スポンサーリンク

1.2k 透明怪人 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ(2)


スポンサーリンク

内容紹介

せんぜん見えない…今度の敵はやりたい放題
江戸川乱歩名作ベストセレクションのパートⅡをリリース!
少年二人が町で紳士に出会った。顔をのぞくとびっくり。紳士の顔は“ろう”でできていた。ノコノコと機会人形のように歩き、レンガの廃墟に入っていく紳士。少年たちはさらに恐ろしい光景を目撃する。紳士がシャツを脱ぐと、そこにはあるべきはずのからだがなかったー。
宝石店や銀行で盗みをはたらく透明怪人が登場。この空気男に対峙するのは名探偵・明智小五郎。装いを新たにした少年探偵シリーズの決定版。
【著者プロフィール】
江戸川乱歩。1894年(明治27年)10月21日生まれ。
我が国が生んだ推理小説のパイオニア。筆名は自身が敬愛した作家エドガー・アラン・ポーから取っている。
1923年(大正12年)、「二銭銅貨」で文壇デビュー。1936年(昭和11年)、ジュニア向けに「怪人二十面相」を執筆。明智小五郎、小林少年、少年探偵団が活躍する同作品は、その後「少年探偵団」「妖怪博士」とシリーズ化され、国民的人気小説に。探偵の真似をする子供が急増。作品に登場する「七つ道具」「BDバッジ」といった玩具を生むなど社会風俗にも大きな影響を与えた。
「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「パノラマ島奇談」「陰獣」「芋虫」をはじめ、映像化された作品は数えきれない。
晩年は日本探偵小説クラブ(現・日本推理作家協会)の初代会長、ミステリ専門誌「宝石」の責任編集者「ヒッチコックマガジン」のオーナーを歴任。後進の育成に励んだ。
昭和40年(1965年)没。
スポンサーリンク

関連イメージ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

レビュー記事

あいかわらず困っております

2016-02-23 00:49 名張人外境ブログ

 青空文庫、快調です。


それ以上に快調なのが、かのゴマブックス。
Amazon.co.jp:人間椅子 屋根裏の散歩者ほか (江戸川乱歩 名作ベストセレクションII) 単行本(ソフトカバー)
Amazon.co.jp:人間椅子・屋根裏の散歩者ほか 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ(1) [Kindle版]
Amazon.co.jp:透明怪人 (江戸川乱歩 名作ベストセレクションII) 単行本(ソフトカバー)
Amazon.co.jp:透明怪人 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ(2) [Kindle版]
先日、これを買ったばかりだというのに──

つづけて『人間椅子・屋根裏の散歩者ほか』とか『透明怪人』とか、出すというではありませんか。
たいがいにしときや。
そもそもこのシリーズ、さすがにカバーにはイラストが配されてますけど、挿絵もなければ解説もなく、セレクトにも一貫した方針が見当たらず、つまり手当たり次第、目についたものから本にしている感じであるうえ、本文も行間が広いわりにはフォントが小さくて、なおかつ底本が明示されていない。
テキストに関しては、巻末にこんな断り書きがあるばかり。
編集方針について
身体障害や職業に関する不適切な表現につきまして、一部表現を変えたり、削除したところもございますが、原作を重んじて、できるだけ発表当時のままにしております。
ゴマブックス編集部

「発表当時のまま」というと、一般的には初出のままということになりますが、この場合はそうではなく、いずれかの刊本を指して「発表」と称しているものと判断されますが、それがどれだかはわかんない。
そんなことはどうでもいい、というのが実際の編集方針なんでしょうけど、こんなのが続々と出てきた日には、ほんとに困ってしまうなあ。
こういうのは本来、名張市立図書館が押さえとくべきなんだけどなあ。
押さえてないかもしれんなあ。
小学館の電子全集も、藍峯舎の『幻想と怪奇』も、きれいに押さえておらんじゃろうなあ。
ほんとに困ったものだなあ。 【続きを読む】

スポンサーリンク

スポンサーリンク
みんレビュ ™ 2005-2018