スポンサーリンク

1.9k 池田 久美子


スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

岐阜県議会元議長が「同性愛は異常」と県議会本会議一般質問中にヤジ。もう捨て置けない。

2015-12-10 21:26 Everyone says I love you !

 

 神奈川県海老名市の鶴指(つるさし)真澄市議(71)が2015年11月29日、自身の公式ツイッターに

「同性愛は異常なのだ」

「異常人間の行動を正当化した報道はするな」

「生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ」

「異常人間が多くなれば人類の破滅、まじめな人間をほめる方法を考えろ」

「最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている」

などと3回にわたり書き込んでいました。

ebinashigi

 

 

 私は、この報を聞いた時に、どこまで突っ込むべきか判断がつかず、

どっちが異常だ→海老名市議がTwitterで差別発言「同性愛者は異常動物」 https://t.co/g76z881HFu @HuffPostJapanさんから

— 宮武嶺 (@raymiyatake) 2015, 11月 29

と書くに留め、この問題をブログ記事にかくことはしませんでした。

 同性愛者を異常動物という表現があまりに異質で、異様だったので、この表現を記事にすると、性的マイノリティーの方々を傷つけるのではないかと慮ったというのが本音です。

lgbt

これでも単純化しているが、好きになる性が同性なのが同性愛者。ちなみに身体の性と自分をどういう性だと意識しているかが違うのは性同一性障害の問題。

同性愛やバイセクシュアルなどは障害ではない。

 

 

 この海老名市議のツイートに対しは、ツイッター上では「差別であり、人権侵害」「人権感覚が欠如している」などと批判が相次ぎ、鶴指市議は「不適切な表現だったことを深くお詫(わ)び申し上げます」として同日中に削除しました。

 

 ところがさらに、別の岐阜県の職員が、同性愛者を中傷するツイートや書き込みをしていた事件も発覚したのですが、今度は、岐阜県議会で6回も当選している藤墳(ふじつか)守県議・元県議会議長(74)が、また同性愛者を異常だと発言したというのです。

 それも本会議で一般質問が行われ、岐阜県職員の問題が扱われているときに、

「同性愛者は異常」

とヤジを飛ばしたというのです。

 それでも同性愛者は異常だ、って、あなたは、性的マイノリティ差別界のガリレオか!

1993年まで同性愛が犯罪だったアイルランドで同性婚合法化!カソリックの国なのに国民投票では世界初!!

 

彼らのどこが異常か。連邦最高裁判決で同性婚が認められ、国の代表がそれを祝福するアイルランドやアメリカのほうがよほど正常。

同性婚は憲法上保障されるとした米連邦最高裁の判決文が美しい。 「同性婚は憲法上保障される」米最高裁が歴史的判断!全米で同性婚が合法化!論争に決着!

 

 

 同性愛者は少数かもしれませんが、異常ではありません。異常とか異常動物とかいう言葉は本当にひどすぎます。これは、法の下の平等を規定した憲法14条1項に反していますし、国際人権規約などの国際法にも反している重大な差別発言です。

 この県議は、

「やじではない。私人としてつぶやいただけ」

と話し、発言は撤回しないとしているそうですが、ツイッターでつぶやいたのと、県議会の本会議中に不規則発言をしたのはまったく意味が違います。

 ヤジは、不規則発言ではありますが、県議会本会議での「発言」なのですから、私的なつぶやきという言い訳は通用しません。

見かけじゃなくて、どちらの中身が美しいか。

 

 

 もうこの問題は捨て置けないということで、記事にしました。

 なぜ、人のことを放っておけないのでしょうか。少なくとも、漫画の原作者・劇作家として高名な小池一夫氏の以下のツイートは心してほしいと思います。

すごく単純な意見だと思うのだが、例えば同性愛が禁止されたとして、じゃあ異性と結婚して子孫を残すか、とはならないでしょうが。同性愛者の人としての孤独を深めるだけ。好きな人が好きな人と結ばれることを、少子化と結びつける人、頭悪い。(小池一夫)

— 小池一夫 (@koikekazuo) 2015, 11月 29

 

 

少子高齢化は大変な問題ですが、なんでも少子高齢化対策で人の人権を踏みにじったり、人の生き方を強制することは絶対に許されない。

これは多様性の問題。基本的人権の問題。

そして、多様な「性」が生まれてくる人間って生き物は素晴らしい!神の摂理!!

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキング

にほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

    同性婚 私たち弁護士夫夫(ふうふ)です(祥伝社新書) 南和行 著 祥伝社

海外では同性婚を法律で認めている国が多数ある。にもかかわらず、日本では認められていない。 しかし、2015年3月31日、東京都渋谷区で、同性カップルにパートナーシップ証明書を発行する条例が成立した。この意義はきわめて大きい。 本書は、同性愛者である弁護士が、自身の同性婚や、弁護士として関わってきた同性愛者の葛藤(かっとう)と困難、そして法律が家族や婚姻をどう捉(とら)えているのかについて、述べた。加えて、憲法24条と同性婚について論じる。 同性愛だけでなく、多様な性を当たり前に感じる社会であってこそ、すべての人が自分らしく生きられるのだ。


同性愛と異性愛 (岩波新書) 風間 孝  (著), 河口 和也  (著) 岩波書店

日本は同性愛者に寛容というのは本当だろうか。なぜ「見えない」存在なのか。エイズ・パニックや「青年の家」利用拒絶事件、ある殺人事件などを題材にしながら、異性愛社会に染み付いたホモフォビア(同性愛嫌悪)の諸相を描き出す。また、同性愛者が肯定的に生きるための取り組みも紹介。同性愛者から見た日本社会論。


歴史を読み替える ジェンダーから見た世界史 三成 美保 (編集), 小浜 正子 (編集), 姫岡 とし子 (編集) 大月書店

高校の教科書に対応した、ジェンダー視点による初めての世界史。多数の資料とともに新たな歴史像を描き出す、画期的なテキスト。ジェンダー研究の進展に比して、その成果が生かされていない教育現場に一石を投じる。


 

セクシュアルマイノリティ―同性愛、性同一性障害、インターセックスの当事者が語る人間の多様な性 池田 久美子  (著), 木村 一紀 (著), 高取 昌二 (著), 宮崎 留美子 (著), 岡部 芳広 (著) 明石書店   性的マイノリティーに関する総合書。    
性的マイノリティ判例解説 (判例解説シリーズ) 谷口 洋幸 (編集), 齊藤 笑美子 (編集), 大島 梨沙 (編集) 信山社

性的マイノリティーに関する唯一の判例解説最新刊。

 

 

岐阜県議会

質問中に「同性愛は異常」後で「つぶやきだ」

毎日新聞2015年12月10日 21時24分(最終更新 12月10日 22時22分)

  岐阜県議の藤墳守氏=道永竜命撮影

 岐阜県職員が短文投稿サイト「ツイッター」に同性愛者などを中傷する不適切な書き込みをしていた問題で、自民党の藤墳(ふじつか)守県議(74)が10日、この問題の質疑があった県議会一般質問中に「同性愛は異常だ」とやじを飛ばした。藤墳県議は議会後、報道陣に「やじではない。私人としてつぶやいただけ」と話し、発言は撤回しないとしている。

 この日の一般質問では、県職員の問題について別の県議が県の見解をただした。古田肇知事は「公務員の立場上、差別的内容や他者を誹謗(ひぼう)中傷する内容を発信したり、不快な思いをさせたりする低劣な表現を使用することは不適切」と答弁。質疑を終えた直後に、藤墳県議が自席で発言した。

 藤墳県議は自民党県連政調会長で当選6回。2011年〜12年に県議会議長を務めた。藤墳氏は取材に「差別的な意識はなく、誰かを中傷するものではない。同性愛を社会全体が認めて拡大すれば人口減少につながるとの思いから発言した」と説明した。

 県議会最大会派で藤墳県議が所属する「県政自民クラブ」の岩井豊太郎・議員会長(71)は「社会的関心の高い問題。もっと慎重にすべきだった。本人から真意を聞いた上で対応を協議したい」と話した。【岡正勝】

 

 

「同性愛者は異常」 一般質問で自民の岐阜県議がやじ

 10日に開かれた岐阜県議会12月定例会の本会議一般質問で、自民党の藤墳守議員(74)が「同性愛者なんかは異常やぞ」とやじを飛ばした。散会後の取材に「同性愛を社会全体が認めていけば、人口減少につながる。それが心配だ。差別的な意識はない」と答え、発言を撤回しない考えを示した。

 藤墳議員が所属する県政自民クラブを含む各会派は、発言の真意を議員にただすことを検討している。

 一般質問では、県政自民クラブの別の議員が、県職員が短文投稿サイト「ツイッター」で同性愛者に対する差別的な書き込みをした問題に言及し、古田肇知事に見解を尋ねた。質問を終えて壇上から席に戻る途中、藤墳議員がやじを飛ばした。その後、知事は、書き込みについて「不適切な行為」と答弁した。

 藤墳議員は不破郡(垂井町、関ケ原町)選出で、6期目。党県連政調会長で、2011~12年には県議会議長を務めた。

 神奈川県海老名市議会では今月、ツイッターで同性愛者への差別的な書き込みをした男性市議(71)に対し、信用失墜行為だとして辞職勧告を決議している。

(中日新聞)

 

 

「同性愛は異常」 自民岐阜県議、本会議でやじ

2015年12月10日22時33分 朝日新聞

藤墳守・岐阜県議

 岐阜県の藤墳(ふじつか)守県議(74)=自民=が10日、本会議中、「同性愛は異常」とやじを飛ばした。県職員がツイッターに同性愛者を差別する投稿をした問題に関する質疑の最中だった。藤墳氏は取材に「同性婚を容認している社会が異常という趣旨」と説明。発言を撤回するつもりはないという。

 やじは一般質問で、藤墳氏が所属する会派「県政自民クラブ」の同僚議員が質問を終えた際にあった。男性職員がツイッターに「同性愛は異常でしょ」と書き込んだ問題などについて、県の対応をただしていた。

 藤墳氏は閉会後、「ふだんからの自分の思いを話した。少子化は問題と言いながら、子どもが生まれない同性婚を容認している社会が異常という意味だった。同性愛は個人の自由だ」と話した。

 ログイン前の続き民主党県連幹事長の伊藤正博県議は取材に「議場での発言は不適格。岐阜県のイメージダウンにつながりかねない」と批判した。

 藤墳氏は不破郡選挙区選出の6期目で、自民党県連の政調会長。2011~12年には県議会議長を務めた。

 

 

同性愛は異常

岐阜県職員、不適切ツイートは計80件

毎日新聞2015年12月7日 20時12分(最終更新 12月7日 20時12分)

 岐阜県技術検査課の30代の男性職員が短文投稿サイト「ツイッター」で同性愛者などを中傷した問題で、同県は7日、この職員による不適切な書き込みが計80件あったと発表した。県は処分を検討している。

 県は、男性職員がツイッターに登録した2013年9月以降の書き込み約650件を調査。職務上の公正・中立性▽他人への中傷▽他人を不快にさせる−−などの基準に基づき、80件を不適切と判断した。「馬鹿な沖縄県民は黙っていろ。我々は粛々と辺野古移設を進める」といったものや、古田肇知事を中傷する書き込みなどがあった。

 不適切投稿とは別に、勤務時間中の書き込みも4件あったという。男性職員はツイッター上のプロフィル欄に、「某県庁職員」と記載していた。【岡正勝】

 

「同性愛は異常」と投稿の県職員、知事らも中傷 岐阜県技術検査課の30歳代の男性職員がツイッターに「同性愛は異常」などと書き込んでいた問題で、県は7日、これまでの職員の書き込みを精査したところ、特定の個人や団体を誹謗ひぼう中傷するなどの不適切な内容が80件あったと発表した。

 県によると、職員はツイッターで、古田肇知事や松井一郎大阪府知事、橋下徹大阪市長らを不適切な表現で中傷。県のマスコットキャラクター・ミナモやサッカーJ2・FC岐阜には「消えろ」「潰れろ」などと書き込んでいた。

 職員は2013年9月にツイッターを始め、これまでに約650件を書き込んでいた。県には職員が会員制交流サイト(SNS)を利用する際の規定がないため、総務省が同年にまとめた国家公務員向けの注意点を参考に精査した。

2015年12月08日 07時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
Chika Igaya ファンになる[email protected]   鶴指眞澄・海老名市議がTwitterで差別発言「同性愛者は異常動物」 投稿日: 2015年11月29日 11時42分 JST 更新: 2015年11月29日 11時51分 JST

ebinashigi

神奈川県海老名市の鶴指(つるさし)眞澄市議が11月29日、自身の公式Twitterで同性愛を「異常人間の行動」と差別発言、批判を受けている。鶴指市議は同性婚の意識調査で賛成が過半数を上回ったというニュースについて投稿した朝日新聞の公式アカウントとNHKの公式アカウントに対し、「倫理観を持った報道をすべきだ」などとクレーム。その後も、同性愛について「生物の根底を変える異常動物」と差別発言を繰り返した。

問題となっているツイートは以下の3つ。

@asahi_tokyo 異常人間をほめるような記事を掲載したりすることが多いが、マスコミの責任感のない記事掲載が問題だ、異常人間が多くなれば人類の破滅、まじめな人間をほめる方法を考えろ、同性愛は異常なのだ、異常なことをすることを取上げる必要はない、責任を持った報道をすべきだ

 

@nhk_seikatsu 異常人間の行動を正当化した報道はするな、マスコミは、異常な行動をする人物を勇敢のように扱う、あなた方は、同性愛はいいことだと思うのか、異常人間を脚光を浴びせることの影響を考えて報道しろ、まじめな人間こそが素晴らしいいのだ、倫理観を持った報道をすべきだ

 

最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている、何でも珍しいいことがあれば良いネタのようにして報道する、報道したことでその人物はなおさら優越感が出るのだ、一例が同性愛とやらだ!生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!マスコミで取上げる影響を考えろ!まじめ人間が馬鹿を見る

 

ebinashigi

これらのツイートに対し、同性愛者であることを公言している東京都豊島区の石川大我区議は抗議の声を上げているほか、多くのユーザーから批判が寄せられている。

また、同じく同性愛者であることをカミングアウトしている大阪府の「なんもり法律事務所」の吉田昌史弁護士も鶴指市議に対し、過去に石原慎太郎元都知事が同性愛者に対して差別発言を重ね、日本弁護士連合会から「同性愛者等の性的少数者を蔑視し、社会から排除しようとする差別発言」として警告を受けた事案を示した。

鶴指市議は指摘を受け、11月29日午前11時ごろ、差別発言のツイートを削除、謝罪した。

前回掲載しました、ツイッターで同性愛に関するマスコミの取上げに関し、不適切な表現であったことを深くお詫び申し上げます。関係される皆様方にご迷惑をおかけしまたこと、たいへん申し訳けございませんでした。関係記事は削除いたします。

— つるさしますみ (@turusashi_masum) 2015, 11月 29

 

鶴指市議は2013年に海老名市議会副議長に選出された経歴を持ち、11月に行われた市議選で当選、現在3期目を務めている。公式サイトでは、「私の市会議員としての信念」として、「住んでいてよかったと、誰もが実感できる海老名市づくりを目指しています」と掲げている。

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキング

にほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

   

 

 

【続きを読む】

岐阜県議会元議長が「同性愛は異常」と県議会本会議一般質問中にヤジ。もう捨て置けない。

2015-12-10 21:26 Everyone says I love you !

 

 神奈川県海老名市の鶴指(つるさし)真澄市議(71)が2015年11月29日、自身の公式ツイッターに

「同性愛は異常なのだ」

「異常人間の行動を正当化した報道はするな」

「生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ」

「異常人間が多くなれば人類の破滅、まじめな人間をほめる方法を考えろ」

「最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている」

などと3回にわたり書き込んでいました。

ebinashigi

 

 

 私は、この報を聞いた時に、どこまで突っ込むべきか判断がつかず、

どっちが異常だ→海老名市議がTwitterで差別発言「同性愛者は異常動物」 https://t.co/g76z881HFu @HuffPostJapanさんから

— 宮武嶺 (@raymiyatake) 2015, 11月 29

と書くに留め、この問題をブログ記事にかくことはしませんでした。

 同性愛者を異常動物という表現があまりに異質で、異様だったので、この表現を記事にすると、性的マイノリティーの方々を傷つけるのではないかと慮ったというのが本音です。

lgbt

これでも単純化しているが、好きになる性が同性なのが同性愛者。ちなみに身体の性と自分をどういう性だと意識しているかが違うのは性同一性障害の問題。

同性愛やバイセクシュアルなどは障害ではない。

 

 

 この海老名市議のツイートに対しは、ツイッター上では「差別であり、人権侵害」「人権感覚が欠如している」などと批判が相次ぎ、鶴指市議は「不適切な表現だったことを深くお詫(わ)び申し上げます」として同日中に削除しました。

 

 ところがさらに、別の岐阜県の職員が、同性愛者を中傷するツイートや書き込みをしていた事件も発覚したのですが、今度は、岐阜県議会で6回も当選している藤墳(ふじつか)守県議・元県議会議長(74)が、また同性愛者を異常だと発言したというのです。

 それも本会議で一般質問が行われ、岐阜県職員の問題が扱われているときに、

「同性愛者は異常」

とヤジを飛ばしたというのです。

 それでも同性愛者は異常だ、って、あなたは、性的マイノリティ差別界のガリレオか!

1993年まで同性愛が犯罪だったアイルランドで同性婚合法化!カソリックの国なのに国民投票では世界初!!

 

彼らのどこが異常か。連邦最高裁判決で同性婚が認められ、国の代表がそれを祝福するアイルランドやアメリカのほうがよほど正常。

同性婚は憲法上保障されるとした米連邦最高裁の判決文が美しい。 「同性婚は憲法上保障される」米最高裁が歴史的判断!全米で同性婚が合法化!論争に決着!

 

 

 同性愛者は少数かもしれませんが、異常ではありません。異常とか異常動物とかいう言葉は本当にひどすぎます。これは、法の下の平等を規定した憲法14条1項に反していますし、国際人権規約などの国際法にも反している重大な差別発言です。

 この県議は、

「やじではない。私人としてつぶやいただけ」

と話し、発言は撤回しないとしているそうですが、ツイッターでつぶやいたのと、県議会の本会議中に不規則発言をしたのはまったく意味が違います。

 ヤジは、不規則発言ではありますが、県議会本会議での「発言」なのですから、私的なつぶやきという言い訳は通用しません。

見かけじゃなくて、どちらの中身が美しいか。

 

 

 もうこの問題は捨て置けないということで、記事にしました。

 なぜ、人のことを放っておけないのでしょうか。少なくとも、漫画の原作者・劇作家として高名な小池一夫氏の以下のツイートは心してほしいと思います。

すごく単純な意見だと思うのだが、例えば同性愛が禁止されたとして、じゃあ異性と結婚して子孫を残すか、とはならないでしょうが。同性愛者の人としての孤独を深めるだけ。好きな人が好きな人と結ばれることを、少子化と結びつける人、頭悪い。(小池一夫)

— 小池一夫 (@koikekazuo) 2015, 11月 29

 

 

少子高齢化は大変な問題ですが、なんでも少子高齢化対策で人の人権を踏みにじったり、人の生き方を強制することは絶対に許されない。

これは多様性の問題。基本的人権の問題。

そして、多様な「性」が生まれてくる人間って生き物は素晴らしい!神の摂理!!

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキング

にほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

    同性婚 私たち弁護士夫夫(ふうふ)です(祥伝社新書) 南和行 著 祥伝社

海外では同性婚を法律で認めている国が多数ある。にもかかわらず、日本では認められていない。 しかし、2015年3月31日、東京都渋谷区で、同性カップルにパートナーシップ証明書を発行する条例が成立した。この意義はきわめて大きい。 本書は、同性愛者である弁護士が、自身の同性婚や、弁護士として関わってきた同性愛者の葛藤(かっとう)と困難、そして法律が家族や婚姻をどう捉(とら)えているのかについて、述べた。加えて、憲法24条と同性婚について論じる。 同性愛だけでなく、多様な性を当たり前に感じる社会であってこそ、すべての人が自分らしく生きられるのだ。


同性愛と異性愛 (岩波新書) 風間 孝  (著), 河口 和也  (著) 岩波書店

日本は同性愛者に寛容というのは本当だろうか。なぜ「見えない」存在なのか。エイズ・パニックや「青年の家」利用拒絶事件、ある殺人事件などを題材にしながら、異性愛社会に染み付いたホモフォビア(同性愛嫌悪)の諸相を描き出す。また、同性愛者が肯定的に生きるための取り組みも紹介。同性愛者から見た日本社会論。


歴史を読み替える ジェンダーから見た世界史 三成 美保 (編集), 小浜 正子 (編集), 姫岡 とし子 (編集) 大月書店

高校の教科書に対応した、ジェンダー視点による初めての世界史。多数の資料とともに新たな歴史像を描き出す、画期的なテキスト。ジェンダー研究の進展に比して、その成果が生かされていない教育現場に一石を投じる。


 

セクシュアルマイノリティ―同性愛、性同一性障害、インターセックスの当事者が語る人間の多様な性 池田 久美子  (著), 木村 一紀 (著), 高取 昌二 (著), 宮崎 留美子 (著), 岡部 芳広 (著) 明石書店   性的マイノリティーに関する総合書。    
性的マイノリティ判例解説 (判例解説シリーズ) 谷口 洋幸 (編集), 齊藤 笑美子 (編集), 大島 梨沙 (編集) 信山社

性的マイノリティーに関する唯一の判例解説最新刊。

 

 

岐阜県議会

質問中に「同性愛は異常」後で「つぶやきだ」

毎日新聞2015年12月10日 21時24分(最終更新 12月10日 22時22分)

  岐阜県議の藤墳守氏=道永竜命撮影

 岐阜県職員が短文投稿サイト「ツイッター」に同性愛者などを中傷する不適切な書き込みをしていた問題で、自民党の藤墳(ふじつか)守県議(74)が10日、この問題の質疑があった県議会一般質問中に「同性愛は異常だ」とやじを飛ばした。藤墳県議は議会後、報道陣に「やじではない。私人としてつぶやいただけ」と話し、発言は撤回しないとしている。

 この日の一般質問では、県職員の問題について別の県議が県の見解をただした。古田肇知事は「公務員の立場上、差別的内容や他者を誹謗(ひぼう)中傷する内容を発信したり、不快な思いをさせたりする低劣な表現を使用することは不適切」と答弁。質疑を終えた直後に、藤墳県議が自席で発言した。

 藤墳県議は自民党県連政調会長で当選6回。2011年〜12年に県議会議長を務めた。藤墳氏は取材に「差別的な意識はなく、誰かを中傷するものではない。同性愛を社会全体が認めて拡大すれば人口減少につながるとの思いから発言した」と説明した。

 県議会最大会派で藤墳県議が所属する「県政自民クラブ」の岩井豊太郎・議員会長(71)は「社会的関心の高い問題。もっと慎重にすべきだった。本人から真意を聞いた上で対応を協議したい」と話した。【岡正勝】

 

 

「同性愛者は異常」 一般質問で自民の岐阜県議がやじ

 10日に開かれた岐阜県議会12月定例会の本会議一般質問で、自民党の藤墳守議員(74)が「同性愛者なんかは異常やぞ」とやじを飛ばした。散会後の取材に「同性愛を社会全体が認めていけば、人口減少につながる。それが心配だ。差別的な意識はない」と答え、発言を撤回しない考えを示した。

 藤墳議員が所属する県政自民クラブを含む各会派は、発言の真意を議員にただすことを検討している。

 一般質問では、県政自民クラブの別の議員が、県職員が短文投稿サイト「ツイッター」で同性愛者に対する差別的な書き込みをした問題に言及し、古田肇知事に見解を尋ねた。質問を終えて壇上から席に戻る途中、藤墳議員がやじを飛ばした。その後、知事は、書き込みについて「不適切な行為」と答弁した。

 藤墳議員は不破郡(垂井町、関ケ原町)選出で、6期目。党県連政調会長で、2011~12年には県議会議長を務めた。

 神奈川県海老名市議会では今月、ツイッターで同性愛者への差別的な書き込みをした男性市議(71)に対し、信用失墜行為だとして辞職勧告を決議している。

(中日新聞)

 

 

「同性愛は異常」 自民岐阜県議、本会議でやじ

2015年12月10日22時33分 朝日新聞

藤墳守・岐阜県議

 岐阜県の藤墳(ふじつか)守県議(74)=自民=が10日、本会議中、「同性愛は異常」とやじを飛ばした。県職員がツイッターに同性愛者を差別する投稿をした問題に関する質疑の最中だった。藤墳氏は取材に「同性婚を容認している社会が異常という趣旨」と説明。発言を撤回するつもりはないという。

 やじは一般質問で、藤墳氏が所属する会派「県政自民クラブ」の同僚議員が質問を終えた際にあった。男性職員がツイッターに「同性愛は異常でしょ」と書き込んだ問題などについて、県の対応をただしていた。

 藤墳氏は閉会後、「ふだんからの自分の思いを話した。少子化は問題と言いながら、子どもが生まれない同性婚を容認している社会が異常という意味だった。同性愛は個人の自由だ」と話した。

 ログイン前の続き民主党県連幹事長の伊藤正博県議は取材に「議場での発言は不適格。岐阜県のイメージダウンにつながりかねない」と批判した。

 藤墳氏は不破郡選挙区選出の6期目で、自民党県連の政調会長。2011~12年には県議会議長を務めた。

 

 

同性愛は異常

岐阜県職員、不適切ツイートは計80件

毎日新聞2015年12月7日 20時12分(最終更新 12月7日 20時12分)

 岐阜県技術検査課の30代の男性職員が短文投稿サイト「ツイッター」で同性愛者などを中傷した問題で、同県は7日、この職員による不適切な書き込みが計80件あったと発表した。県は処分を検討している。

 県は、男性職員がツイッターに登録した2013年9月以降の書き込み約650件を調査。職務上の公正・中立性▽他人への中傷▽他人を不快にさせる−−などの基準に基づき、80件を不適切と判断した。「馬鹿な沖縄県民は黙っていろ。我々は粛々と辺野古移設を進める」といったものや、古田肇知事を中傷する書き込みなどがあった。

 不適切投稿とは別に、勤務時間中の書き込みも4件あったという。男性職員はツイッター上のプロフィル欄に、「某県庁職員」と記載していた。【岡正勝】

 

「同性愛は異常」と投稿の県職員、知事らも中傷 岐阜県技術検査課の30歳代の男性職員がツイッターに「同性愛は異常」などと書き込んでいた問題で、県は7日、これまでの職員の書き込みを精査したところ、特定の個人や団体を誹謗ひぼう中傷するなどの不適切な内容が80件あったと発表した。

 県によると、職員はツイッターで、古田肇知事や松井一郎大阪府知事、橋下徹大阪市長らを不適切な表現で中傷。県のマスコットキャラクター・ミナモやサッカーJ2・FC岐阜には「消えろ」「潰れろ」などと書き込んでいた。

 職員は2013年9月にツイッターを始め、これまでに約650件を書き込んでいた。県には職員が会員制交流サイト(SNS)を利用する際の規定がないため、総務省が同年にまとめた国家公務員向けの注意点を参考に精査した。

2015年12月08日 07時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
Chika Igaya ファンになる[email protected]   鶴指眞澄・海老名市議がTwitterで差別発言「同性愛者は異常動物」 投稿日: 2015年11月29日 11時42分 JST 更新: 2015年11月29日 11時51分 JST

ebinashigi

神奈川県海老名市の鶴指(つるさし)眞澄市議が11月29日、自身の公式Twitterで同性愛を「異常人間の行動」と差別発言、批判を受けている。鶴指市議は同性婚の意識調査で賛成が過半数を上回ったというニュースについて投稿した朝日新聞の公式アカウントとNHKの公式アカウントに対し、「倫理観を持った報道をすべきだ」などとクレーム。その後も、同性愛について「生物の根底を変える異常動物」と差別発言を繰り返した。

問題となっているツイートは以下の3つ。

@asahi_tokyo 異常人間をほめるような記事を掲載したりすることが多いが、マスコミの責任感のない記事掲載が問題だ、異常人間が多くなれば人類の破滅、まじめな人間をほめる方法を考えろ、同性愛は異常なのだ、異常なことをすることを取上げる必要はない、責任を持った報道をすべきだ

 

@nhk_seikatsu 異常人間の行動を正当化した報道はするな、マスコミは、異常な行動をする人物を勇敢のように扱う、あなた方は、同性愛はいいことだと思うのか、異常人間を脚光を浴びせることの影響を考えて報道しろ、まじめな人間こそが素晴らしいいのだ、倫理観を持った報道をすべきだ

 

最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている、何でも珍しいいことがあれば良いネタのようにして報道する、報道したことでその人物はなおさら優越感が出るのだ、一例が同性愛とやらだ!生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!マスコミで取上げる影響を考えろ!まじめ人間が馬鹿を見る

 

ebinashigi

これらのツイートに対し、同性愛者であることを公言している東京都豊島区の石川大我区議は抗議の声を上げているほか、多くのユーザーから批判が寄せられている。

また、同じく同性愛者であることをカミングアウトしている大阪府の「なんもり法律事務所」の吉田昌史弁護士も鶴指市議に対し、過去に石原慎太郎元都知事が同性愛者に対して差別発言を重ね、日本弁護士連合会から「同性愛者等の性的少数者を蔑視し、社会から排除しようとする差別発言」として警告を受けた事案を示した。

鶴指市議は指摘を受け、11月29日午前11時ごろ、差別発言のツイートを削除、謝罪した。

前回掲載しました、ツイッターで同性愛に関するマスコミの取上げに関し、不適切な表現であったことを深くお詫び申し上げます。関係される皆様方にご迷惑をおかけしまたこと、たいへん申し訳けございませんでした。関係記事は削除いたします。

— つるさしますみ (@turusashi_masum) 2015, 11月 29

 

鶴指市議は2013年に海老名市議会副議長に選出された経歴を持ち、11月に行われた市議選で当選、現在3期目を務めている。公式サイトでは、「私の市会議員としての信念」として、「住んでいてよかったと、誰もが実感できる海老名市づくりを目指しています」と掲げている。

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキング

にほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

   

 

 

【続きを読む】

岐阜県議会元議長が「同性愛は異常」と県議会本会議一般質問中にヤジ。もう捨て置けない。

2015-12-10 21:26 Everyone says I love you !

 

 神奈川県海老名市の鶴指(つるさし)真澄市議(71)が2015年11月29日、自身の公式ツイッターに

「同性愛は異常なのだ」

「異常人間の行動を正当化した報道はするな」

「生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ」

「異常人間が多くなれば人類の破滅、まじめな人間をほめる方法を考えろ」

「最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている」

などと3回にわたり書き込んでいました。

ebinashigi

 

 

 私は、この報を聞いた時に、どこまで突っ込むべきか判断がつかず、

どっちが異常だ→海老名市議がTwitterで差別発言「同性愛者は異常動物」 https://t.co/g76z881HFu @HuffPostJapanさんから

— 宮武嶺 (@raymiyatake) 2015, 11月 29

と書くに留め、この問題をブログ記事にかくことはしませんでした。

 同性愛者を異常動物という表現があまりに異質で、異様だったので、この表現を記事にすると、性的マイノリティーの方々を傷つけるのではないかと慮ったというのが本音です。

lgbt

これでも単純化しているが、好きになる性が同性なのが同性愛者。ちなみに身体の性と自分をどういう性だと意識しているかが違うのは性同一性障害の問題。

同性愛やバイセクシュアルなどは障害ではない。

 

 

 この海老名市議のツイートに対しは、ツイッター上では「差別であり、人権侵害」「人権感覚が欠如している」などと批判が相次ぎ、鶴指市議は「不適切な表現だったことを深くお詫(わ)び申し上げます」として同日中に削除しました。

 

 ところがさらに、別の岐阜県の職員が、同性愛者を中傷するツイートや書き込みをしていた事件も発覚したのですが、今度は、岐阜県議会で6回も当選している藤墳(ふじつか)守県議・元県議会議長(74)が、また同性愛者を異常だと発言したというのです。

 それも本会議で一般質問が行われ、岐阜県職員の問題が扱われているときに、

「同性愛者は異常」

とヤジを飛ばしたというのです。

 それでも同性愛者は異常だ、って、あなたは、性的マイノリティ差別界のガリレオか!

1993年まで同性愛が犯罪だったアイルランドで同性婚合法化!カソリックの国なのに国民投票では世界初!!

 

彼らのどこが異常か。連邦最高裁判決で同性婚が認められ、国の代表がそれを祝福するアイルランドやアメリカのほうがよほど正常。

同性婚は憲法上保障されるとした米連邦最高裁の判決文が美しい。 「同性婚は憲法上保障される」米最高裁が歴史的判断!全米で同性婚が合法化!論争に決着!

 

 

 同性愛者は少数かもしれませんが、異常ではありません。異常とか異常動物とかいう言葉は本当にひどすぎます。これは、法の下の平等を規定した憲法14条1項に反していますし、国際人権規約などの国際法にも反している重大な差別発言です。

 この県議は、

「やじではない。私人としてつぶやいただけ」

と話し、発言は撤回しないとしているそうですが、ツイッターでつぶやいたのと、県議会の本会議中に不規則発言をしたのはまったく意味が違います。

 ヤジは、不規則発言ではありますが、県議会本会議での「発言」なのですから、私的なつぶやきという言い訳は通用しません。

見かけじゃなくて、どちらの中身が美しいか。

 

 

 もうこの問題は捨て置けないということで、記事にしました。

 なぜ、人のことを放っておけないのでしょうか。少なくとも、漫画の原作者・劇作家として高名な小池一夫氏の以下のツイートは心してほしいと思います。

すごく単純な意見だと思うのだが、例えば同性愛が禁止されたとして、じゃあ異性と結婚して子孫を残すか、とはならないでしょうが。同性愛者の人としての孤独を深めるだけ。好きな人が好きな人と結ばれることを、少子化と結びつける人、頭悪い。(小池一夫)

— 小池一夫 (@koikekazuo) 2015, 11月 29

 

 

少子高齢化は大変な問題ですが、なんでも少子高齢化対策で人の人権を踏みにじったり、人の生き方を強制することは絶対に許されない。

これは多様性の問題。基本的人権の問題。

そして、多様な「性」が生まれてくる人間って生き物は素晴らしい!神の摂理!!

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキング

にほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

    同性婚 私たち弁護士夫夫(ふうふ)です(祥伝社新書) 南和行 著 祥伝社

海外では同性婚を法律で認めている国が多数ある。にもかかわらず、日本では認められていない。 しかし、2015年3月31日、東京都渋谷区で、同性カップルにパートナーシップ証明書を発行する条例が成立した。この意義はきわめて大きい。 本書は、同性愛者である弁護士が、自身の同性婚や、弁護士として関わってきた同性愛者の葛藤(かっとう)と困難、そして法律が家族や婚姻をどう捉(とら)えているのかについて、述べた。加えて、憲法24条と同性婚について論じる。 同性愛だけでなく、多様な性を当たり前に感じる社会であってこそ、すべての人が自分らしく生きられるのだ。


同性愛と異性愛 (岩波新書) 風間 孝  (著), 河口 和也  (著) 岩波書店

日本は同性愛者に寛容というのは本当だろうか。なぜ「見えない」存在なのか。エイズ・パニックや「青年の家」利用拒絶事件、ある殺人事件などを題材にしながら、異性愛社会に染み付いたホモフォビア(同性愛嫌悪)の諸相を描き出す。また、同性愛者が肯定的に生きるための取り組みも紹介。同性愛者から見た日本社会論。


歴史を読み替える ジェンダーから見た世界史 三成 美保 (編集), 小浜 正子 (編集), 姫岡 とし子 (編集) 大月書店

高校の教科書に対応した、ジェンダー視点による初めての世界史。多数の資料とともに新たな歴史像を描き出す、画期的なテキスト。ジェンダー研究の進展に比して、その成果が生かされていない教育現場に一石を投じる。


 

セクシュアルマイノリティ―同性愛、性同一性障害、インターセックスの当事者が語る人間の多様な性 池田 久美子  (著), 木村 一紀 (著), 高取 昌二 (著), 宮崎 留美子 (著), 岡部 芳広 (著) 明石書店   性的マイノリティーに関する総合書。    
性的マイノリティ判例解説 (判例解説シリーズ) 谷口 洋幸 (編集), 齊藤 笑美子 (編集), 大島 梨沙 (編集) 信山社

性的マイノリティーに関する唯一の判例解説最新刊。

 

 

岐阜県議会

質問中に「同性愛は異常」後で「つぶやきだ」

毎日新聞2015年12月10日 21時24分(最終更新 12月10日 22時22分)

  岐阜県議の藤墳守氏=道永竜命撮影

 岐阜県職員が短文投稿サイト「ツイッター」に同性愛者などを中傷する不適切な書き込みをしていた問題で、自民党の藤墳(ふじつか)守県議(74)が10日、この問題の質疑があった県議会一般質問中に「同性愛は異常だ」とやじを飛ばした。藤墳県議は議会後、報道陣に「やじではない。私人としてつぶやいただけ」と話し、発言は撤回しないとしている。

 この日の一般質問では、県職員の問題について別の県議が県の見解をただした。古田肇知事は「公務員の立場上、差別的内容や他者を誹謗(ひぼう)中傷する内容を発信したり、不快な思いをさせたりする低劣な表現を使用することは不適切」と答弁。質疑を終えた直後に、藤墳県議が自席で発言した。

 藤墳県議は自民党県連政調会長で当選6回。2011年〜12年に県議会議長を務めた。藤墳氏は取材に「差別的な意識はなく、誰かを中傷するものではない。同性愛を社会全体が認めて拡大すれば人口減少につながるとの思いから発言した」と説明した。

 県議会最大会派で藤墳県議が所属する「県政自民クラブ」の岩井豊太郎・議員会長(71)は「社会的関心の高い問題。もっと慎重にすべきだった。本人から真意を聞いた上で対応を協議したい」と話した。【岡正勝】

 

 

「同性愛者は異常」 一般質問で自民の岐阜県議がやじ

 10日に開かれた岐阜県議会12月定例会の本会議一般質問で、自民党の藤墳守議員(74)が「同性愛者なんかは異常やぞ」とやじを飛ばした。散会後の取材に「同性愛を社会全体が認めていけば、人口減少につながる。それが心配だ。差別的な意識はない」と答え、発言を撤回しない考えを示した。

 藤墳議員が所属する県政自民クラブを含む各会派は、発言の真意を議員にただすことを検討している。

 一般質問では、県政自民クラブの別の議員が、県職員が短文投稿サイト「ツイッター」で同性愛者に対する差別的な書き込みをした問題に言及し、古田肇知事に見解を尋ねた。質問を終えて壇上から席に戻る途中、藤墳議員がやじを飛ばした。その後、知事は、書き込みについて「不適切な行為」と答弁した。

 藤墳議員は不破郡(垂井町、関ケ原町)選出で、6期目。党県連政調会長で、2011~12年には県議会議長を務めた。

 神奈川県海老名市議会では今月、ツイッターで同性愛者への差別的な書き込みをした男性市議(71)に対し、信用失墜行為だとして辞職勧告を決議している。

(中日新聞)

 

 

「同性愛は異常」 自民岐阜県議、本会議でやじ

2015年12月10日22時33分 朝日新聞

藤墳守・岐阜県議

 岐阜県の藤墳(ふじつか)守県議(74)=自民=が10日、本会議中、「同性愛は異常」とやじを飛ばした。県職員がツイッターに同性愛者を差別する投稿をした問題に関する質疑の最中だった。藤墳氏は取材に「同性婚を容認している社会が異常という趣旨」と説明。発言を撤回するつもりはないという。

 やじは一般質問で、藤墳氏が所属する会派「県政自民クラブ」の同僚議員が質問を終えた際にあった。男性職員がツイッターに「同性愛は異常でしょ」と書き込んだ問題などについて、県の対応をただしていた。

 藤墳氏は閉会後、「ふだんからの自分の思いを話した。少子化は問題と言いながら、子どもが生まれない同性婚を容認している社会が異常という意味だった。同性愛は個人の自由だ」と話した。

 ログイン前の続き民主党県連幹事長の伊藤正博県議は取材に「議場での発言は不適格。岐阜県のイメージダウンにつながりかねない」と批判した。

 藤墳氏は不破郡選挙区選出の6期目で、自民党県連の政調会長。2011~12年には県議会議長を務めた。

 

 

同性愛は異常

岐阜県職員、不適切ツイートは計80件

毎日新聞2015年12月7日 20時12分(最終更新 12月7日 20時12分)

 岐阜県技術検査課の30代の男性職員が短文投稿サイト「ツイッター」で同性愛者などを中傷した問題で、同県は7日、この職員による不適切な書き込みが計80件あったと発表した。県は処分を検討している。

 県は、男性職員がツイッターに登録した2013年9月以降の書き込み約650件を調査。職務上の公正・中立性▽他人への中傷▽他人を不快にさせる−−などの基準に基づき、80件を不適切と判断した。「馬鹿な沖縄県民は黙っていろ。我々は粛々と辺野古移設を進める」といったものや、古田肇知事を中傷する書き込みなどがあった。

 不適切投稿とは別に、勤務時間中の書き込みも4件あったという。男性職員はツイッター上のプロフィル欄に、「某県庁職員」と記載していた。【岡正勝】

 

「同性愛は異常」と投稿の県職員、知事らも中傷 岐阜県技術検査課の30歳代の男性職員がツイッターに「同性愛は異常」などと書き込んでいた問題で、県は7日、これまでの職員の書き込みを精査したところ、特定の個人や団体を誹謗ひぼう中傷するなどの不適切な内容が80件あったと発表した。

 県によると、職員はツイッターで、古田肇知事や松井一郎大阪府知事、橋下徹大阪市長らを不適切な表現で中傷。県のマスコットキャラクター・ミナモやサッカーJ2・FC岐阜には「消えろ」「潰れろ」などと書き込んでいた。

 職員は2013年9月にツイッターを始め、これまでに約650件を書き込んでいた。県には職員が会員制交流サイト(SNS)を利用する際の規定がないため、総務省が同年にまとめた国家公務員向けの注意点を参考に精査した。

2015年12月08日 07時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
Chika Igaya ファンになる[email protected]   鶴指眞澄・海老名市議がTwitterで差別発言「同性愛者は異常動物」 投稿日: 2015年11月29日 11時42分 JST 更新: 2015年11月29日 11時51分 JST

ebinashigi

神奈川県海老名市の鶴指(つるさし)眞澄市議が11月29日、自身の公式Twitterで同性愛を「異常人間の行動」と差別発言、批判を受けている。鶴指市議は同性婚の意識調査で賛成が過半数を上回ったというニュースについて投稿した朝日新聞の公式アカウントとNHKの公式アカウントに対し、「倫理観を持った報道をすべきだ」などとクレーム。その後も、同性愛について「生物の根底を変える異常動物」と差別発言を繰り返した。

問題となっているツイートは以下の3つ。

@asahi_tokyo 異常人間をほめるような記事を掲載したりすることが多いが、マスコミの責任感のない記事掲載が問題だ、異常人間が多くなれば人類の破滅、まじめな人間をほめる方法を考えろ、同性愛は異常なのだ、異常なことをすることを取上げる必要はない、責任を持った報道をすべきだ

 

@nhk_seikatsu 異常人間の行動を正当化した報道はするな、マスコミは、異常な行動をする人物を勇敢のように扱う、あなた方は、同性愛はいいことだと思うのか、異常人間を脚光を浴びせることの影響を考えて報道しろ、まじめな人間こそが素晴らしいいのだ、倫理観を持った報道をすべきだ

 

最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている、何でも珍しいいことがあれば良いネタのようにして報道する、報道したことでその人物はなおさら優越感が出るのだ、一例が同性愛とやらだ!生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!マスコミで取上げる影響を考えろ!まじめ人間が馬鹿を見る

 

ebinashigi

これらのツイートに対し、同性愛者であることを公言している東京都豊島区の石川大我区議は抗議の声を上げているほか、多くのユーザーから批判が寄せられている。

また、同じく同性愛者であることをカミングアウトしている大阪府の「なんもり法律事務所」の吉田昌史弁護士も鶴指市議に対し、過去に石原慎太郎元都知事が同性愛者に対して差別発言を重ね、日本弁護士連合会から「同性愛者等の性的少数者を蔑視し、社会から排除しようとする差別発言」として警告を受けた事案を示した。

鶴指市議は指摘を受け、11月29日午前11時ごろ、差別発言のツイートを削除、謝罪した。

前回掲載しました、ツイッターで同性愛に関するマスコミの取上げに関し、不適切な表現であったことを深くお詫び申し上げます。関係される皆様方にご迷惑をおかけしまたこと、たいへん申し訳けございませんでした。関係記事は削除いたします。

— つるさしますみ (@turusashi_masum) 2015, 11月 29

 

鶴指市議は2013年に海老名市議会副議長に選出された経歴を持ち、11月に行われた市議選で当選、現在3期目を務めている。公式サイトでは、「私の市会議員としての信念」として、「住んでいてよかったと、誰もが実感できる海老名市づくりを目指しています」と掲げている。

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキング

にほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

   

 

 

【続きを読む】

スポンサーリンク

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018