スポンサーリンク

1.9k トロペイ


スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連イメージ。

スポンサーリンク

レビュー記事

◎ジョン・トロペイ・グループ、スティーヴ・ガッド、ランディー・ブレッカーらを迎えて

2016-02-20 15:01 吉岡正晴のソウル・サーチン

◎ジョン・トロペイ・グループ、スティーヴ・ガッド、ランディー・ブレッカーらを迎えて
【John Tropea Band : Congregation of Virtuoso】
職人。
まさに職人、匠、プロ中のプロたちが9人集まり、きっちり譜面に書かれたことを100点満点以上にパフォームする。それも、毎回、ある一定の枠の中で自分の色、個性を出しつつ、物語を奏でる。あるときは、ドラムスがあるときはオルガンが、そして、あるときは主人公のギターがストーリーを牽引していく。まさに、そうした匠たちが織り成すいくつもの景色、ストーリーがブルーノートの空気にこだました。まさに職人の集合体だ。
ギタリスト、ジョン・トロペイのリーダー・バンドのライヴ。
この日は立ち見も出るほどの超満員。これは驚いた。昨年出た新作の評判がいいこと、加えてスティーヴ・ガッド、ランディー・ブレッカーらが参加していることなども、人気を押し上げた要因のようだ。
彼らのようなライヴを見ていていつも感じることは、まるでスタジオのレコーディングをそのまま垣間見ているような気持になるということ。それほど、寸分の狂いもなく、見事な演奏を繰り広げているわけだ。
などと思っていたら、客席に沼澤尚(ぬまざわ・たかし)さんがいて、セカンドが終わってからちょっと話を聞くと彼は2セット両方を見て、同じ曲でもまったく違うように演奏していてすごかった、と教えてくれた。
僕にとってこの日の最高は、マーヴィン・ゲイの「レッツ・ゲット・イット・オン」だったが、これがファーストとセカンドでまるで違う曲のようだった、と沼澤さんは語っている。僕はセカンドのものしか見ていないが、このエロさ、濡れる感じのジョンのギターには心底惚れたが、これとまったく違うヴァージョンというのは見てみたい。あれほどまでにマーヴィン・ゲイをギターで表現するなんて、おそるべし。「やっぱり、ファーストセカンド両方見ないとダメだねえ」と沼澤さん。
ちなみに4曲目でやった「セヴンス・アヴェニュー・サウス」は、ブレッカー兄弟がニューヨークで経営していたジャズ・クラブのこと。ジョンはMCで「彼らはこれで大儲けしたんだよ」と言って笑いを誘っていた。
ジョン・トロペイとルー・マリーニは来月、ブルース・ブラザーズ・バンドですぐ戻ってくる。
ジョンによれば、今回の来日は28度目だそうだ。「一度、パスポートのスタンプを数えたことがあってね。来月は29回目だな」とジョン。
このあと、彼らはモーションブルー横浜、丸の内コットンクラブ、ほか地方ツアーにでる。
詳細ライヴ予定はこちら
http://www.johntropea.com/gigs.html






■セットリスト
ジョン・トロペイ・バンド@ブルーノート東京、2016年2月19日(金)
Show started 21:12
01. Soul Surfin’
02. Hip To The Hips
03. Bikini Beach
04. 7th Avenue South
05. Let’s Get It On [Marvin Gaye]
06. Pandora’s Box
07. Gotcha Rhythm Right
Enc. Seventh Heaven
Show ended 22:37
John Tropea(g) ジョン・トロペイ(ギター)
Randy Brecker(tp) ランディ・ブレッカー(トランペット)
Steve Gadd(ds) スティーヴ・ガッド(ドラムス)
Rusty Cloud(key,Hammond B3) ラスティ・クラウド(キーボード、ハモンドB3)
Neil Jason(b) ニール・ジェイソン(ベース)
"Blue" Lou Marini(sax) “ブルー” ルー・マリーニ(サックス)
Larry Farrell(tb) ラリー・ファレル(トロンボーン)
Ronnie Cuber(bs) ロニー・キューバー(バリトンサックス)
(2016年2月19日金曜、ブルーノート東京、ジョン・トロペイ・バンド・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Tropea, John Band
最新作 『ガッチャ・リズム・ライト・ヒア』(日本盤)
「ガッチャ・リズム・ライト・ヒア」「ソウル・サーフィン」「ビキニ・ビーチ」「ヒップ・トゥ・ザ・ヒップス」「セヴンス・アヴェニュー・サウス」収録
http://goo.gl/aDHYJ4
ガット・ユア・リズム!
ガット・ユア・リズム!
posted with amazlet at 16.02.19
ジョン・トロペイ・ウィズ・スティーヴ・ガッド、ウィル・リー他
日本コロムビア (2014-09-24)
売り上げランキング: 31,532

最新作輸入盤 Gotacha Rhythm Right Here
Gotcha Rhythm Right Here
Gotcha Rhythm Right Here
posted with amazlet at 16.02.19
Stp Records (2014-09-01)
売り上げランキング: 8,625

Seventh Heaven 収録
トロペイ
トロペイ
posted with amazlet at 16.02.19
ジョン・トロペイ・ウィズ・スティーヴ・ガッド、ウィル・リー他
日本コロムビア (2014-09-24)
売り上げランキング: 78,511

レッツ・ゲット・イット・オン収録
Take Me Back to the Ol' School
Take Me Back to the Ol' School
posted with amazlet at 16.02.19
John Tropea
CD Baby (2007-12-06)
売り上げランキング: 62,610

パンドラズ・ボックス収録
Tropea 10 the Time Is Right
Tropea 10 the Time Is Right
posted with amazlet at 16.02.19
Stp Musi, Inc. (2008-07-02)
売り上げランキング: 22,682

【続きを読む】

◎ジョン・トロペイ・グループ、スティーヴ・ガッド、ランディー・ブレッカーらを迎えて

2016-02-20 15:01 吉岡正晴のソウル・サーチン

◎ジョン・トロペイ・グループ、スティーヴ・ガッド、ランディー・ブレッカーらを迎えて
【John Tropea Band : Congregation of Virtuoso】
職人。
まさに職人、匠、プロ中のプロたちが9人集まり、きっちり譜面に書かれたことを100点満点以上にパフォームする。それも、毎回、ある一定の枠の中で自分の色、個性を出しつつ、物語を奏でる。あるときは、ドラムスがあるときはオルガンが、そして、あるときは主人公のギターがストーリーを牽引していく。まさに、そうした匠たちが織り成すいくつもの景色、ストーリーがブルーノートの空気にこだました。まさに職人の集合体だ。
ギタリスト、ジョン・トロペイのリーダー・バンドのライヴ。
この日は立ち見も出るほどの超満員。これは驚いた。昨年出た新作の評判がいいこと、加えてスティーヴ・ガッド、ランディー・ブレッカーらが参加していることなども、人気を押し上げた要因のようだ。
彼らのようなライヴを見ていていつも感じることは、まるでスタジオのレコーディングをそのまま垣間見ているような気持になるということ。それほど、寸分の狂いもなく、見事な演奏を繰り広げているわけだ。
などと思っていたら、客席に沼澤尚(ぬまざわ・たかし)さんがいて、セカンドが終わってからちょっと話を聞くと彼は2セット両方を見て、同じ曲でもまったく違うように演奏していてすごかった、と教えてくれた。
僕にとってこの日の最高は、マーヴィン・ゲイの「レッツ・ゲット・イット・オン」だったが、これがファーストとセカンドでまるで違う曲のようだった、と沼澤さんは語っている。僕はセカンドのものしか見ていないが、このエロさ、濡れる感じのジョンのギターには心底惚れたが、これとまったく違うヴァージョンというのは見てみたい。あれほどまでにマーヴィン・ゲイをギターで表現するなんて、おそるべし。「やっぱり、ファーストセカンド両方見ないとダメだねえ」と沼澤さん。
ちなみに4曲目でやった「セヴンス・アヴェニュー・サウス」は、ブレッカー兄弟がニューヨークで経営していたジャズ・クラブのこと。ジョンはMCで「彼らはこれで大儲けしたんだよ」と言って笑いを誘っていた。
ジョン・トロペイとルー・マリーニは来月、ブルース・ブラザーズ・バンドですぐ戻ってくる。
ジョンによれば、今回の来日は28度目だそうだ。「一度、パスポートのスタンプを数えたことがあってね。来月は29回目だな」とジョン。
このあと、彼らはモーションブルー横浜、丸の内コットンクラブ、ほか地方ツアーにでる。
詳細ライヴ予定はこちら
http://www.johntropea.com/gigs.html






■セットリスト
ジョン・トロペイ・バンド@ブルーノート東京、2016年2月19日(金)
Show started 21:12
01. Soul Surfin’
02. Hip To The Hips
03. Bikini Beach
04. 7th Avenue South
05. Let’s Get It On [Marvin Gaye]
06. Pandora’s Box
07. Gotcha Rhythm Right
Enc. Seventh Heaven
Show ended 22:37
John Tropea(g) ジョン・トロペイ(ギター)
Randy Brecker(tp) ランディ・ブレッカー(トランペット)
Steve Gadd(ds) スティーヴ・ガッド(ドラムス)
Rusty Cloud(key,Hammond B3) ラスティ・クラウド(キーボード、ハモンドB3)
Neil Jason(b) ニール・ジェイソン(ベース)
"Blue" Lou Marini(sax) “ブルー” ルー・マリーニ(サックス)
Larry Farrell(tb) ラリー・ファレル(トロンボーン)
Ronnie Cuber(bs) ロニー・キューバー(バリトンサックス)
(2016年2月19日金曜、ブルーノート東京、ジョン・トロペイ・バンド・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Tropea, John Band
最新作 『ガッチャ・リズム・ライト・ヒア』(日本盤)
「ガッチャ・リズム・ライト・ヒア」「ソウル・サーフィン」「ビキニ・ビーチ」「ヒップ・トゥ・ザ・ヒップス」「セヴンス・アヴェニュー・サウス」収録
http://goo.gl/aDHYJ4
ガット・ユア・リズム!
ガット・ユア・リズム!
posted with amazlet at 16.02.19
ジョン・トロペイ・ウィズ・スティーヴ・ガッド、ウィル・リー他
日本コロムビア (2014-09-24)
売り上げランキング: 31,532

最新作輸入盤 Gotacha Rhythm Right Here
Gotcha Rhythm Right Here
Gotcha Rhythm Right Here
posted with amazlet at 16.02.19
Stp Records (2014-09-01)
売り上げランキング: 8,625

Seventh Heaven 収録
トロペイ
トロペイ
posted with amazlet at 16.02.19
ジョン・トロペイ・ウィズ・スティーヴ・ガッド、ウィル・リー他
日本コロムビア (2014-09-24)
売り上げランキング: 78,511

レッツ・ゲット・イット・オン収録
Take Me Back to the Ol' School
Take Me Back to the Ol' School
posted with amazlet at 16.02.19
John Tropea
CD Baby (2007-12-06)
売り上げランキング: 62,610

パンドラズ・ボックス収録
Tropea 10 the Time Is Right
Tropea 10 the Time Is Right
posted with amazlet at 16.02.19
Stp Musi, Inc. (2008-07-02)
売り上げランキング: 22,682

【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018