スポンサーリンク

1.6k あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 復讐するは我にあり [Blu-ray]


スポンサーリンク

内容紹介

<あの頃>を超える感動と興奮を、ブルーレイ・クオリティでーー
「あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション」シリーズ、ヒット作、問題作が続々発売!
犯罪を通して現代を捉えた巨匠今村昌平監督による映画史上屈指の傑作!
惜しくなか 俺の一生こげなもん。男はにこやかに罪を重ねた!
■「あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション」シリーズ第四弾!
映画ファンがブルーレイ化を待ちに待った“あの頃"の映画、誰もが懐かしい大ヒット作、往年の名作から人気作までを選りすぐった新シリーズで、続々リリース!
・米国で丁寧に作られた海外版HDマスターを元にしたブルーレイのためのHDデジタルリマスター(2014)を使用。より高画質となった映像と、リニアPCMでオリジナル音声を収録
※【画面サイズについて】本作品は日本では1.85:1のビスタサイズで公開されましたが、本ブルーレイでは1.66:1のヨーロピアンビスタ版を現存する最良のデジタルマスターとし、そのまま収録しています。
よって通常の16:9モニターで再生されますと左右に僅かな黒みが表示されます。
・ジャケットデザインには“あの頃"の気分が甦る、劇場公開時のポスターアートを採用、クリアケースパッケージ(SCANAVO社製)でコレクション性を追求
・初回限定特典には“あの頃"の気分をさらに掻き立てるロビーカード風ポストカードを封入
・より高画質、高音質の新発売ブルーレイで税抜3.300円の低価格を実現
・持っていたい、集めてみたいコレクション性の高いブルーレイシリーズを毎月発売!
●原作は佐木隆三の直木賞受賞作!
●「犯罪の総てを描くことで、私は現代と、現代人の存在の根を捉えようと思っている」鬼才、今村昌平が渾身の力を振り絞って挑んだ意欲作!
●実力派俳優が総結集! 第3回日本アカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞・助演女優賞、キネマ旬報賞作品賞・脚本賞・助演男優賞・助演女優賞、
毎日映画コンクール優秀賞・脚本賞・監督賞、ブルーリボン賞作品賞・助演男優賞・助演女優賞ほか映画賞を総ナメ!
ストーリー
九州・日豊本線築橋駅近くで、多額の現金が奪われ惨殺された二つの死体が発見された。事件の容疑者として浮かび上がったのは、榎津巌(緒形拳)という男である。
しかし榎津は警察の追及をあざ笑うかのように、九州から浜松、東京で五人を殺したうえ、史上最大とも言われる重要指名手配の公開捜査をかいくぐって逃亡を続ける。
時には大学教授、時には弁護士と称して、殺人、詐欺、己の欲望のままに女に明け暮れる冷血で大胆な榎津。驚くべき犯罪の才能をみせるこの男の行く末とは…。
彼をこれほどまでに駆り立てたものはなんだったのか。そして、その生き様が社会に、我々現代人に問いかけるものとは、いったい何なのであろうか…。
映像特典
特報、予告篇
バリアフリー再生機能付き ◆日本語字幕
【初回生産限定・封入特典】:ロビーカード風ポストカード
※商品仕様、特典等については変更となる場合がございます。
※【画面サイズについて】本作品は日本では1.85:1のビスタサイズで公開されましたが、本ブルーレイでは1.66:1のヨーロピアンビスタ版を現存す る最良のデジタルマスターとし、そのまま収録しています。
よって通常の16:9モニターで再生されますと左右に僅かな黒みが表示されます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

殺人鬼・榎津巌の犯行の軌跡と人間像を描いた佐木隆三の直木賞受賞作を、今村昌平監督が映画化。殺人を繰り返し、派手な女性関係を続けながら逃亡を続ける男の生き様を描く。主演は緒形拳。“あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション”。

商品の説明をすべて表示する
スポンサーリンク

カスタマーレビューがあります。 関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

映画 『復讐するは我にあり』

2015-10-28 13:53 向う岸

Amazon.co.jp 『復讐するは我にあり』
allcinema 『復讐するは我にあり』
CGがない時代の映画なので、滅多刺しにするシーンとか
どうやって撮影したんだろうと思う。
殺された側がしぶとくてなかなか死なないだよな。
主人公を演じる緒形拳が凄いのだけど、
浜松の旅館の女将、小川眞由美も凄かった。
この人となら一緒に地獄へ堕ちてもいい、とまで言えるのが
本物の恋だと思うから。
旅館で二階へ殺しに上がる緒形拳と母親役のミヤコ蝶々が
すれ違うシーンは鳥肌が立った。
運命が交差する感が半端ねえ。
【続きを読む】

スポンサーリンク

こちらのレビューはいかがですか?

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018