウィンド&ファイアー
Sony Music Direct (2004-02-18)
売り上げランキング: 150,754

11作目 I AM (黙示録)
黙示録
黙示録
posted with amazlet at 16.02.05
アース・ウインド&ファイアー
SMJ (2013-03-06)
売り上げランキング: 86,509

12作目 FACES
Faces
Faces
posted with amazlet at 16.02.05
Earth Wind & Fire
Ais (2010-10-05)
売り上げランキング: 103,573

13作目 RAISE (レイズ~太陽の女神)
天空の女神
天空の女神
posted with amazlet at 16.02.05
アース・ウィンド&ファイアー
Sony Music Direct (2004-09-01)
売り上げランキング: 135,953

14作目 POWERLIGHT (創世記)
創世紀(紙ジャケット仕様)
創世紀(紙ジャケット仕様)
posted with amazlet at 16.02.05
アース・ウインド&ファイアー
SMJ (2012-03-07)
売り上げランキング: 117,837

~~~
上記6作目~9作目と11作目、計5枚をまとめたボックス、安価でお勧め
Original Album Classics
Original Album Classics
posted with amazlet at 16.02.05
Earth Wind & Fire
Colum (2008-09-26)
売り上げランキング: 78,494

ワーナーでの2枚、『オープン・アワ・アイズ』『フェイセス』『パワーライト』の5枚組。これも安価。
Earth, Wind & Fire: Original Album Classics
Earth, Wind & Fire: Original Album Classics
posted with amazlet at 16.02.05
Wind & Fire Earth
Colum (2011-10-07)
売り上げランキング: 56,008

OBITUARY>White, Maurice (December 19, 1941 – February 3, 2016, 74 year old)
~~~~
【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018